見出し画像

味わいを伝えるということ

竹田 尚浩 / Liquorshop Takeda

味わいを伝えるって
難しいなと日々感じています。

僕は普段
五ツ星お米マイスターとして
お米を販売しながら、

ソムリエとして
ワインも販売しています。

お米もワインも
詳しくない方からすれば、

どちらも、
わからないとか
あまり差がわからないと
よく言われます。笑

ワインの味わいを
表現しようと考えることから、

お米の表現について
思いつく事もあり、

この
一見何の関連性もなさそうな
お米とワインを扱うことで、

自分の中のバランスが
うまく取れている気がします。

ワインの表現って
まずは外観の色調に始まり、

次は
香りを嗅いで、

そして
口に含んだ味わい、

ようやく
最後に余韻と、

実に
細かく表現していくのですが、

このような表現は、

ソムリエ用語の様なものを
学んでいる方などには
とてもよく伝わるのですが、

これから
ワインを楽しみたい方には、

この
丁寧過ぎる表現が、

難解さや敷居の高さに
繋がっているのではと
感じる事が多々あります。

これから
ワインを楽しみたい方には、

「この赤ワインなんですが

牛肉の赤身のステーキを、
頬張ったところに

このワインを飲んで、

口の中で
ステーキもワインも一緒に
モグモグしてもらえると、

旨さがさらに
ギュイーンと爆発するんですよ〜」と、笑

お伝えした方が
圧倒的に伝わったりします。

ここには
細かい味わいの説明がないのですが、

どうして
店頭ではこういう説明のほうが
よく伝わるんだろうと考えて、

わかった事があります。

要は
その説明、その表現で、

お客様の頭の中で

味わいだったり、
楽しさだったりが想像できるか、

そしてその想像で
そそられるかが大事で、

もしかしたら
全てを伝える事よりも、

想像したり、自ら感じてもらえる
余白を残しておいたほうがいいのかもと…

あまり説明してしまうと、

いざ飲んだ時の感想が
説明の答え合わせみたいになり、

お客様自身の
自由に感じる部分が
少なくなってしまっているのでは
と思いました。

ざっくりとした例えだと、

説明では甘いとあったのに、
自分では甘く感じないよな…

やっぱり
自分にはわからないや…と
なる事も多くなるわけです。

味わいの表現に
正解はないのですが、

個人的には、

ワインやお米も

味の答え合わせではなく、
自由に感じて楽しんでいただきたい…

そう思っています。

そのためには、

もっと
想像を掻き立たせてもらえるような
表現を目指さないとですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
竹田 尚浩 / Liquorshop Takeda
奈良県生駒郡三郷町にて、ワインとお米の小売店を営んでおります。たぶん(笑)日本でただひとりの、ワインのソムリエでお米の5ツ星お米マイスターです。ワインもお米も好きなもので‥