見出し画像

ロト6で当選するための予想攻略法


実践者の口コミまとめ

簡単に買い目が出るツールもある
山根明寛様
最初に、「過去の当選番号のデータをよくここまで分析できるのか」と驚きました。
数字ごとの傾向や特徴など詳しく書かれているだけでなく、ピンポイントで高確率ゾーンが明確になっています。
これにはお手上げです(笑)。
これまでロト6の当選ノウハウをいろいろ見てきましたが、何の役にも立たないことがつらつらと書かれているだけで具体的に当選する方法など知りたいことが書かれていないものばかりでした。
しかし、この方法は重要なことがピンポイントでわかりやすく書かれているだけでなく、簡単に買い目が出るツールもあるので助かります。
高額当選するイメージが持てるようになるので、毎回抽選を楽しみに待っています。

上位5点をシンプルに購入だけでプラス収支
堀田俊康様
今までロト6の情報商材やソフトをいろいろと買ってきましたが、設定が面倒だったり、買い目が多かったり、更新費用が高額だったりで結果として利益を出せませんでした。
しかし、このロト6当選ツールは違います。
数字ごとの当選確率や分析など知りたいことがピンポイントで書かれています。
さらに、重要なロト6当選ツールもシンプルで事実上前回の数字を入力するだけでいいので楽です(初回のみ過去5回分の数字入力)。
上位5点をシンプルに購入だけでプラス収支になります。
このツールでいきなり3等当選しました。
その後も安定してプラス収支を継続しています。

ロト6攻略法の一部を公開

出現した当選番号のバランスを考えてみる
数字を選出するメソッドでとても重要なのがバランスです。
14・15・16・17・18・19のように当選番号が6つ続いて出現したり、
32・33・34・35・36・37のみたいに30番台の数字に
数字すべてが特定の場所にまとまったりするのは「バランスが悪い」ということです。
このようなバランスが偏った選出する手法はどうして問題があるのか?それは
そんな傾向で当選番号が決まらないからです。
今までロト6がたくさん開催されてきましたが
当選番号がが7つ連続して出現したり、6つの数字全部が同じ十の位になったケースはありません。
現実的に見て当選番号4つ5つ連続して出現したり、
同一の十の位に5つ集まるように
買い目が同じような番号ばかりにしないで、バランスを考えておく必要があるのです。

しょっちゅう出る数字は重要
ここのところ頻繁に出現する数字は次回抽選でも出やすいです。
だからといって、最近しょっちゅう出現する当選番号のみが出現するわけではないのです。
ここのところ出ていない当選番号も1つ程度は出ていることが多いです。
しょっちゅう出ているだけ買い目に加えるのもバランスが悪いです。
少なくても1つは出現する可能性が低い傾向の数字も買い目に追加することが重要です。

低い当選番号と高い当選番号を考えてみる
数字を低い当選番号(1~22)と高い当選番号(23~43)に分ける手段です。
ロト6ではバランスが必要ですので、1・2・3・4・6・8・11のように
7つ全部が低い当選番号のみで高い当選番号がゼロという
当選番号すべてが固まった場所にまとまったりはおすすめできません。
最低でも2つ程度は低い当選番号・高い当選番号を追加するようにするわけです。
1・2・19・22・23・25・33のように低い数字(2つ)と高い数字(5つ)を入れます。

数字の偶数と奇数に配慮する
低い数字・高い数字とメソッドは同一です。
全部偶数のように数字が同じような番号ばかりにしないようにするわけです。
最低でも2つ程度は偶数・奇数を追加する
6・14・15・23・26・32・35のように偶数(3つ)と奇数(4つ)を混入します。

最近の当選番号に奇数が数多くあると、
その状態は奇数に偏っているという状態になります。
こちらもバランスが悪くなっています。
このケースでは、バランスを戻すために偶数が出現することが多いです。
次回もは偶数が出やすいと考えています。
投資でいうところの「逆張り」に該当します。
過去5回の当選番号のうち奇数が20回、偶数が7回なら、
奇数が偶数の倍以上出現するという状況であります。
過去5回で倍以上出現する回数が相違があれば、それは「偏っている」ということになります。
もしそうなら逆に偶数を狙って下さい。

当選番号の合計は重要
7つの数字の合計数字にもいびつな傾向がはっきりとします。
平均値は理論上133で、その前後の数字が多いということです。
9割以上は80から180までのエリアに入ります。
なるだけ合計数字は95~170におさめる必要があります。
さらに、合計数字にはこのようなデータが確認できます。
☆前回の合計数字から変動する当選番号は60以下
☆合計数字が2回連続して増えることになれば、次回は下がる
☆合計数字が2回続いて下がることになれば、次回は上がる
合計数字だけでもかなり買い目を絞り込めます。
合計数字の傾向から外れている組み合わせは買い目から外して下さい。

当選番号の一の位と十の位とは?
数字が6・19・22・25・29・30・36の場合、一の位は6・9・2・5・9・0・6十の位は0・1・2・2・2・3・3になります。
数字が1ケタのケースでは、十の位は0とします。
当選番号の一の位と十の位にも傾向がはっきりとします。

一の位
一の位は5種類以上の当選番号が出ることが多いです。
最も出現しやすいのは6種類です。
1つ2つ数字がかぶっている場合がよくあります。

十の位
十の位0~3が全部出ている確率は1割もありません。
つまり、9割以上ははどれかが出ていないという状況になります。
30番台が少ないのは当然(30~37の8つだけ)ですが、十の位も出ていない場合も意外とあります。
十の位が0、つまり、1ケタの数字は1から9で9つそれゆえに、
十の位が1・2(10・20番台)の数字より出現していない確率が高くなります。
10番台・20番台は1度に3つ出ている場合もよくあります。
また、1ケタは数字の1番目で出現する場合が多いです。
もうすぐ大きい当選番号が1番目に出現しそうと感じたら、1ケタの当選番号は全部抹消できます。

当選間隔は大事
当選間隔は特定のの数字が今回から前回の当選までさかのぼった時の間隔です。
10回以内に当選する確率が約82%、15回以内に当選する可能性が約91%です。
つまり、1回当選したら短期間に当選する数字が多いです。
出現する可能性が低い数字はたやすくは出現していないことになります。
当選間隔の短い数字ほど出現確率は高いです。
当選間隔の短い数字が数多く当選するのは当然のことですが、
当選間隔の長い数字を1つ2つ追加することも必要です。
ロト6では当選間隔のデータの他でも、
あまり出現しないデータにある当選番号でも1つ2つ出現することが頻繁にあります。

ボーナス数字を考えてみる
ボーナス数字に直接関連性があるのは2等と6等しかないです。
おまけに、ボーナス数字が抽選されるのは本数字の後実施されますので、
敗者復活のイメージが濃いです。
つまり、ボーナス数字をターゲットにするメリットほとんどないのです。
ですが、ボーナス数字には次回から後への参考情報があるのです。
ボーナス数字は本数字と同様に出やすい範囲出現することが多いです。
空白のゾーンにあるボーナス数字だけが突然出ているほぼないのです。
次回~3回後程度まではボーナス数字に近い数字を狙って下さい。

キャリーオーバーを考察する
1等当選者が存在しないなど当選金が残ったケースはその当選金が次回の当選金額に追加されます。
これがキャリーオーバーです。
65%程度の確率でキャリーオーバーが発生します。
キャリーオーバーが出ている場合だけロト6を買うのもいいでしょう。
キャリーオーバーは1等当選金の最大金額が増えるだけですので
3等・4等などを地道にターゲットにするなら、キャリーオーバーが発生しても支障ないです。

キャリーオーバー発生時は当せん金額が最高6億円に!
宝くじ公式サイト


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。