柿とピーナッツ。

6

6

本を読み終えて左手首に目を向けると、時計の針は午後2時を指していた。朝食を食べ終えたのが1…

5

僕はファミリーマートでホットのカフェラテを購入し、読みたかった本を手にとって二階に向かう…

4

改札を抜けると、僕の目の前に二子玉川が現れる。当たり前である。 けれども実際、「なにが二…

3

僕の家から最寄りの駅までは、歩いて12分ほどかかる。はじめは遠いなと思ったし、夏の猛烈な日…

2

月曜日の朝の話だった。九月の月曜日というのは、一年に約52回ある月曜日の中でも、特にすがす…

1

月曜日の朝は、いつも不思議な感じがする。どんなに退屈な一週間でも、同じような日を七回繰り…