見出し画像

LINE証券が徹底している「安全のしくみ」

LINE上でお取引ができるスマホ投資サービスLINE証券。

今回はLINE証券をより安心・快適にご利用いただくために、LINE証券が行っている安全への取り組みについてご紹介します。

LINE証券専用の取引暗証番号の設定

画像3

LINE 証券では、LINEのパスワードとは別に、取引暗証番号の登録が必要になります。
そのため、スマートフォンを落としてしまったり、スマートフォンを第三者に開かれたりしても、取引暗証番号が必要となるため出金はできません。

資産の分別管理について

画像9

写真:アフロ

当社では、ユーザーの皆さまからお預かりする有価証券や預り金について、法令に従い「分別保管」を行っています。万が一、当社が経営破綻した場合でも、お預かりした資産はユーザーの皆さまに返還されます。

また、万が一の分別金の不足に備え、「日本投資者保護基金」にも加入しています。日本投資者保護基金は、ユーザーの皆さまが返還を受けられなくなった金銭と有価証券の価値(時価)を合計して、お一人当たり1,000万円を上限に補償されます。

個人情報の取扱いについて

画像9

写真:アフロ

個人情報保護担当部門は、取得する個人情報が必要最低限であること、利用目的の適切性、取得プロセスの適切性、重要情報の暗号化や保存期間の適切性、アクセス制御の適切性等の観点から確認や検証を行っています。

また、お預かりしている情報は、通信や保管の際には暗号化して安全に管理しています。お預かりしたデータは、法令および「特定個人情報の適切な取扱いに関するガイドライン」に準拠し適切に管理しております。

詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

本人確認が必要な理由について

画像9

写真:アフロ

LINE証券では「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に基づき、所定の手続きで本人確認を行っています。

本人確認をする目的は、犯罪組織のマネー・ローンダリング(資金洗浄)やテロ組織への資金流入を防ぎ、ひいては犯罪やテロの防止を図ることにあります。本人確認を強化することでお金の出所を明らかにし、その後の流れを追跡しやすくすることができます。

現在、LINE証券に限らず証券会社で口座開設する際には氏名や住居、生年月日の記載がある公的な書類が必要であり、LINE証券では「マイナンバーカード(顔写真付き)」または「通知カード(顔写真なし)」、「運転免許証」がそれに当たります。

マイナンバー提出が必要な理由について

スクリーンショット 2019-11-19 14.17.26

特定口座のお取引における税金の計算や納付、法律で定められている各種支払調書などの提出を税務署に行っているため、マイナンバーを提出していただく必要があります。

お預かりしている情報は、通信や保管の際には暗号化して安全に管理しています。お預かりしたデータは、法令および「特定個人情報の適切な取扱いに関するガイドライン」に準拠し適切に管理しております。

年収や職業の入力が必要な理由について

スクリーンショット 2019-11-19 14.12.28

私たち証券会社は、ユーザーの皆さまの意向と実情に適合した投資勧誘を行うため、ユーザーの皆さまの投資経験、投資目的、資力等を十分に把握することが必要となっています。
そのため、ユーザーの皆さまには、年収、職業を含めたユーザーの皆さまの情報の入力をお願いしております。ユーザーの皆さまの実情を正しく把握するため、正確な情報の入力をお願い致します。

また、上場企業とのご関係をお聞きする理由は、内部者取引(インサイダー取引)を未然に防止するため、ユーザーの皆さまが上場会社やその関係会社にお勤めの場合などに登録をお願いしています。

引き続きLINE証券ではいつでもお気軽にサービスをご活用いただけるよう、ユーザーの皆さまのご意見に耳を傾けながら、より使いやすい環境をご提供できるよう努めてまいります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

画像5

※LINE証券の公式アカウントが友だち追加されます。
※LINEアプリがインストールされているスマートフォンでご覧ください。
※本記事は特定の銘柄を推奨するものではありません。

画像6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご注意事項
■当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
■金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
■上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
■お取引に際しては、ご利用ガイドの内容をよくお読みください。
本ページに記載の内容は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、将来の投資成果を示唆または保証するものではございません。投資の最終決定はご自身の判断で行ってください。なお、使用するデータおよび表現等の欠落や誤謬につきましては、当社はその責を負いかねますので、あらかじめご了承ください。また、本ページの内容につきましては当社が著作権を有しております。電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、本ページの内容を当社に無断で複製、転載または転送等を行うことは、固くお断りいたします。

LINE証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号
加入協会/日本証券業協会

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
2
「LINE」と、「野村證券」の親会社である「野村ホールディングス」が共同で開発したスマホ投資サービスです。一般に難解なイメージがつきまとう”投資”や”資産形成”をわかりやすく、シンプルに。未経験の方でも気軽にはじめられます。公式サイト:https://line-sec.co.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。