キャプチャ

【レビュー】intime 碧 sora light 同軸構造のセラミックトゥイータ搭載

さて、話題のEイヤ絶賛イヤホンで、アマゾンなどだとまともな取り扱いがないのでちょっと買いづらいのですが、非常に面白いドライバを使っているので購入してみました。

価格帯としては日本製のエントリークラスでは3000円台と真っ向勝負する価格帯にあるので、この価格帯でのこのメーカーの音作りという物を体感してみたかったというのもありますが・・・

【intime 碧 sora lightスペック】

■モデルナンバー intime 碧 sora light
■ドライバー 1DD/10mm VST/セラミックトゥイーター同軸構造
■感度102db
■インピーダンス22Ω
■周波数特性 20Hz ~ 40000kHz
■コード長1.2メートル

同軸構造というものでセラミックトゥイータをドライバの真ん中に配置しています。
これは「点音源を目指した理想的といわれているドライバ配置」なのですが、スピーカの経験で言えば理論と音が違うという感じでこれを得意とするメーカーもいくつかあるのですが、どうも音がずば抜けたものに出会ったことがありません。

イヤホンに必要かどうかと言われるとチューニング次第であると言えるでしょう。

DDドライバは比較的安定しているのバーンインは1時間程度を推奨。
セラミックトゥイーターの方が不安定なので、高域側の響きが安定するまでが目安となります。

ちなみにバーインが済んでいないと倍音が極端に強調されます。

この続きをみるには

この続き: 3,117文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
出来ればマガジンで購入してください。その方が記事が書きやすいです。 3ヶ月ごとに新しいマガジンを発行する予定です。 次回のV2は2018年12月予定。

【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメの「国産イヤホン版」となります。 Ver1スタート版 まずは無料版からスタ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
23
【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメの管理人であるluna-lunaです。こちらは有料スピンアウトブログととなっています。他には「ぶろぐなんかめんどくせえよ」とBluetooth系のブログを運営しています。無断転載厳禁です。

こちらでもピックアップされています

【V1】中華イヤホン&ヘッドホンDAPレビュー辛口Ver1
【V1】中華イヤホン&ヘッドホンDAPレビュー辛口Ver1
  • 58本
  • ¥499

【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメの「国産イヤホン版」となります。 Ver1スタート版 まずは無料版からスタートして下さい。 https://catwalk1101earphone.hatenadiary.jp/ メインブログ https://lunaluna302.blog.fc2.com/ Bluetoothオーディオ関係 https://earphon.hatenablog.jp/

コメント (7)
higasyさま

おっ、さっそく求めましたか。嬉しい限りですね。このイヤホンの最大の欠点は「飽きが早い」という事になるかもしれません(笑)。ボーカルなどにもう少し味が欲しいところ。無い物ねだりなんですけどねー。あとちょっとあとちょっとボーカルに完成度が欲しい。ボーカルのフラット特性もわずかにATRに及びませんね。このあたりはATRは流石です。まあ、味で売るイヤホンではないのはわかってるんですが。プロの方の音源確認用にはとても適しています
レビューをいつも参考にさせて頂いております。finalのe3000のレビューを読み中華イヤホン沼から抜け出すきっかけとなりましたが、同時に国内イヤホン沼に転げ落ちたようです。碧light、たしかに素晴らしいですよね。自分の中ではリファレンス機となりました。今後ともレビューを参考にさせていただきますので切れ味見事な記事をよろしくお願いします。
天照斑鳩さま。
まっとうな人生を送れて何よりです(笑)。
僕が中華を初めて聞いたのが3年か4年前で、その頃「これはゴミかな?」と思いましたが、2年ほど前から急速に改善したので中華イヤホンブログを気軽に始めました。
そのままずるずると・・・
E3000をきっかけに「ああ、これはいける」と感じたのでそのまま国産の方に・・・そしたら「全然うえじゃねーか」と、日本製イヤホンに驚いています。今後の夢は中華の手先どもをじご・・・ただ中華はまだまだ攻めてきますよ。あいつら売れるとわかったときの進化のスピードが日本企業の2-3倍はあるんですよ。
記事主さま。私はかつてとある隣国の某半導体メーカー勤務の経験があります。バイタリティは恐ろしいほどですよね。どこまで国内イヤホンが立ち向かえるか、微力ながら、沼の中から支援?したいと思います(笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。