見出し画像

#マンガでわかるDocker 総集編への寄稿を募集します! 〜企業・個人の活用事例〜

突然ですが、皆さんはどんな場面でDockerを活用していますか?
「開発環境として使っている」「AzureやAWS、GCPなどにデプロイして本番環境にも使っている」「BotをDockerにパッケージして転職時に使えるようにした」「Re:VIEWで同人誌をPDF出力するときに使っている」など、いろいろな活用方法があると思います。

実は現在、湊川は #マンガでわかるDocker Kindle総集編を制作中です!
そこで、Dockerユーザーの皆様からのコメントを募り、巻末に「いろいろな現場でのDocker活用事例」コーナーを設けたいと考えています😊🎉
企業での事例だけでなく個人開発の事例も大歓迎!

マンガでわかるDocker とは?

個人制作誌なのに累計3000部以上売れた技術解説マンガ 。既刊 マンガでわかるDocker① 〜概念・基本コマンド編〜マンガでわかるDocker② 〜開発環境を作ろう編〜 があります。これらに、さらにAzureデプロイ編、AWSデプロイ編などを追加しKindle総集編として発売します。

対象読者

・Dockerとかコンテナってよく聞くけど、具体的に何が便利か・どう使うのか、短時間で楽しく理解したいエンジニアの方
・Dockerを導入したので、社内のメンバーに手早く理解してもらい使ってほしいエンジニアリーダー
・技術面もキャッチアップしておきたいディレクター、デザイナー

寄稿テンプレート

掲載ご希望の方は、下記テンプレートに沿ってテキストを湊川まで送ってください。

◼︎お名前 (ハンドルネーム可)+ アイコン掲載可否
◼︎サービス名 または サービスの種類
◼︎Dockerの利用目的(開発環境、デプロイの構成など)
◼︎Dockerを導入して良くなったこと
◼︎導入時に困ったこと or 今後の課題
◼︎これからDockerを導入しようという方へのアドバイス(あれば)
◼︎宣伝(あれば)
 例1:Docker環境で動かしている自作アプリ配信中です!ぜひ使ってみてください(URL)
 例2:株式会社○○はコンテナ技術が好きなエンジニア募集中!興味がある方は@xxxxまでお気軽にどうぞ。まずはカジュアルにランチでも行きましょう。

寄稿サンプル

サンプルとしてreoringさんの寄稿を掲載します。

reoringの現場でのDocker活用事例
◼︎お名前 (ハンドルネーム可)+ アイコン掲載可否
reoring //アイコン掲載可

◼︎サービス名 または サービスの種類
テスト自動化サービスShouldBeeなど

◼︎Dockerの利用目的
* 開発者20〜40名の開発環境
* 本番サーバ1台にデプロイ
* Kubernetesクラスタにデプロイ

◼︎Dockerを導入して良くなったこと
* 環境構築にかかる時間が短くなった
* 開発チームで同じ環境が使えるようになって環境起因の不具合が減少した
* 環境の変更が発生した際もgitでdocker-compose.ymlやdockerfileを管理することで簡単に開発者に反映してもらうことができるようになった
* 環境の破棄と再構築が簡単になった

◼︎導入時に困ったこと or 今後の課題
* 開発者がDockerに慣れておらず、トラブル時に有識者がサポートする必要があった
* WindowsだとVagrantなどの仮想化環境を使う必要があって手間
* Windowsとmacで全く同じ環境にしたい
* Docker for mac は遅い。3倍くらい遅い

◼︎これからDockerを導入しようという方へのアドバイス(あれば)
* まずは個人の開発環境をDockerで構築してみるとよい

◼︎宣伝(あれば)
reoringが所属するクラフトマンソフトウェアでは、Dockerによるインフラ構築やコンサル、Kubernetesの導入と運用やDevOpsの導入支援をしています。もし興味があれば reoring@craftsman-software.com か、 Twitterの @reoring までお問い合せください。

締切

一次締切 2/18(月)昼12:00
二次締切 3/1(金)昼12:00


一次締切までに提出していただけると、Kindleに掲載されるだけでなく、2/23(土)TOC五反田メッセにて開催のJAWS DAYS 2019 サークルブースにて頒布の『マンガでわかるDocker AWS編』にあなたの寄稿が掲載されます。
AWS DAYS 2019の申込人数は現在1,800名様を突破しており、あなたのお名前または社名が多くの方々の目に触れる機会となります。

Q & A

Q. 文字数の目安はありますか?
A. 細かい指定はありませんが、各項目300文字以内に収めていただけますとバランスが良いかと思います。

Q. 原稿料はもらえますか?
A. 寄稿の中の宣伝エリアとトレードオフとさせていただきます。また、謝辞にお名前を掲載させていただきます。

Q. テキストはどのように渡せばいいですか?
A. GistesaScrapboxHackMD等、お好きな媒体でお渡しください。湊川あいのTwitterにリプライまたはDMして寄稿の旨をお伝えください。もちろんこのnoteにコメントいただく形式でも問題ありません。

Q. デプロイ構成を図で描くのはアリですか?
A. 大歓迎です!各自表現はお任せしますので、ぜひともお願いいたします。

それでは、皆様の寄稿をお待ちしております!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけると制作速度が上がります!!

『わかばちゃんと学ぶ』シリーズよろしくお願いします(\( ˘ω˘)/)
25
絵を描くWebデザイナー。本『わかばちゃんと学ぶGoogleアナリティクス』『わかばちゃんと学ぶGit使い方入門』『わかばちゃんと学ぶWebサイト制作の基本』書店様・Amazon様で発売中です! https://amzn.to/2K14C70
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。