見出し画像

ロト7攻略法 当たる数字を見つけて高額当選

実践者の口コミまとめ

実践していきなり3等当選
市川喜重様
内容を確認しましたが、とにかくすごい!
よくここまで調査研究できるものなのですね。
こういう情報を求めていました。
そして、このロト7当選ツール、過去5回分の数字入力だけで50通りの数字が出現し、上位5つを買うだけで当選するので簡単です。
今までロトやナンバーズを10年以上やってきましたが、最高で1万円が5回ほどあったかなという程度です。
電卓タイプのツールを5万円で買ったことがありますが、当たらないだけでなく更新費用も必要となったため断念しました。
それ以来自分で試行錯誤してみましたが当たらず悩んでいたところ、このロト7アタッカーに出会い、実践していきなり3等当選しました。
年1回当たれば上出来なのに、すぐに当選!びっくりしました。
3等ですが、予想に悩むことなく簡単に数字が出る。
こんなに簡単でいいのでしょうか?
1ヶ月以内に今までの損失分も回収できました。
できることならあまり広めてほしくないです。
当選者が増えたら私の取り分が減ってしまいますので(苦笑)。

5点購入だけで収支がプラス
黒沢敬志様
過去に様々なロト7の情報商材や攻略法などを購入してきましたが、手間がかかったり、買い目が多すぎたり、データの更新費用が毎月かかったりで当選するしない以前の内容ばかりでした。
しかし、このロト7アタッカーは違います。
出現確率や傾向など1~37の数字ごとに親切丁寧に解説されています。
ロト7当選ツールも簡単につかうことができ、前回の当選番号を入力するだけで50通りの買い目が出てきます。
上にある数字を5点購入だけで収支がプラスになるのはありがたいです。
さっそくこのツールを使って購入しましたが、いきなり当選しました。
4等でしたが、セールスレターに嘘偽りない成果が期待できます。
このツールで毎週給料日にします。

ロト7攻略法の一部を公開

出てきた数字のバランスとは?
当選番号を選出するメソッドで非常に大事なのがバランスです。
11・12・13・14・15・16・17のように数字が7つ連続して出現したり、
23・24・25・26・27・28・29みたいに20番台の数字に
当選番号すべてが特定の位置にまとまったりするのは「バランスが悪い」と説明できます。
こういったバランスに偏りのある選ぶ手段は何故ダメのか?それは
そんなデータで当選番号が決まらないからです。
過去ロト7がたくさん抽選されてきた中で
当選番号がが7つ続いて出たり、7つの数字すべてが同じ十の位になったケースはありません。
常識的に見て当選番号5つ6つ連続して出現したり、
同一の十の位に6つ固まるように
買い目が似たような数字ばかりにしないで、バランスを考察しておくことが必要です。

しょっちゅう出現する当選番号は大事
ここのところよく出現する当選番号は次回抽選でも出やすいです。
とはいっても、ここのところ頻繁に出現する当選番号のみが出現するわけではないのです。
ここのところ出ていない数字も1つぐらいは出現することがほとんどです。
頻繁に出ているだけ買い目に加えるのもバランスが悪いです。
少なくても1つは出にくい傾向の当選番号も買い目に追加することが重要です。

低い当選番号と高い当選番号とは?
数字を低い数字(1から18)と高い数字(19から37)に分ける手段です。
ロト7ではバランスが必要ですので、1・2・3・5・6・9・12のように
7つすべてが低い数字ばかりで高い当選番号がまったくないという
数字すべてが特定の位置に偏ったりはほとんどありません。
最低でも2つ程度は低い当選番号・高い当選番号を加えるようにして下さい。
2・3・19・22・23・25・34のように低い数字(2つ)と高い数字(5つ)を混ぜます。

当選番号の偶数と奇数に配慮する
低い当選番号・高い当選番号と手法は同じです。
全部奇数のように当選番号が同じような番号ばかりにしないようにするわけです。
最低でも2つぐらいは偶数・奇数を加える
2・12・21・23・26・32・33のように偶数(3個)と奇数(4個)を混入します。

ここのところの当選番号に奇数が数多くあると、
その状態は奇数に偏っているという状態であります。
これもバランスがよくないです。
この場合では、バランスを戻すために偶数が出現することが多いです。
次回もは偶数が出現しやすいと考えています。
投資でいうところの「逆張り」に該当します。
過去5回の当選番号のうち奇数が21回、偶数が8回だとすると、
奇数が偶数の倍以上出ているという状況になります。
過去5回で倍以上出ている回数が違えば、その状況は「偏っている」という状況であります。
もしそうなら逆に偶数をターゲットにして下さい。

当選番号の合計を考えてみる
7つの数字の合計数字にも偏ったデータが見られます。
理論的に平均値は133で、その前後の当選番号が多いということです。
90%以上は80から180までの範囲におさまります。
できるだけ合計数字は95~170におさめたいところです。
おまけに、合計数字には以下のような傾向がはっきりとします。
☆前の合計数字から上下する当選番号は60以下
☆合計数字が2回連続して上昇することになれば、次回は下降する
☆合計数字が2回連続して減少するということであれば、次回は上がる
合計数字だけでも思いっきり買い目を減らせます。
合計数字の傾向から外れているパターンは買い目から除外して下さい。

数字の一の位と十の位は大事
数字が6・19・22・26・28・30・37のケースでは、一の位は6・9・2・6・8・0・7十の位は0・1・2・2・2・3・3になります。
数字が1ケタのケースでは、十の位は0とします。
当選番号の一の位と十の位にもデータが見られます。

一の位
一の位は5種類以上の当選番号が出やすいです。
とても出やすいのは6種類です。
1つ2つ数字が重複しているケースがよくあります。

十の位
十の位0~3が全部出ている確率は10%未満です。
すなわち、9割以上ははいずれかが出現していないという状態になります。
30番台が2つないのは当たり前のこと(30~37の8つだけ)ですが、十の位も出現していないケースも意外とあります。
十の位が0、要するに、1ケタの数字は1~9で9個というわけで、
十の位が1・2(10・20番台)の数字より出現していない確率が上昇します。
10番台・20番台は1度に3つ出現するケースもよくあります。
また、1ケタは当選番号の1番目で出ているケースが多いです。
もうすぐ大きい数字が1番目に出現しそうと感じたら、1ケタの数字はすべて削除可能です。

当選間隔に配慮する
当選間隔は特定のの当選番号が今回から前回の当選まで遡及した時の間隔です。
10回以内に出現する確率が約82%、15回以内に当選する可能性が約91%です。
つまり、1回出現したら間を置かずに当選する当選番号が多いです。
出現する可能性が低い当選番号はそう簡単に出ていないことが多いです。
当選間隔の短い数字ほど出現可能性は高いです。
当選間隔の短い数字がたくさん出現するのは当たり前のことですが、
当選間隔の長い数字を1つ2つ加えることも重要です。
ロト7では当選間隔のデータ以外でも、
出にくいデータにある当選番号でも1つ2つ出現することがしょっちゅうあります。

ボーナス数字を考えてみる
ボーナス数字に直接関係するのは2等と6等のみです。
おまけに、ボーナス数字が抽選されるのは最後行われますので、
敗者復活的な色合いが強いです。
つまり、ボーナス数字をターゲットにする利点ほとんどないのです。
ですが、ボーナス数字には次回以降への参考情報が隠されています。
ボーナス数字は本数字と同様に出現しやすい範囲出現することが多いです。
真っ白の範囲にあるボーナス数字だけがポツンと出ているほぼないのです。
次回~3回後ぐらいまではボーナス数字あたりの当選番号を狙って下さい。

キャリーオーバーは重要
1等当選した人がいないなど当選金が残ったケースはその当選金が次に繰り越されます。
この現象がキャリーオーバーです。
65%ぐらいの可能性でキャリーオーバーが発生します。
キャリーオーバーが出ている場合だけロト7を購入するのも問題ありません。
キャリーオーバーは1等当選金の最大金額が増加するだけですから
3等・4等などをコツコツ狙うなら、キャリーオーバーが出ても支障ありません。

キャリーオーバー発生時は当せん金額が最高10億円に!
宝くじ公式サイト



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4