LOS CAMINOS 〜ロス・カミーノス〜

【世界に2つだけの〝道の世界遺産〟】サンティアゴ巡礼路と熊野古道が1998年に締結した姉妹道提携をもとに、スペインと和歌山との交流を深めるため活動しています。

LOS CAMINOS 〜ロス・カミーノス〜

【世界に2つだけの〝道の世界遺産〟】サンティアゴ巡礼路と熊野古道が1998年に締結した姉妹道提携をもとに、スペインと和歌山との交流を深めるため活動しています。

    マガジン

    最近の記事

    固定された記事

    帆立貝とヤタガラス。|このnoteの使い方

    皆さんこんにちは。 サンティアゴ巡礼路と熊野古道が結んだ姉妹道提携をもとに、スペインと和歌山との交流を深めるため活動している「LOS CAMINOS 〜ロス・カミーノス〜」と申します。 (ぜひ親しみを込めて〝ロスカミ〟と呼んでください。) 今回は、初めてこのnoteをご覧いただいた皆さんに向けて、 「サンティアゴ巡礼路、熊野古道ってなに?」 「姉妹道はどんな交流をしてきたの?」 「ロスカミはどんな活動をしているの?」 といったポイントをまとめておきます。 参考とな

    スキ
    5
      • 終わりとはじまり。 |”地の果て” フィステーラ

        皆さんこんにちは。 ロス・カミーノスです。 今回はサンティアゴ巡礼の到達地点であるフィステーラ岬に行ってきたので、そのレポートをお届けします。 ■ フィステーラの道 聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂から約90km、大西洋に面したフィステーラ岬。 「地の果て」という名前がついたこの岬で、巡礼者は着ていた衣服や靴を燃やしたそうです。(現在は環境保護、景観保護のため禁止) 多くの巡礼者はサンティアゴ・デ・コンポステーラで巡礼証明書を受け取った後、フィステーラまで

        スキ
        1
        • 2022年ガリシアの旅。|フェロル編

          こんにちは。 ロス・カミーノスです。 和歌山と関係の深いスペイン・ガリシア州。 今回は、サンティアゴ巡礼路「イギリス人の道」の起点とされるフェロルをご紹介したいと思います。 ガリシア州で7番目に人口が多く、〝ガリシア7都市〟の一つに数えられるフェロル。 今回は、港湾都市フェロルの風景を、写真と共に見ていきましょう! ■ 海事博物館 大西洋とフェロル湾に面したフェロルでは、歴史的に海に関する産業で発展してきました。 港の側に海事博物館があり、帆船や艦船のジオラマか

          スキ
          1
          • 熊野古道特集。|姉妹道NEWS

            こんにちは。 ロス・カミーノスです。 このたび、スペインの歴史雑誌『MEDIEVAL』で、熊野古道の特集記事が掲載されましたのでご紹介します。 同誌はカタルーニャ州バルセロナの「Revista Medieval」社が発行する世界中の建築、歴史、そして旅行をテーマにした雑誌で、以前は日本の戦国時代を特集したこともあるそうです。 今回、10ページにわたって熊野古道の歴史や文化が紹介されました。 また同誌のカタルーニャ語版では12ページにわたって記事が掲載され、さらに表紙に

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ■ 姉妹道について
            LOS CAMINOS 〜ロス・カミーノス〜
          • ■ ガリシア7都市
            LOS CAMINOS 〜ロス・カミーノス〜
          • ■ 活動の記録
            LOS CAMINOS 〜ロス・カミーノス〜
          • ■ ガリシアの巡礼路を歩く
            LOS CAMINOS 〜ロス・カミーノス〜
          • ■ 熊野古道を歩く
            LOS CAMINOS 〜ロス・カミーノス〜
          • ◇ 誰かの物語
            LOS CAMINOS 〜ロス・カミーノス〜

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            サステナブル・ツーリズム。 | 姉妹道NEWS

            皆さんこんにちは。 ロス・カミーノスです。 1月21日、スペイン・マドリードで開催された国際旅行博「FITUR2022」にて、アウトドア雑誌『Aire LIbre』によるサステナブル・ツーリズムに関する表彰式典が行われました。 この賞は、観光と環境に取り組む人々や企業、団体に毎年授与されており、2017年の開始以来、今回で6回目となります。 今回、ガリシア州政府が中心となって取り組む「XACOBEO(聖年)」のキャンペーンと、デスティネーションとしての日本が同時に選出さ

            【祝達成!】熊野からサンティアゴへ。 | 10,755km到達

            みなさんこんにちは。 ロス・カミーノスです。 昨年6月から、スマートフォン向け健康管理アプリ「わかやま健康ポイント」のグループ機能を活用し、参加者の歩数を合計して熊野本宮大社からサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの1,494万歩を目指す企画を実施していました。 (企画の概要はこちら) 和歌山県内外から19人の方に参加していただき、226日間で1,494万歩を達成することができました!! ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。 今後も皆さんと一緒にサンティ

            ガリシアの巡礼路を歩く。|⑩アメナル〜サンティアゴ・デ・コンポステーラ【最終回】

            皆さんこんにちは。 ロス・カミーノスです。 和歌山・熊野古道の”姉妹道”であるサンティアゴ巡礼路を歩く企画。 これまでの記事に引き続き、「フランス人の道」を歩いた記録をまとめていきます。 長かった旅もいよいよ最終章。 サンティアゴ・デ・コンポステーラに突入します。 写真とともに振り返っていきましょう! (前回の記事はこちら) ■ サンティアゴ・デ・コンポステーラ 昨日の終了地点であるアメナルまで、ホテルの人の車で送迎してもらい、最終日をスタートしました。 歩

            スキ
            1

            ガリシアの巡礼路を歩く。|⑨アルスーア〜アメナル

            皆さんあけましておめでとうございます。 ロス・カミーノスです。 和歌山・熊野古道の”姉妹道”であるサンティアゴ巡礼路を歩く企画。 これまでの記事に引き続き、「フランス人の道」を歩いた記録をまとめていきます。 前回からかなり期間が空いてしまいましたが、写真と共に振り返っていきましょう! (前回の記事はこちら) ■ 信仰の形 巡礼路を歩いていると、巡礼者の信仰を感じさせる場所がいくつかありました。 この写真は、岩肌に刻まれた無数の十字架です。 そしてさらに、巡礼者

            スキ
            5

            "Acende o Xacobeo" | 聖年を迎えるライトアップ

            Feliz navidad!(スペイン語で「メリークリスマス」) こんにちは。ロス・カミーノスです。 サンティアゴ巡礼の巡礼者が大きく増加する「聖ヤコブの年」。 今回は新型コロナウイルスの影響を踏まえ、特例として2021年と2022年の2年間にわたって行われることになりました。 このたび、新たな聖年を迎えるため、サンティアゴ巡礼ゆかりの場所での一斉ライトアップが始まったのでご紹介します。 ■  “Acende o Xacobeo” 12月23日から、“Acende

            スキ
            1

            和歌山とガリシアをつなぐ。|オンラインガイド交流会

            こんにちは。ロス・カミーノスです。 11月27日、スペイン・ガリシア州のガイドと和歌山県のガイドのオンライン交流会を開催しました。 これはサンティアゴ巡礼路と熊野古道との姉妹道提携をもとに、それぞれのガイドさんにお互いの道について知ってもらおうと企画したものです。 今年4月に初めて開催し、今回は2回目。ガリシアと和歌山からそれぞれ5名のガイドさんに参加していただきました。 今回の記事では、とても盛り上がった交流会の内容を簡単にまとめてみたいと思います。 ■ コロナ禍

            スキ
            1

            ガリシアの巡礼路を歩く。|⑧パラス・デ・レイ〜アルスーア

            こんにちは。ロス・カミーノスです。 和歌山・熊野古道の”姉妹道”であるサンティアゴ巡礼路を歩く企画。 これまでの記事に引き続き、「フランス人の道」を歩いた記録をまとめていきます。 今回ご紹介する行程は、一日の歩く距離としてはこれまでで一番長い、約28.5kmの道のりです。 写真と共に振り返っていきましょう! (前回の記事はこちら) ■ ガリシアの気候 霧に包まれたパラス・デ・レイを出発、前日の雨でぬかるんだ森の中を進んで行きました。 ガリシアの巡礼路を歩いてい

            スキ
            2

            ガリシアの巡礼路を歩く。|⑦ポルトマリン〜パラス・デ・レイ

            こんにちは。ロス・カミーノスです。 和歌山・熊野古道の〝姉妹道〟であるサンティアゴ巡礼路を歩く企画。 これまでの記事に引き続き、「フランス人の道」を歩いた記録をまとめていきます。 写真と共に振り返っていきましょう! (前回の記事はこちら) ■ スペインの青空 緯度や湿度の関係で、ヨーロッパの空は日本よりもコントラストが強いと聞いたことがあります。 ポルトマリンを出た時は辺りは霧に包まれていましたが、歩いているうちに澄み切った青空が広がりました。 日本ではなかな

            スキ
            3

            サンティアゴ巡礼の祭典。|FAIRWAY 2021

            こんにちは。ロス・カミーノスです。 11月7日から9日までの3日間、ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラで、サンティアゴ巡礼に特化したフォーラム「FAIRWAY」が開催されました。 サンティアゴ巡礼路の姉妹道である熊野古道を紹介するブースも設けられていました。 今回は、そのイベントレポートをお届けしたいと思います! FAIRWAYは、巡礼に関係する団体のブース出展や、業界向けのワークショップ、セミナーなど、様々な観点からサンティアゴ巡礼を学べる複合イベントです

            スキ
            1

            2021年ガリシアの旅。|ルーゴ編

            和歌山と関係の深いスペイン・ガリシア州。 今回は、サンティアゴ巡礼路「プリミティボの道」が通るルーゴをご紹介したいと思います。 ルーゴ県の県都で、〝ガリシア7都市〟の一つであるルーゴ。 紀元前1世紀に、初代ローマ皇帝のアウグストゥスの軍団長によって建設されたと言われています。 そんな長い歴史を持つルーゴの風景を、写真と共に見ていきましょう! ■ ルーゴのローマ城壁 ルーゴの街で有名なのは、何と言ってもローマ城壁です。 3世紀頃に作られたとされ、旧市街を囲むように

            スキ
            2

            ガリシアの巡礼路を歩く。|⑥モルガデ〜ポルトマリン

            こんにちは。ロス・カミーノスです。 和歌山・熊野古道の〝姉妹道〟であるサンティアゴ巡礼路を歩く企画。 これまでの記事に引き続き、「フランス人の道」を歩いた記録をまとめていきます。 写真と共に振り返っていきましょう! (前回の記事はこちら) ■ 巡礼路の雰囲気 サリアまでの「フランス人の道」との違いとして、前回「巡礼者の多さ」を挙げましたが、それに付随してのことなのか、巡礼者向けの施設の看板がとても多くなりました。 以前、熊野古道とサンティアゴ巡礼路の共通巡礼を達

            スキ
            1

            ガリシアの巡礼路を歩く。|⑤サリア〜モルガデ

            こんにちは。ロス・カミーノスです。 和歌山・熊野古道の〝姉妹道〟であるサンティアゴ巡礼路を歩く企画。 これまでの記事に引き続き、スペイン・ガリシア州の「フランス人の道」を歩いた記録をまとめていきます。 (前回の記事はこちら) 前回歩いたのは、ガリシア州の入り口にあるオ・セブレイロから、サリアまでの約40km。 それから3ヶ月近く経ち、前回の終了地点・サリアから再び歩き始めることにしました。 これから数回にわたって、巡礼の記録をお伝えしたいと思います! ■ はじま

            スキ
            4