見出し画像

lounas = ランチ

雨が止んだので、お昼は istut のランチボックスにしよう、と自転車で荻窪へと向かいます。その日のメニューはポリライネンとビーツのケイット。keitto はフィンランド語で「スープ」のことですね(毎日5分の単語勉強の成果が、笑)。さて、Porilainen とは。

Suomalainen が「フィンランド人、フィンランドの」ですから、Porilainen は「ポリの人、ポリの」という意味でしょうか。ということは、ポリといえばこれ!といった定番料理なのでは? と期待が高まります。

ちなみにポリはフィンランド南西部のこんな街です。

出来立てのランチボックスを受け取り、近くの公園でいただくことにします。さっそくポリライネンにかぶりつくと、いつもの公園がフィンランドの公園になったような。あー、おいしいなあ。もぐもぐ ──。

ほぼ食べ終える頃に、写真を撮り忘れていたことに気づきました、汗。というわけで、istut のおふたりによるこちらの楽しい動画をどうぞ!

動画にもチラッと映る色鮮やかなビーツのケイットも(実はビーツを食べるのは生まれて初めての経験だったのですが、)やさしい味でとてもおいしかったです。機会があったらぜひ、おすすめです。

フィンランドな気分になったところで、そのまま吉祥寺へルート・ブリュックを観にいくことにしました。「小さな、ルート・ブリュック展」というタイトル通り、とても小さな展示でしたが、ちょうどフィンランド美術のデザイン編を書くため、ルート・ブリュックのことを調べていたので、良いモチベーションになりました。

そんなこんなで、今日のフィンランド語はおやすみです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🇫🇮 Kiitti !
11
フィンランドを知るには、まずフィンランド語かも!というわけで、古い参考書を紐解きながら、フィンランド語の辞典を書くことにしました。マガジン『マイッカ灯台美術館』では、フィンランドの美術についての連載もしています。トントゥ検定3級です (H)。 http://moicafe.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。