あきかんの中身
\2021年度/ 【ミュージカレッジ】ノートルダムの鐘:一覧
見出し画像

\2021年度/ 【ミュージカレッジ】ノートルダムの鐘:一覧

あきかんの中身

有料サークル【ミュージカレッジ】で配信した一覧です。

このページでは『ノートルダムの鐘』について解説した回のみピックアップしています。

サークルに入会頂くと可能になることは次の通りです:

1. 最新の音声配信を聴ける
2. 限定公開記事を読める
3. 意見交換ができる
4. あきかんのオフトークが聴ける

【ミュージカレッジ】の詳細はこちらをご覧ください。

2022年3月1日~5月31日まで、月会費のみで聞いて頂けます!

資料

音声配信

『ノートルダムの鐘』作品のタイトルについて考える

次の3種類の題名について考えています。

1. 『The Hunchback of Notre Dame(ノートルダムの背むし男)』
2. 『ノートルダムの鐘』
3. 『ノートル=ダム・ド・パリ』


『ノートル=ダム・ド・パリ』人物紹介とミュージカルとの違い①

次の5人の登場人物を、原作とミュージカルと比較しています。

1. エスメラルダ
2. カジモド
3. フロロー(+ジュアン)
4. フィーバス
5. クロパン

また、それぞれの登場人物における「宿命」についても考えてみました。「宿命とは何か」を考えながら、聴いて頂けると嬉しいです。


『ノートル=ダム・ド・パリ』人物紹介とミュージカルとの違い②

次の4人の登場人物が、どのように原作に影響を与えているかをお話しします。

次の4人の登場人物が、どのように原作に影響を与えているかをお話しします。

1. グランゴワール
2. ジャリ
3. 国王
4. おこもりさん

また、それぞれの登場人物における「宿命」についても考えてみました。「宿命とは何か」を考えながら、聴いて頂けると嬉しいです。


『ノートル=ダム・ド・パリ』は対比の連続!ミュージカルの曲構成の対比にも注目

次の2点について解説します。

1. ミュージカル『ノートルダムの鐘』の曲における対比
2. 小説『ノートル=ダム・ド・パリ』における対比

原作は対比のみで構成されているといっても過言ではないくらいです。こういった構成だからこそ、ミュージカルの曲構成も必然的に(意識的に)対比がなされているのではないか…と感じました。ぜひ、皆さんも「対比」について考えてみてくださいね。


『ノートルダムの鐘』はラテン語を押さえないと始まらない…という話

次の2点について解説します。

1. ラテン語で歌われる意義
2. 「地獄の炎(Helfire)」を例に説明するラテン語の効果

ラテン語を知ると、曲や作品の深さや奥行きを感じることができますので「地獄の炎(Helfire)」だけでもラテン語を押さえて観劇して頂けたらと思います。


フロローの信仰と錬金術への憧れ

次の2点について解説します。

1. 信仰とは
2. 錬金術とは

第5編「1.サン=マルタン修院長」(上巻)、第7編「4. 宿命、5. 黒い服をまとった二人の男」(下巻)に登場する「錬金術」の話を紹介します。神に対する信仰が強い一方で、神学とは真逆ともとらえられる錬金術に、なぜフロローが興味を持ったのかを考えてみましょう。


ミュージカルと原作で異なる、ジュアンの立場と効果

次の2点について解説します。

1. ミュージカルのジュアンがもたらす効果
  ・ジプシーのフロリカと結婚
  ・カジモドの父親
  ・梅毒で死ぬ
2. 原作のジャンがもたらす効果
  ・フロローが父であり、母であり、兄
  ・フロローに絶対的信頼を置いている
  ・カジモドに突き落とされて死ぬ


赤ん坊の時カジモドとエスメラルダは同じ頃、近くで生まれていた件 ~原作におけるカメラワーク的表現~

次の2点について解説します。

1. 原作におけるカメラワーク
2. カジモドとエスメラルダが赤ん坊の時の関係性

上巻「第6編 トウモロコシのパン種でで焼いた菓子の話」を中心にお話ししています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あきかんの中身

購入した後に「この記事本当に良かった!」「このサービス本当に良かった!」と思って頂けたら、お気持ちをサポート頂けると、あきかんの励みになります。 頂いたサポートは、コアな記事を書くための資料購入や、サポートの改善のために使わせて頂きます。

Thank you for LIKING♪
あきかんの中身
名前👉️あきかん/ミュージカル解説・考察ブロガー/ミュージカル作品が扱うテーマについて日々考察し、底なし沼情報を発信中 略歴👉玉川大学 芸術学部→劇団四季→広告代理店(求人広告) 📌洋書から得た情報の発信 🏫サークル【ミュージカレッジ】の運営