見出し画像

料理が楽しい、そして私の料理は美味しい

最近母親(専業主婦)が単身赴任をしている父親のところにいるため妹と二人暮らしをしている。

母親が家にいる時は料理の手伝いを全くしない私なのだが、最近は毎日何かを作っている。

まず、何を作るか決めて食材を買うところから私ができるのが嬉しい。
母親の料理も本来なら手伝うべきなのだが、切るだけとか炒めるだけとか「手伝う」のは全く楽しくない。

野菜嫌いの妹(18)でも美味しく食べられるような料理を考えて(姉バカ)、クックパッドで調べて(使う食材だけ決めて検索することも多い)、食材買って、頭の中で段取り考えて作れるのは本当に楽しい。
目標のものを作ること以外は何も考えていない。
フロー状態だ。

(小6の時、料理ごっこという遊びを開発して友達と遊んでいたことを思い出す。審査員役が決めるテーマに沿った料理を複数の料理人役が詳細にプレゼンして、どれが美味しそうか審査員がジャッジするというコンテストゲームだ)

また、料理は理科の実験みたいだ。
実際私は料理初心者なので、どうやったらゆで卵が綺麗に剥けるのかさっぱりわからない。
ネットで調べて出てきた方法を試してみたがうまくいかなかった。
実験を繰り返すたびにうまくなったり、あるいは同じようにしたはずなのにうまくいかなかったり、、楽しい。

(私は本当は理科の先生になるつもりだった。
社会科に来れてよかったと思っているが、言葉を使うことに疲れたとき、じゃがいもの皮を剥いていると自然に触れている気がしてとても癒される。)

しかも!
私の料理は美味しい!

こんなに美味しい理由は2つ。

ひとつは、私が好きな味付けをしているから。
私は薄めな味付けが好きだ。
からい味付けが嫌いだ。
「しょうゆ・酒・みりん」の組み合わせが好きだ。
ごま油の香りも好きだ。
私の好きな味付けで作るのだから大体美味しい。

そしてふたつめの理由、美味しくならざるを得ない料理ばかり作るから。
今日は、じゃがいも鶏肉さつまいも玉ねぎれんこんを炒めたものを甘酢あん(しょうゆ、酒、酢、砂糖)で絡めた。どう失敗しても美味しい。
昨日は野菜チップスを作った。
明日はグラタンを作る。

今の私の課題は、普通の野菜スープ、普通の野菜炒めを美味しく作ることだ。
味見をしたときに何を足せばいいのか判断がつかない。

それから、こんなに料理ができるのは今が春休みで、時間と気持ちに余裕があるからだ。
夜ご飯に間に合う時間(遅くとも17時)に帰ってくる生活がしたい。

最後に。
私自身は食べることが好きではない。何が食べたいとか思いつかない。
もし一人暮らしだったらお腹がすいても食べないままかもしれない、というくらい自ら食べようとしない。
野菜が嫌いな妹とか、外食が多いボーイフレンドとか、私の料理を必要としてくれる人の存在があるおかげで、食べさせたいものを考えて、私が作って、私も食べられる。
ありがたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やったー!
19
中学校社会科の先生になりたい大学院生
コメント (1)
今の日本人女子が「私の料理は美味しい!」ってSNSに書いてあって嬉しいですね。
みんながそうやって何でも気軽に言えれば、世間は最も楽しく優しい。
料理もとてもシンプルで美味しそうです。
自分も自分の料理大好きです^_^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。