見出し画像

Entrancebook for engineer.

皆さん、こんにちは。リンクアンドモチベーション開発組織の採用責任者 尾上(@entrylmi)と申します。

弊社は組織改善クラウド「モチベーションクラウド」というSaaSプロダクトの開発・運用をしています。2018年からエンジニアの採用活動をスタートし、2020年12月時点で弊社の開発組織は約50名の規模になりました。

このnoteでは、これまで発信してきた開発組織の記事や実際にプロダクトの開発に携わるメンバーについてのコンテンツをまとめています。

エンジニアの皆さんに、よりリンクアンドモチベーションを知っていただくために、その第一歩の入り口「”Entrancebook for engineer”」を作成させていただきました。ぜひご覧くださいませ。

1.リンクアンドモチベーションの開発組織の概要

 1-1:エンジニア向け会社紹介資料

実際に候補者の方との面談・面接の際にお見せしているソフトウェアエンジニア向けに会社紹介資料をSpeaker Deckにて公開しています!

 1-2:3分でわかるリンクアンドモチベーションで働く魅力

スクリーンショット 2021-01-08 11.51.11

2:リンクアンドモチベーションの開発組織の詳細

 2-1:プロダクトについて知りたい

(1)モチベーションクラウドの概要について

(2)導入事例について

モチベーションクラウドをご利用いただくお客様の声を一部ご紹介しています。私たちが価値提供するサービスについて、業界・企業規模・組織の課題別にご覧いただけます。

(3)モチベーションクラウドを用いた組織改善エピソード

モチベーションクラウドのエンゲージメントスコアが2年間で最低ランクCCCから最高ランクAAAを獲得するまでに至った「組織崩壊と2年間の逆転劇」エピソードをご紹介しています。

(4)モチベーションクラウドのサービス業績について

モチベーションクラウドは、国内のB2B向けサービスで最短でARR(年間収益)20億円を達成したプロダクトです。現在も前年比140%で成長を続けています。※当社調べ

 2-2:開発組織について知りたい

開発責任者 柴戸のインタビュー記事

開発責任者 柴戸 Developers Summit 2021 スポンサーセッション登壇

▶︎登壇資料はSpeaker Deckにて公開中!

開発責任者 柴戸×キャディ株式会社CTO 小橋様対談

 2-3:チーム構成・開発フローについて知りたい

前編では『お客様に価値を届けるという共通のゴール』を持つ、エンジニア、セールス・コンサルタント、CSの連携体制や、エンジニア以外のステークホルダーとのコミュニケーションについてご紹介しています。

後編では、エンジニアリングマネージャー兼テックリードの一日に密着し、開発フローやチームの構成、現在の開発の取り組みについてご紹介しています。

 2-4:働き方や給与について知りたい


 2-5:入社後のオンボーディングについて知りたい

 2-6:その他、開発組織の取り組みについて知りたい

(1)銀座Rails
リンクアンドモチベーションでは、積極的な技術投資を行なっており、その一環として銀座Railsのスポンサーとして技術コミュニティを支援しています。

(2)Qiitaアドベントカレンダー

リンクアンドモチベーションの開発組織は、毎年Qiitaのアドベントカレンダーに参加しています!

2019年も企業・学校・団体のカレンダーランキングで一位を獲得しました!また、Qiita賞も受賞しました!

エンジニア採用をスタートした2018年から参加しています!
2018年は企業・学校・団体のカレンダーランキングで一位を獲得しました!

 2-7:エンジニアがどんな想いで入社したのかについて知りたい

開発責任者【柴戸】

プロダクトマネージャー【治部】

エンジニアマネージャー 【小林】

エンジニアリングマネージャー兼テックリード 【江上】

エンジニアマネージャー 【今野】

データエンジニア 【東山】

データサインティスト【黒崎】

SRE【河野】

リンクアンドモチベーション初の新卒エンジニア 【塩浦】

3:現在の募集ポジションについて知りたい

 3-1:サーバーサイドエンジニア

 3-2:フロントエンドエンジニア

 3-3:SRE

 3-4:QAエンジニア

 3-5:データサイエンティスト

 3-6:テックリード候補

 3-7:エンジニアリングマネージャー


4.最後に

リンクアンドモチベーションの”Entrancebook for engineer”は、いかがでしたでしょうか。

少しでもご興味をお持ちいただけた方は、ぜひ一度弊社のエンジニアとカジュアルにお話しましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
「良い会社の定義を変える」をビジョンに活動しているリンクアンドモチベーション エンジニア組織のnoteです。創業以来培ってきた組織コンサルティングノウハウを、テクノロジーを駆使したプロダクト「モチベーションクラウド」に搭載することで良い会社の定義を変えることを目指しています。