見出し画像

私はこうやってインターンを決めました

はじめまして!インターン生の牧山です。
ルーチェの広報担当として、これからnoteとWantedlyのストーリー記事を定期的に更新することになりました!その記念すべき初回の投稿ということで、まずは自己紹介をしたいと思います。

名前は、牧山遥香と申します。都内の大学に通う大学3年生です。現在は、大学に通いながら株式会社ルーチェという人材系のベンチャー企業で見習い侍(長期インターン)として働いています。

好きな食べ物は海鮮丼(サーモンが入っているものが好きです!)と豆乳鍋で、最近はサツマイモとあんこにハマっています。
これは、会社の近くにある和食屋さんの海鮮丼です。サーモンが大きくスライスされており、食べ応えがあります。ちなみに、ひじきやサラダなどのおかずも沢山ついていて、生卵も無料なのでご飯が余ったら卵かけご飯にして食べられるところもお気に入りポイントです。

画像1

趣味は映画鑑賞で、年間で80本ほど見るくらい映画を見るのが好きです。よく見るのはアクション系の洋画ですが、コメディ系や恋愛系、邦画も見ます。最近見た中で、良かった映画は「それでも夜はあける(12 Years A Slave)」と「オクジャ(Okja)」です。(どちらもアクションじゃないですね笑)
「それでも夜は明ける」という映画は、奴隷制廃止前のアメリカが舞台のお話で、ある日黒人男性が拉致され、12年間も農園で奴隷として働かされるという内容です。私は国際関係学部ということもあり、アメリカの大まかな歴史は知っていましたが、この映画を見て胸が痛くなるほどの衝撃をうけました。黒人奴隷としてに生きる人々の姿には、現代社会と切り離せないメッセージが隠されているように感じました。

画像5


「オクジャ(Okja)」という映画は、ある一人の少女が家族のように慕っていた豚(オクジャ)を大人たちから取り返すという映画です。この映画では、資本主義社会の下では命がどれほど軽視されているのか、生産性ばかりを考えるあまり大切なことに気が付いていないのではないか、というような強いメッセージが伝わってきます。
どちらの映画も、今の社会について考えるきっかけを与えてくれるような映画なので、ぜひお時間があれば見てみて下さい!

画像3

…と長々と私自身の話をしてしまいましたが、今回はなぜルーチェでインターンをしようと思ったのか、インターンを探す際の軸について話したいと思います!

私がインターンを探すときの軸にしていたことは主に3つあります。

① 広報の仕事を経験できること。

画像7

私はもともと、広報という仕事にとても興味がありました。
興味を持つようになったきっかけは、母が発した何気ない一言でした。ある時、たまたま私の母が社内報の社員家族インタビューの欄を読んで「この人会ったことも見たこともないけど、素敵な家族だね」と言っているのを聞いた時に、「広報の人が書いた記事は、今まで会った事のない人と人を繋ぐ役割もするんだ!」と思いました。これが、私が広報の仕事に興味を持つきっかけとなりました。その後、大学で立ち上げたサイト運営の広報なども経験してみて、楽しいと感じたので、広報の仕事が経験できる企業でインターンをしたいと思うようになりました。

② 一つの職種だけでなく複数の職種に挑戦できること。

画像7

というのも、私は広報の仕事に興味はあったものの、それが本当に自分に向いているのかというのは自信がありませんでした。そのため、広報以外の仕事もインターンを通じて挑戦したいと考えていたところ、今のインターン先を含むいくつかの企業を見つけました。今実際にインサイドセールス、採用アシスタント、広報など色々な職種を経験し、何となく自分が楽しいと思えることや苦手だと思うことがだんだんわかってきた気がします。初めからひとつの職種を担当することも良いと思いますが、まだ何が好きなのかよくわからないという方は色々な職種を経験してみるのも良いと思いますよ!

③ 誰と働くのか、一緒に働きたいと思える人かどうか。

画像6

これは、個人的には一番と言ってもいいほど大事なことだと思います。広報の仕事をインターン生が経験できる企業はたくさんありましたが、最後はどんな人と一緒に働くか、この人と働きたいと思うか、を決め手にしました。
私はルーチェを含めいくつかの企業さんと面談をさせていただきましたが、その中で一番親身になってお話を聞いてくださったのが、今の会社だったため正式にエントリーをすることにしました。入社後もその印象は変わらず、社員の方が就活の相談など個人的な相談にも乗って下さるので、この会社を選んで良かったと思っています。

ここまで、私がインターン探しをする際の軸をお話ししました。
しかし、インターンを探す際にどこを重視するかは人それぞれで、どれが正解ということはないと思います。でも、だからこそ自分がインターンをする際に「何を大切にしたいか」ということをはっきりさせて会社選びをすることが大切なのかもしれません。最終的にそこで働けるか否かというのは、企業側が決める事なのかもしれませんが、応募する側にも選ぶ権利はあると思うので全てを妥協する必要はないと思います。

最後まで読んで下さりありがとうございます!
少しでも、これからインターンを探す方や就活を始める方のヒントになれば嬉しいです。この記事が「役に立った!」「面白かった!」「海鮮丼おいしそうだった!」という方は、是非いいねとフォローお願いします😊

私のインターン先はこちらからどうぞ(Wantedlyの会社ページにとびます)
https://www.wantedly.com/companies/luce3?ql=gaJpZM4AwiDf
株式会社ルーチェでは、一緒に働く仲間を募集しています。インターンも募集中なので、ぜひ興味がある方は一度お話ししましょう!ご応募お待ちしております。

画像7

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今日という日があなたにとって素敵な日でありますように!
30
株式会社ルーチェでインターンとして、広報や採用アシスタントをしています。特に企業様向けの記事を書いています。広報の方、採用に関わっている方など、参考にしていただければ幸いです! ぜひ読んでくださると嬉しいです!