見出し画像

「その人らしさ」を力に変えていくための、障害者雇用のあり方とは #litalico_openlab 第6回講義速報

社会的マイノリティに関する「知」の共有と深化を目的とした、未来構想プログラム「LITALICO研究所 OPEN LAB」、12月16日に第6回講義を実施しました。

グリービジネスオペレーションズ株式会社の福田智史さん、LITALICO仕事ナビの昆野祐太さん、株式会社セールスフォース・ドットコムの松浦杢太郎さんをお招きし、「障害者雇用の現在と未来 – 『自分らしさ』と市場経済のはざまで」と題した今回。


詳細のレポート記事・動画は後日公開予定ですが、本日は速報として、講義の様子をお伝えします。


1人目の登壇者はLITALICO仕事ナビ・マネージャーの昆野祐太さん。

単なる「障害(対処)の支援」や「スキルの支援」をするではなく、「その人らしさ」を一緒に探し、輝くための方策を本人と一緒に考えるのが支援者の役割だと考えます。

そして、一人ひとりの「自分らしさ」を力に変え、経済性へとつなげていくために、事例の積み重ねや、テクノロジーの活用等を進めること、本人が使える資源(人・技術)を増やし高めていくことが重要だと語りました。


2人目の登壇者は、グリービジネスオペレーションズ株式会社 代表取締役社長の福田智史さん。

「能力を最大限に発揮でき、仕事を通じ自律的に成長し続けられる会社を創る」を企業ビジョンに掲げ、発達障害をはじめ、障害のある方が数多く活躍しています。

日本で発達障害のある方の雇用が進まない背景には、発達障害に対する「固定観念」、雇用ノウハウなど実績を含めた「知見不足」、どんなことを仕事にしていくかという「業務不足」の3つがあると問題提起をされました。

これらの課題に対して、一人ひとりと丁寧にコミュニケーションを重ねるなかでの「特性理解」、多様な人が働きやすくなるための制度運用や設備投資といった「環境整備」、競争力のある受託単価設定や事業部との連携による積極的な業務切り出しなどを通した「事業貢献」という3つのアプローチをご紹介いただきました。

3人目の登壇者は、株式会社セールスフォース・ドットコムで障害者雇用のリクルーターを務める松浦杢太郎さん。

短期的には、自分の実力を把握し、今の自分を受け入れること。中期的には、自分のペースで働きつつ、興味がある事を追求していくこと。長期的には、常に自分の頭で考えて、市場の中で自分が活躍できるポイントを探すこと。障害のある当事者のキャリア構築術を、ご自分の経験を交えてお話いただきました。

パネルトークでは、OPEN LAB主宰のLITALICO・鈴木悠平がモデレーターとなり、立場の異なる3人のゲストの視点・経験を交えながら、障害者雇用の現在と未来について語りました。

本人・支援者・企業3者が対話しながら、採用・定着時においてどのようにより良いマッチングを実現するか、人口減少時代におけるこれからの障害者雇用のあり方など、話題は多岐に渡り、会場からも多くの質問をいただきました。

次回、第7回は「コミュニティは誰を救うのか – 関係の網の目から希望を紡ぐ」というテーマでお届けします。ゲストは、小澤いぶきさん(認定NPO法人PIECES代表)、北川雄史さん(社会福祉法人いぶき福祉会専務理事)、森川すいめいさん(精神科医)です。

チケット販売サイトPeatixよりチケットをお求めください。


この記事が参加している募集

イベントレポ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
14
LITALICO研究所は「障害のない社会をつくる」というビジョンの実現に向けさまざまな研究活動を展開する、社会課題に対する「知」のプラットフォームです。株式会社LITALICOの研究組織として運営します。Website:http://litalico.co.jp/lab/

こちらでもピックアップされています

LITALICO研究所OPEN LAB
LITALICO研究所OPEN LAB
  • 48本

さまざまな分野で活躍する当事者・専門家・起業家の方々を講師としてお招きし、社会的マイノリティ領域の課題や解決策、未来のビジョンを受講者の皆さんと共に考える学びの場です。 障害や病気のある当事者の方、経済的な困難さや遠方におられる方も参加できる、「オープン」な知のプラットフォームとなるよう、講義における合理的配慮や情報保障を徹底します。 このマガジンでは、OPEN LABの講義情報や取り組みについてご紹介します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。