十二次元の王

十二次元の王

 また、やってしまった。

 セクター・居合の資源調達室。眼の前には頭部から血を流して倒れている男が一人。私の手には《ゆらぎ探査斧》。彼は死ぬ直前に叫び声を上げたから、すぐに警備員が来るだろう。事故とはいえ、その後の待遇は碌なものではない。

(逃げちゃおかな)「そうだ、君はここから逃げることになる」背後からの声に振り向くと、そこにはポータルがあった。

 私はこの地方に伝わるおとぎ話を思い出した。"重罪を犯した者の数パーセントが人々の恨みによりこの世界から追放され、次元の狭間を永遠に漂うことになる"というものだ。

「あっ、ちょっ、待っ……」私は走って逃げようとしたが、ポータルは瞬きする間に私を追い越し、そのまま消滅した。

「……それで、監視カメラには一部始終がバッチリ写っていたと」「ハイ」

 鰹出汁臭漂う軍務局員銀灰は、部下の雲池が提示した記録を見て、しかめ面をした。

「開戦やむなしか」「ハイ」

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🐙スキありがとうございます🌵