見出し画像

他の誰でもない、きみへ

誰かに似せたお面をつけて
なぜ、顔を伏せているの?

子供の頃から寝る前は、
いつも想像してた

この顔はわたしの顔じゃない

わたしの顔はもっと綺麗
目が大きくて顔の半分くらい
髪は金色で長く風に揺れ
弱々しい表情でいつも笑ってる

毎日、毎晩
わたしは本当のわたしになって
夢に落ちる

ドレスのまま馬にまたがり
男達の視線の中
深い森の中へ疾走する

どこまでも、どこまでも
馬と共に駆け抜ける
夕陽が大地を赤く染める
何もない土地を目指し

さぁ、顔を見せて
わたしは誰になりたいの?
その仮面を見てみたい

長い年月をかけて作った
その仮面を剥がす人はいない

大丈夫、誰も君を知らない
誰も君に関心はないから

それは、わかってる
だからわたしは仮面をつけて
今日も舞台に立ち続ける
一人でも多くの人の関心を向けるため
仮面を被って踊り続ける。

#他の誰でもない君へ #仮面 #舞台 #孤独 #踊る #演じる #悲しみ #他人 #泣いた顔 #ピエロ #馬 #森 #夕陽 #大地 #夢 #鏡 #もう一人の自分 #心 #弱い #関心 #想像



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
葉見ず花見ず、この世の毒は毒で制す https://www.instagram.com/lycolilith
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。