見出し画像

HIITとタバタ式

これを混同している人が多い気がする。
というか僕がそもそも理解していないのかも知れない。

高強度としてしっかり心拍を追い込めるのであれば同一といえるのかもしれないけど、僕がイマイチ理解できないのが→ジタバタしないHIIT。

内容はネガティブ動作の〇〇を20秒して10秒休憩して・・・を8回繰り返す。

これってタバタ式の時間軸を使ってワークアウトをこなしている。

だけに過ぎないのでは?

これを堂々と「これがタバタ式のHIITだ!」と言われると疑問符が爆発する。

それと過去記事にも書いてるけど
仮にタバタ式だったとして8回繰り返す事を目標にしているとして

その動作を9回出来るならその人にとってその動作は軽負荷なのでは?
と思ってしまう。

そもそも意識しないといけないポイントで忘れがちなのが「疲労困憊」に「ならなければいけない」のである。

ここが忘れがちだと思うのは僕だけかな?

なので毎日「今日も朝からHIITで気持ちがすっきり!」なんていう人を時々見かけるけど、絶対疲労困憊になってないよね?と思ってしまう。

何が言いたいかというと
せっかく毎日HIITやってるのに痩せないし何の効果も無い!なんて言って欲しくないお節介なおっさんのつぶやきである。

いや、これが言いたいんじゃないだろ←


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
妻と猫をこよなく愛する45歳。 スペック→身長172cm体重70~72kg体脂肪率20~22%ここでは自由に毒を吐きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。