見出し画像

事業開発におけるよくある質問①【書籍紹介】未来に先回りする思考法

どうやって市場を見極めているのですか?

事業開発やその支援をやっているとよく聞かれます。
こんにちは、「100の社会課題解決」を目指すLIFULL STARTUP STUDIOです。
我々の仕事は、新規事業の芽を開花させることです。 
そのためには、いつ水をやり、開花をどのタイミングにするかということを常に考えています。
これらのタイミングを見極める上で、LIFULL STARUP STUDIOが大切にしている「未来に先回りする」という思考についてまとめておこうと思います。


書籍紹介:『未来に先回りする思考』

これは我々が持っている独自のノウハウでも無ければ、直感や才能という類のものではないです。
日本を代表する起業家であるメタップスの佐藤航陽氏が自著「未来に先回りする思考」で、述べていることです。
まずは、この書籍の概略を紹介します。


【概略】
・社会システムや企業の戦略などの過去の「点」を繋げて「線」としてうまくまとめることで、「次にこの出来事が起こる」という 予測をもとに意思決定を行う

・インターネットによる情報と資本の流動性の高まりによる市場の変化のスピードが高まってきたことにより、この思考の重要性が増してきている

・先回りする上での重要な考え方
1.常に原理から考える
  どんな必要性を満たすために生まれたかの歴史を踏まえる
  過去を踏まえた長期的な変化の「線」で考える
2.テクノロジーの現在地を知る
  テクノロジーが使え、そのポテンシャルがわかるだけでは意味がない
  それがなぜ誕生し、どんな課題を解決してきたかを知る
3.タイミングを見極める
  アクションを起こすことは、電車に乗ることと似ている。
  リソースという「切符」を持ち、タイミングを読み、電車に乗る

つまり、
過去の出来事を点でとらえ、線でつなぎ、世の中の流れを読んで、どの場所にいるのが最も有利なのかを適切に察知することが大事なようです。
直感や予言ということではなく、カラクリがあるのですね。


『未来に先回りする思考』の事例

さて、ここからは、未来に先回りする思考を使って事業を継続している当社のCLEAN FOODの事例を元にご紹介します。
CLEANFOODとは、「社会に対して、安心安全な野菜を届けることで社会貢献をする」というビジョンを持つサービスです。
モノ消費からコト消費という時代の流れを見越してスタートした事業です。

先回りをした未来は、2つです。
1つ目は、「規格外野菜の購入が社会貢献につながり、かつそれを食べることが自分のイメージアップにつながる未来」です。

農業の世界において、野菜には市場で流通させるために、サイズ、形、色などにA・B・Cという分類がなされ、重量や傷の有無などの規格が存在します。
規格が設けられた理由は、取引や流通をスムーズにするためです。
これによって、日によって産地が違う野菜も価格を統一して店頭に並べることができます。
加えて、きれいな野菜の方を選びたいという、日本特有の消費者の思いも関係していると言われています。

環境への関心や生産者と消費者が直接つながる未来において、このような味や栄養が変わらないのであれば、形を気にしないという消費者の選択ができる未来が見えるかもしれません。


2つ目は、「個人が情報発信をしやすくなり、自分をブランディングする未来」です。
SNSの登場と、通信速度の向上とインターネットに接続するデバイスの増加に伴い、個人が発信して社会に影響を与えることが容易になってきました。
これらのテクノロジーの進化と消費の成熟化に伴い、「コト消費」という言葉もある通り、所有だけではなくそこから得る体験や経験に価値を見出し、共感する消費の動きがあります。
自分の食生活を情緒豊かに発信し、共感を得たり、共感することにより満足度が高まるという文化の発展が見えるかもしれません。

これら二つの未来を合わさった時の一つの形として、
「安心安全な規格外野菜を届け、自宅で簡単にスムージーという形に加工して食べる」というニーズを作り出すのがCLEANFOODです。

今後は、コト消費から、その瞬間・場所・人でしか味わうことのできない価値であるトキ消費という概念に移り変わっていくと言われています。
個人が自分らしく、自分の価値観で豊かに生活する時代に備えて、ニーズが多様化するビジネスチャンスあふれる時代とも言えそうです。


まとめ

日常生活の未来像、社会情勢の未来像の二つをかけ合わせることで新規事業の種は生まれると、LIFULL STARTUP STUDIOは考えています。
今後も「起業したいけどどうすればよいか。。」「事業の種はあるけど自信がない」というみなさまへ価値ある情報を発信していきます。

LIFULL STARTUP STUDIOとは

LIFULL STARTUP STUDIOでは今だけでなく数百年先を見据え、社会課題を解決しながら、世の中を変えていくビジネス、そして経営者をつくりだすスタートアップスタジオです。
オープンイノベーションプログラム『OPEN SWITCH』では、LIFULLのグループ会社を目指す事業プランを募集しております。
STARTUP STUDIO web


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
LIFULL STARTUP STUDIOは今だけでなく数百年先を見据え、さまざまな領域の事業と人に投資し社会課題を解決しながら、世の中を変えていくビジネス、そして経営者をつくりだすスタートアップスタジオです。