平たい水晶そしてファーデン

薄ペラいけど、透明感のあるこの水晶。パキスタン産です。板状で、ファーデン。ファーデンの水晶はたいてい、板状の水晶です。

ファーデンとはドイツ語で「糸」、釣り糸という意味だそうです。私がパワーストーン屋さんの開催するパワーストーンの口座に出た時に、「運命の糸を引き寄せる」と言われていましたが、真偽はわかりません。タテは7センチくらい。

この板状の水晶は砂の中でできたからこんななんだよとも聞いたことあります。実はよくわかっていないというのが、現状だと思います。

わたしが聞いた話は、真ん中の意図のように見える白い部分が結晶がスタートするところで、そこから垂直方向へ結晶が育っている跡だということ。でもわざと、ファーデンを加工で入れているニセモノもあること。このように側面が並並だと、まあ線状の模様を中心に左右に成長しているように見えるなあと思いました。なんか形がかわいいのですよね。こういう透明感のある、かけの少ないものは本当に貴重ですね、薄いから欠けやすいし、折れやすいので。


この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?