見出し画像

t.1 フィンランドの伝統工芸リュイユ

いらっしゃいませ、マイッカ灯台美術館です。新しい展示に合わせて衣替えをしました。といっても祖母から譲り受けたラグを敷いたくらいですけれど。これからの季節は肌寒くなってくる分、心が温かくなるようなことがたくさんありますね。どうぞ楽しんで ──。

アートとしてのテキスタイル

テキスタイルとは、織物のこと、つまり糸を縦横に組み合わせて作った布地のことです。衣服や敷物、キルトなど日用品として使われるものが多いですが、それだけではありません。

テキスタイルは、糸だけでなくパルプや紙、石や金属などの素材を用いて、編む、縫う、織る、かぎ針、接着、リベットなどの技法で、ちいさな工芸品から大きな芸術作品まで創り出すこともできます。

これらテキスタイルアートは、様々な素材や技法を組み合わせて創作される伝統的かつ新しいクリエイティブな表現手段の一つといえるでしょう。

フィンランド伝統の織物

フィンランドには、リュイユ(Ryijy)という伝統的な織物があります。

このリュイユは、古いスウェーデン語で「厚い布」を意味する「Ryia」に由来し、敷物のラグやソファーのカバー、壁のタペストリーなど、いろいろな使い方がされてきました。

また、その色や模様はフィンランド特有のもので、結婚式や特別な日など、行事に合わせたデザインが施されました。

画像4

Liekki by Akseli Gallen-Kallela, 1900

リュイユの歴史はとても古く、1000年以上前にはヴァイキングたちが舟を覆うのに使用していたそうです。湾岸地域で使われていたリュイユは、内陸部の裕福な農民たちへと伝わり、その後教会や一般の家庭でも使われるようになりました。

現存する最も古いリュイユは17世紀のものです。しかし伝統工芸としてのリュイユの最盛期は18世紀末〜19世紀中頃までで、産業革命によりその勢いは失われていきました。

アクセリ・ガッレン=カッレラとリュイユ

カレワラなどを題材として描いた民族的ロマン主義の画家アクセリ・ガッレン=カッレラは、リュイユのデザインも手がけています。1900年のパリ万国博覧会では「イリスの部屋」のリュイユをデザインしました。このリュイユは、「炎(Leikki)」をテーマとしており、フィンランド手工芸友の会によって織られたものです。

画像2

Iris huone, 1900 / lyijy, 18世紀後半

また、夫婦、植物、鳥といった伝統的なモチーフを特徴とする作者不詳のリュイユ(写真右)は、植物染めの糸で作られた18世紀後半の結婚式の敷物で、ガッレン=カッレラの美術作品の中に何度も登場しています。

画像3

Äiti ja lapsi, 1887 / Démasquée, 1888 / Eero Järnefelt, 1888

(アクセリ・ガッレン=カッレラについてはこちらをどうぞ)

このようにフィンランドのテキスタイルアートの歴史は、リュイユからはじまったと考えられています。またテキスタイルのデザインの多くは、絵画などと同様、白樺、オーロラ、雪景色、夏至祭といったフィンランドの自然や伝統をモチーフにしています。

今日でもフィンランドのテキスタイルやファブリックが注目されるの理由は、日々の生活の中にデザインや芸術がうまく取り入れられてきたからではないでしょうか。

そこで今回からはじまるテキスタイル編では、フィンランドのテキスタイルの歴史や代表的なデザイナー、メーカーなどを紹介しながら、フィンランドらしさというものがどこにあるのかを探っていきたいと思います。

画像は全てWikimedia Commonsから。
🇫🇮 Kiitoksia !
16
Moi|フィンランドをもっと好きになる|トントゥ検定3級です!http://moicafe.com

こちらでもピックアップされています

マイッカ灯台美術館
マイッカ灯台美術館
  • 55本

Maikka Majakka Museo。フィンランドの美術についての連載です。絵画編、デザイン編、建築編、テキスタイル編、4つのレポートです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。