見出し画像

僕が紺色の服ばかり着る理由。

 

僕と会ったことのある人は知っていると思うけど、僕はほとんど毎日、なにかしら紺色のものを身につけている。

持っている服は紺と黒、少しだけ白、その3色だけ。決めているというより、自然とそうなってしまった、という方が正しいかもしれない。

 

服やおしゃれをするのは好きだけど、毎日のコーディネートを考えたり鏡の前で服をいろいろ合わせてみたりすることは、面倒だと思ってしまう。

だからできるだけ「何とでも合わせやすい服」を意識的に選んで、手持ちの服同士、どれとどれを合わせて着てもコーディネートとして成立するように自分の服を揃えてみることにした。

すると色も「合わせやすい色」にだんだんと絞られてくる。コーディネートにつかう色の数はおおよそ3色くらいがちょうどいいから、白と黒、あとは僕が好きな紺色。

こうして僕のクローゼットは黒からはじまり濃紺から青へ。薄くなっていき、白で終わるグラデーションになった。

 

紺色の服ばかりを着はじめていくつか変わったことがある。いくつかの色の中から一色を選ぶとき、僕にはなんとなく紺色が配られるようになった。贈り物をいただいたりするときなんかも、「紺色の何か」であることが増えた。

「その人の色」がある人、例えばピンクのあの人や真っ黒のあの人が思い浮かぶけど、そういうイメージがある人は「とりあえずこの色のものをなにかあげておけばいい」と思ってもらえるから、選んでくれる相手にとっても楽なのかもしれない。

 

紺色とは日本的な色である気がする。主張はせず、周囲を生かしながら、でも芯はしっかり通っているような強い意思を感じる色だ。

そして、紺色が似合う人種と言われている日本人にとっては、紺色というのはどんな色やスタイルが流行ったとしても、それに関係なく常に中心にある色。

紺色のそういう、どちらにも偏らずに調和のとれるところ、孔子の『論語』でいう「中庸」であるところが好きなんだなぁと思う。

と、理由をいくつかこしらえてみたけど、「だいたいの服の色展開に黒か紺か白のどれかはある」というのが一番大きいのかもなぁ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきありがとうございます。いただいたサポートは今後の更新のために使用させていただきます。

59
1989年京都生まれ。「#日常の制服 」を展開するファッションレーベル『Ithe(イザ)』セールス・PR。服やファッションにまつわるエッセイスト、ライターとしても活動をしています。 ご依頼は m2.aowi[at]http://gmail.com までお願いします。

こちらでもピックアップされています

エッセイ
エッセイ
  • 36本
コメント (2)
絵の具で紺を作る時は「青」と「オレンジ」を混ぜると知り、その意外性に感激してそれ以来紺が好きになりました♪
紺色は日本人の肌に一番映えるやしいですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。