見出し画像

t.3 フィンレイソンと手工芸友の会

手作りってとても贅沢ですよね。いえ、豊かといった方がいいでしょうか。そこに費やされた時間やその人の想い。上手い下手もないですし、全てが愛おしく感じられます。自分でもできるっていうところがまた。ええ、手作りで美術館の看板を作ってみたんです、どうでしょう? ──。

Finlayson & Co.

1820年、スコットランド出身のジェイムス・フィンレイソンによって、当時の北欧諸国を代表する企業のひとつでもあるフィンレイソン綿織物工場がタンペレに創設されました。

独学で技師となったフィンレイソンは、1817年サンクトペテルブルクに移住し、ロシア皇帝アレクサンダー1世の支援を受けて、繊維工場を設立しました。彼はまたクエーカー教徒として活動しており、1819年に聖書を販売する目的でタンペレを訪れます。

画像1

James Finlayson, 1772-1852? / Tammerkoski, 1847

タンペレの街はナシ湖とピュハ湖の間に位置しており、その高低差を利用した水力発電所が作られました。アレクサンダー1世がフィンランドを視察に訪れた際、その計画が持ち上がったようです。フィンレイソンがタンペレを訪れたのも、工場建設というもう一つの目的があったのかもしれません。

その翌年、フィンランド元老院からタンメルコスキ急流の水力を利用した工場の建設許可を得ると、妻のマーガレットと共にタンペレに移住しました。

画像3

Finlayson Factory

2020年、フィンレイソン社は創立200年を迎えました。当時の工場は現在、ショッピングセンターとして活用され、博物館や映画館などもあります。

1823年に最初の工場が完成するとフィンレイソンは、新しい労働者を訓練するためイギリスから機械工を連れてきます。また工場建設のための融資を受ける条件として、タンペレの一般市民の技術向上のために工場を自由に視察できることが決められていました。

画像2

Kuusvooninkinen

1847年に建設されたフィンランドで最初に建てられたフィンレイソンの工場ビル。6階建てであることからその名がつきました(6=kuusi)。

工場では当初、紡績機を製造していましたが思ったように売れず、1828年から製綿工場として再出発します。それでも不採算が続いていたことから、フィンレイソンは、1836年「Finlayson & Co.」という名称を残すことを条件に、ゲオルク・ローチとカール・ノットベックへ工場を売却しました。

画像4

Finlaysonin palatsi, 1899 / Finlayson kirkko, 1879

その後、フィンレイソン社は発展を遂げ、工場の労働者のために学校や病院、教会や住宅などが造られました。その意味でフィンレイソン社が、タンペレという街そのものを築いたといっても過言ではありません。ピーク時には3,000人の労働者がフィンレイソンの工場で働いていたそうです。 

フィンランド手工芸友の会

フィンレイソン社をはじめとするテキスタイル産業の発展により安価な製品が手に入るようになると、自らの手で作ることへの関心が低下していきました。そこで貴重な手工芸品の伝統を守るため、画家ファニー・チュルベリを中心としてフィンランド手工芸友の会(Suomen Käsityön Ystävätが設立されます。

画像6

Fanny Churberg, 1845-1892

ヴァーサ生まれのファニー・チュルベリは、ヘルシンキで絵画の個人レッスンを受けたのち、デュッセルドルフ芸術アカデミーで学びました。またパリに留学した最初のフィンランドの画家でもあります。

画像6

Autumn Landscape (by Fanny Churberg), 1878

彼女は同時代の人々にはほとんど評価されず、1880年には絵を描くことを辞めてしまいました。しかし短いキャリアの中で描かれた300点以上の作品は1900年代になり再評価されました。ヘレン・シャルフベックも彼女を目標としていたそうです。

画像7

Winter Landscape, Evening Atmosphere, 1880

協会の設立目的は、人気のあるテキスタイルを収集し、それらのパターンの新しい応用法を見つけること、忘れられていたテキスタイルの伝統を復活させることでした。また、フィンランド独自のスタイルを確立することによって、国民の民族意識を高めることも目標としていました。

* * *

Fanny Churbergの実際の読みは違うかもしれません。彼女について【絵画編】では取り上げませんでしたが、ヘレン・シャルフベックやエレン・テスレフと同様に評価されているそうです。静かだけれど自然の大きさや力強さを感じさせる作品だと思います(あれ?テキスタイル編でしたね、笑)。

ロゴはSuomen Käsityön Ystävätから。
その他の画像は全てWikimedia Commons。
🇫🇮 Kiitoksia !
7
Moi|フィンランドをもっと好きになる|トントゥ検定3級です!http://moicafe.com

こちらでもピックアップされています

マイッカ灯台美術館
マイッカ灯台美術館
  • 55本

Maikka Majakka Museo。フィンランドの美術についての連載です。絵画編、デザイン編、建築編、テキスタイル編、4つのレポートです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。