見出し画像

【レビュー】final E2000 FI-E2DAL


前回、Final E3000の性能に驚愕し、その音の素晴らしさに感銘を受けました。

そのあたりについてはE3000の記事をご覧頂きたいのですが、Finalと云う会社が本来何処へ行こうとしているのか、その信念の源とは何かを探りたいという気持ちがあり、E3000の下位機種であるE2000を今回はレビューしたいと思います。

こちらのレビューを読む前にできればメインサイトのE3000の記事に目を通して頂ければ更に理解が深まるかもしれません。


【final E2000スペック】

■モデルナンバー final FI-E2DAL(E2000)
■ドライバー 1DD/6.4mm
■感度102db
■インピーダンス16Ω
■周波数特性 不明
■コード長1.2メートル

1DD/6.4mmなのでE3000と同じドライバーなのかどうかはわかりませんが、ハウジングは同じものではなく、形は一緒なのですが直径がわずかに小さくなっています。

今回は3000と違いマットブラックを購入しましたがこちらの色だと左右がとてもわかりやすくなっています。

装着感は小型のハウジングでオーソドックスなデザインという事もあり、音も安定していますし、装着感も非常によろしいのではないでしょうか。

バーンインはDDということもあって2時間程度は欲しいところ。


この続きをみるには

この続き: 1,422文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
出来ればマガジンで購入してください。その方が記事が書きやすいです。 3ヶ月ごとに新しいマガジンを発行する予定です。 次回のV2は2018年12月予定。

【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメの「国産イヤホン版」となります。 Ver1スタート版 まずは無料版からスタ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
14
【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメの管理人であるluna-lunaです。こちらは有料スピンアウトブログととなっています。他には「ぶろぐなんかめんどくせえよ」とBluetooth系のブログを運営しています。無断転載厳禁です。