LINE NEWS

主要ニュースからエンタメまで!今ホットな話題がLINEで読める「LINE NEWS」公式のnoteアカウントです。編集に限らず、校閲・企画・データ・デザインなどニュースと検索に関連する幅広い話題をお届けします。

LINE NEWS

主要ニュースからエンタメまで!今ホットな話題がLINEで読める「LINE NEWS」公式のnoteアカウントです。編集に限らず、校閲・企画・データ・デザインなどニュースと検索に関連する幅広い話題をお届けします。

リンク

マガジン

  • LINE校閲チーム

    「LINE校閲チーム」が、知られざる業務の裏側やちょっとしたノウハウを発信しています。

  • 「中の人」に聞いてみた

    LINE NEWS/LINE Search採用PRチームが、プロダクト企画に携わるメンバーやプロダクトにかける思いについて発信しています。

  • LINEアカウントメディア 公式ブログ

    LINE公式アカウントを通じて、ニュース記事がダイジェスト形式で届く「LINEアカウントメディア プラットフォーム」。全国・各地の新聞社やテレビ局、ファッション誌、ビジネス誌、専門誌など360以上のメディアが、独自の視点で厳選した記事を配信しています。その仕組みをご紹介します。

LINE校閲チーム

「LINE校閲チーム」が、知られざる業務の裏側やちょっとしたノウハウを発信しています。

すべて見る
  • 13本

ひとりで仕事をしない。専門的な職種でも、チームで「共有」しながら一緒に成長する方法

こんにちは。LINE校閲チームの伊藤です。 みなさんの職場には、自身の成長につながるような「共有」がありますか? たとえば、成果を出した同僚がどのように仕事を進めたのか、その工夫をチームで共有するといったことです。 校閲者の仕事はひとりきりで文章と向き合う時間が長く、個々で作業が完結してしまう側面もあるのでノウハウが属人化しやすいですが、私たちの職場では毎日決まった時間を設けて、同僚の視点を自分の校閲に活かすための「共有」を行っています。 当初は些細な取り組みだと思って

スキ
34

校閲の仕事はAIに奪われるのか?言語AIの現在地と未来

こんにちは。LINE校閲チームの澤田です。普段はLINE NEWSやlivedoor ニュースなどのニュース校閲を担当しています。校閲の業務にあたっていて、時折不安に感じるのが「AI」の存在です。 身近なところではiPhoneの音声アシスタント機能「Siri」や「ルンバ」などのロボット掃除機。検索エンジンやチャットボットにもAIの技術が取り入れられています。 メディア業界を見ると、AIアナウンサーやAI記者など専門性を要する職種での活用もすでに始まっています。 2015

スキ
96

文章のチェック方法を約10000文字でまとめてみました。

こんにちは。LINE校閲チームの中村陽介と申します。はじめに私の簡単なプロフィールをご紹介します。 中村 陽介(なかむら・ようすけ) 方法論がシェアされにくい校閲のお仕事皆さんは仕事をするときに、同僚や同業者が何を考え、どういった方法で仕事を進めているか、具体的に知りたいと思ったことはあるでしょうか? 文章と対峙する校閲の仕事はよく「孤独な作業」ともいわれます。基本的には独りで机に向かうことが多く、ほかの校閲者がどのように校閲をしているか具体的な方法論がシェアされにくい

スキ
218

インターネットで発信する際に持っていたい校閲の視点

LINE校閲チームはLINE NEWSをはじめ、livedoor ニュース、BLOGOSなどさまざまな自社サービスの校閲を担っています。 インターネット上で記事をご覧になっているみなさんも、ニュースに限らず、普段からさまざまな文に触れている方が多いと思います。その際、誤字脱字や文法・用法の誤りなどが気になったことはありませんか? まずはこちらの文をご覧ください。 イベントのチケットを不正に転売した疑いで男が逮捕されました。男はTwiterを通じて適性価格を大きく上回る金

スキ
44

「中の人」に聞いてみた

LINE NEWS/LINE Search採用PRチームが、プロダクト企画に携わるメンバーやプロダクトにかける思いについて発信しています。

すべて見る
  • 11本

LINE NEWS事業担当執行役員が見据える、「LINE NEWSが従来のニュースサービスを超える未来」とは?

こんにちは。LINE NEWS企画チームです。LINE NEWS編集部、LINE校閲チームに続いて、企画チームも、LINE NEWSのプロダクト企画に携わるメンバーやプロダクトにかける思いについて、発信しています。 今回ピックアップするテーマは、LINE NEWSがこれから進もうとしている方向性について。様々な施策や新しい取り組みの大元に紐づく、LINE NEWSが見据えている未来を掘り下げていきます。お話を伺うのは、LINE NEWS事業担当執行役員 上田恭史さんです。

スキ
26

LINE NEWSの“顔”が変わる。タブトップのリニューアルに見る、LINE NEWSの未来。

こんにちは。LINE NEWS企画チームです。LINE NEWS編集部、LINE校閲チームに続いて、企画チームも、LINE NEWSのプロダクト企画に携わるメンバーやプロダクトにかける思いについて、発信しています。 今回、注目していくのはLINE NEWSのタブトップ。2017年からLINEアプリ内に設置された「ニュース」タブを開いた先にあるタブトップは、日々刻々とニュースが掲出され、ユーザーが新しい情報と出会う場所になっています。今後の方向性に合わせて、LINE NEWS

スキ
11

新卒PMの熱量でリードする、LINE NEWSプラットフォームの未来「AM2.0」

こんにちは。LINE NEWS企画チームです。LINE NEWS編集部、LINE校閲チームに続いて、企画チームも、LINE NEWSのプロダクト企画に携わるメンバーやプロダクトにかける思いについて、発信しています。 今回スポットを当てるのは、LINE NEWSの未来を見据え、私たちが新しく取り組んでいるプロジェクトの一つ、「AM(アカウントメディア)2.0」について。 AM(アカウントメディア)とは、媒体社が持つLINEの公式アカウントを通して、その公式アカウントをフォロ

スキ
40

LINE NEWSの「地域」タブとは?新プロダクトが創る、一人ひとりのユーザーへの“まだ見ぬ出会い”。

こんにちは。LINE NEWS企画チームです。LINE NEWS編集部、LINE校閲チームに続いて、企画チームも、LINE NEWSのプロダクト企画に携わるメンバーやプロダクトにかける思いについて、発信しています。 今回は、今年10月3日にLINE NEWSに新設された「地域」タブをご紹介します。「地域」タブとは、現在地・居住地・勤務地・よく行く地域など、ユーザー一人ひとりの生活エリアに密接した「もっと身近な情報」をお届けするもの。 ▼「地域」タブについてはコチラ この

スキ
17

LINEアカウントメディア 公式ブログ

LINE公式アカウントを通じて、ニュース記事がダイジェスト形式で届く「LINEアカウントメディア プラットフォーム」。全国・各地の新聞社やテレビ局、ファッション誌、ビジネス誌、専門誌など360以上のメディアが、独自の視点で厳選した記事を配信しています。その仕組みをご紹介します。

すべて見る
  • 19本

【LINEアカウントメディア】広島・RCCニュース、MRTニュース、バイクのニュースが新たに参画しました

370を超える多種多様なメディアがニュース配信を行うLINEアカウントメディア(2021年11月時点 LINE MOOKおよび自社媒体含む)。 4月12日(火)には、「広島・RCCニュース」「MRTニュース」「バイクのニュース」の3メディアが新たに参画しました。 これに合わせて、アカウントメディアの中から3メディアを新たに友だち追加すると、人気のクリエイターズスタンプ「ラブラビット」がもらえるキャンペーンを実施中(※キャンペーンは5月11日で終了しました)。 ここでは、新

スキ
4

メディア×LINEで“知り続ける”特集を 11年を迎えた東日本大震災

東日本大震災から11年がたった2022年3月、LINE NEWSは新聞社やテレビ局、専門メディアなどと連携し「コラボ企画」として特集記事を展開しました。 特に甚大な被害を受けた岩手、宮城、福島の東北3県を中心に、合計11のメディアと12記事を作り上げ、3月1日から14日まで、LINE NEWSのトップに掲載したものです。 11年を経た被災地・被災者の現状や思いを、一人でも多くのユーザーに届ける―。LINE NEWSは、メディアとユーザーの橋渡しとして機能できればと考えていま

スキ
8

6年越しで初受賞の女性自身 LINEユーザーに寄り添う“軟らかい配信”の作り方

LINE NEWSでは、毎年12月に開催するイベント「NEWS AWARDS」でメディアの表彰を行っています。 LINEアカウントメディアに参画するメディアを13ジャンルに分け、メディアの配信に対するユーザーの満足度を独自の指標「エンゲージメントランク」でランキング化。年間を通して最も支持を得たメディアを「LINEメディア賞」として表彰しています。 2021年のNEWS AWARDSでは、光文社の「女性自身」が参画から6年にして初の受賞となりました。 前年までは、同じジャン

スキ
10

“デジタルに弱い”と自認する婦人公論.jp 1年半で“スピード受賞”できた理由とは

「LINE NEWS AWARDS 2021」にて、ユーザーから高い支持を得て「LINEメディア賞」の女性部門を受賞した「婦人公論.jp」。創刊は大正5年、100年以上の歴史を持つ雑誌ですが、Webでの展開を始めたのはわずか3年前、LINEアカウントメディアのスタートは1年半前のことでした。“スピード受賞”の背景には、歴史ある雑誌作りのノウハウを生かした配信記事の作成や、ユーザーの反応を見ながら続けた編成の試行錯誤、社内他部署への働きかけなど多くの要因がありました。婦人公論.

スキ
11