初心者によるフットサル原論 第2章(1)

第2章.チームビルディングの考え方

 この章では、フットサルのチームを作る上での基本的な考え方を記すことにする。つまり、前章で述べた『フットサル観/フットサル認識』に基づいたチームビルディングの考え方である。具体的なチームへの落とし込みはそれぞれのチームによって異なるため、ここでは触れないが、大枠となる考え方の整理になればと思う。

1.チームビルディングとは

 まず指導者がやるべきことはなんだろうか!?指導と采配について、短期〜中長期のスパンで計画的にチームに関わることが指導者の役割ではあるが、その前提としてチームをデザインすることが大事である。どのようなチームにしていくのかということ。それを実現するために「指導」があり、その成果を得るために「采配」がある。全ては「どのようなチームを構築するか」が前提である。

 建築物には設計図が必要である。設計図なしに、建築業者に委託して、現場監督と作業員が何をできるだろう。新国立競技場や高輪ゲートウェイ駅のような建築物を設計図なしに作れるだろうか。

 フットサルのチームも同様で「設計図」が必要だと思う。それが「プレーモデル」と呼ばれるものだと考えている。そのプレーモデルの前に、その基盤となるべきチームコンセプトを明確にする必要があると思う。

2.チームコンセプト(Concept)について

まず、コンセプトを作る(Concept Making)際に必要な要素は何か。チームの核になるもの。これは現状では以下の3点としておく。

 【コンセプトの3要素】
 ① Vision(目標)
 ② Philosopy(理念)
 ③ Mission(使命)

 チームが何処ヘ向かおうとしているか(Vision)。そのために、チームはどのようにあるべきか(Philosopy)、チームが果たすべき役割は何か(Mission)。これを核として、時間と経験を積み重ねることにより「文化」(Culture)が醸成され、よりチームとして独自性が確固たるものとして構築されるものだと思う。

 ちなみに、これらのチームの核となるコンセプトは有名なチームでも見られるものである。以下はMovistar Interのチームコンセプトである。

Movistar Inter: Misión

Ser un club referente y protagonista en todos los ámbitos, apreciado y respetado en todo el mundo por sus éxitos deportivos y por los valores que difunde tanto dentro como fuera de la cancha.

Que, desde la búsqueda de la excelencia deportiva, contribuye a crear afición consolidada, satisfacer sus necesidades de éxitos y espectáculo; y consolidar una marca líder en el fútbol sala.
(https://intermovistar.com/mision/)
Movistar Inter: Visión

Ser un club líder en fútbol sala, ganador, que siempre luche hasta el final por los títulos; que, a través de sus triunfos deportivos, da respuesta a las ilusiones y expectativas de todos sus seguidores a escala nacional e internacional, que preserva su importante legado histórico, que gestiona su patrimonio con rigor y responsabilidad en beneficio de una solvencia y estabilidad presupuestaria.

Que generará cada vez más afición para ganar el crédito y confianza de sus patrocinadores.
(https://intermovistar.com/vision/)

 また、このコンセプトはフットサルチームにおいてだけ規定されるものではない。一般企業でも、「経営理念(Phylosopy)」、「ビジョン」があると思う。これらを基に、どのように活動するかという意味で「行動指針(Principle)」があり、その中「企業文化(Culture)」が醸成されていく。こうした企業のコンセプトが「経営戦略」や「組織」の基盤となる。フットサルでも同様に「戦略と組織(プレーモデル)」はコンセプトの上に成り立つものだと考えている。

(次回に続く)

□2020年2月14日 初稿
□XXXX年X月XX日 改訂(Rev.00)
□XXXX年X月XX日 改訂(Rev.00)
□XXXX年X月XX日 改訂(Rev.00)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
初心者ながら、もっとフットサルを理解したいと思い、海外の動画をよく見ています。そのリンクと感想や、知人と話をしたときのメモを公開しています(いずれも有料)。  また、自分が感じてること、思っていることを『初心者の初心者による初心者のためのフットサル原論』として公開する予定です。