呪術廻戦の話

・呪術廻戦とは

2017年ジャンプGIGAにて前日譚を掲載、0巻発売。2018年から週刊少年ジャンプにて連載開始。現在も連載中。
ファンの略し方は「呪術」が多い。
~筆者が思う、なるべくネタバレにならないことに考慮したあらすじ~
祖父に育てられた主人公、虎杖悠仁。祖父の遺言をから「正しい死」を考え出す。
そんな時、虎杖が以前に拾った特級呪物「両面宿儺の指」を求め、呪術師の少年伏黒恵が現れる。
しかし時は遅く、指の封印は解かれてしまっていた。二人は圧倒的力を前にして絶体絶命。そして虎杖はなんとその指を飲み込むことにしたーー!

・きたぞこれがジャンプ新世代

ジャンプ最近低迷してんじゃねーの!?!って思ってたときに出てきた期待の新星の1人。ちなみに別の同時期の漫画に関しても書くつもりでいる。
正直パッと見れば設定も「よくある」漫画なのに、なぜか「どれとも違う」漫画に感じる、なんとも不思議な漫画だ。
絵は結構ザカザカしたタッチで、東京喰種をすこーしだけ彷彿させるようなさせないような~と思っていた。絵に関しては芥見先生のデフォルメというか、コマのはしっこのどうでも良さそうな絵が非常に可愛くてつい笑ってしまう。
さて。それではこれから私が思う魅力を語っていこうと思う。呪術のなにがいい?
・独創的なキャラ
・「よくある設定」のなかのバトルの濃さ
だろう。

・キャラクターのオリジナリティ

まずなにより、キャラが濃いなぁという話。
0巻を飛ばして読むと「喋るパンダ出てきたんですけどォ!?!!?」ってなる。私、あいつ好き。
まぁパンダは筆頭だったんだけれども、それ以外にも出てくるキャラが正直盛りすぎ盛りすぎ!ってなるほどには濃い。きっと愛をもってキャラを産み出してくれているんだろうと感じられる。
むしろ主人公が凡人ぽく感じられる程ではある。つまるところ、並み盛がない吉野家だ。呪術は。味が濃い!安い!うまい!つまりはシャブか…?
もちろん全オタクが好きだろキャラも沢山いるし、その1人が先生ときた。しかも青春時代に思うところがある…11巻でやられたクチだろう?私もだよ。
…とまぁこの文は読んでない人に向けて書かなくてはいけない。閑話休題。

・私がハマった瞬間 

私は明確にハマった瞬間があった。というか驚き?があった。
三巻の章の間の内容。キャラのイメージソングが書かれている。あまりこういうのを明言する漫画家は少ない。とりあえずこの内容が、非常にニッチだ。(筆者は邦ロック好き)もうはじめに読んだとき、衝撃を受けるほどだった。Avicii??9mm??フジファブリック??極めつけはゆらゆら帝国だ。
(この人っ…!!ガチだ!!!!!)と直感。
申し訳ないが筆者は古い映画や洋楽に関しては無知に等しいため、楽しみどころを逃してしまっていると甚だ後悔をするほど各所に音楽や映画などのエッセンスがつまっている。芥見先生のセンスのよさで圧巻されるほどだ。こんな人がまだいるんだと嬉しくなる。
加えて編集部に直してねと言われたところを、そういうキャラじゃないって変更しないまま結局コミックスになった話もすごくいい。先述の通り、愛をもって描いてくれていることがわかる。

・大雑把に見えて緻密なバトル

呪術は簡単に言えば単なる異能力バトルだ。
至極一般的で、よくある感じ。だが独自の設定が非常に緻密、しっかりした設定があるからこそその技の弱点や強みをしっかり出すバトルを描いてくれる。そこに先述したそのキャラの濃さがのっかると、ただただかっこいいバトルの出来上がりだ!
正直バトルに関しては詳しく書きたくなくて、ぜひ自分で読んでほしい。好きな技をつかう呪術師を見つけてほしい。おかか。

だからまたすこし話をそらそう。最近思ってることがある。
私はジャンプにおいてももう少しおどろおどろしいのがあって欲しい。約束のネバーランドはなんというかおどろおどろしいというよりも、デスノートに近い恐ろしさだと感じている。そうではない。もう少し小学生がおとなだなと感じられるようなレベルのもの。その点呪術はだいぶ描写がストレートで、おどろおどろしい。鬼滅の刃はうまくジャンプ作品に仕立てあげたなという印象(前身の読み切り等読んでいたため)
読み切り段階で、これきたぞ、おもしろいぞ!と思うおどろおどろしさでもジャンプ作品に無理やり仕立てあげられてドツボにハマって打ちきりっていうのはよくあるし、なんで変えたんだ!!!!と叫びだしたくなることもある。特にを言ってしまえば、「ILLEGAL RARE」だったりする。あの前身の読み切りは何度も何度も読んだ。椎橋寛の真骨頂だな!と思っていたのに。なぜか無理やり正義のヒーローがでてきて、読み切りの主人公は敵だった。あんなに黒い漫画だったからよかったのになぜ光をいれてしまったのか。
いまのジャンプにダークヒーローはお呼びじゃないんだろうか。

・こんな人におすすめしたい 

呪術廻戦をおすすめできる人としては
・主人公は大好きだけど主人公以外を特に好きになりがち
・考え抜かれた異能力設定が好き
・次に流行る漫画を読みたい(更新現在)
・どっかあぶなかっしいけどなんかジャンプ!っていうものが読みたい
・パンダが好き

今回はすこし余談が多くなってしまってすまない。
好きな漫画はお金を出して買ってくれ。
以上、よろしく頼む。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
漫画の話でもしようと思った。 すべてにおいて単行本派。 ネタバレはしません。しないようにおすすめすることを心がけています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。