見出し画像

信用取引の注文方法

信用取引に出てくる用語(反対売買/ポジション/建玉)

信用取引では、現物取引では馴染みのない用語も出てきます。覚えておきたい用語について確認し、実際の取引の方法を見てみましょう。

・建玉/ポジション
信用取引では、取引を実施して約定したけれど、反対売買をせずに取引をした株式をそのまま保有している状態を、「ポジション」「建玉(たてぎょく)」を保有している、と表現することがあります。

[資金を借りて株式を買う取引]ならば「買い建て」、その時持っている株式のことを「買い建玉」、[株式を借りて売る取引]ならば「売り建て」、「売り建玉」といった表現を使います。

信用取引では、差入れた担保、つまり保証金の約3倍まで資金や株式を証券会社から借りて取引することが出来ますが、実際に取引をどのように行うのか順に見ていきましょう。

※信用取引に関するメリットやリスクについては、信用取引のメリットとリスクをご覧ください。

・反対売買
信用取引で、約定時と反対の取引をすることをいいます。

資金を借りて株式を買った(新規買い)ならば、株式を売って借りたお金を返す(返済売り)ことを反対売買と表現し、株式を借りて売った(新規売り)ならば、株式を買って借りた株式を返す(返済買い)のことを反対売買と表現します。

決済は、売買代金の総額ではなく、買った代金と売った代金の差額でおこなわれます。


LINE証券の注文方法

LINE証券では、株式を購入する際に「価格指定注文(指値)」「成行注文」という2つの注文方法があります。

注文画面上部のタブをタップすることで「価格指定」と「成行注文」を切り替えることが出来ます。

画像1


・価格指定(指値)
株価が3,000円なら「売る」「買う」といった、自分が注文をしたい株の価格を指定して購入できる方法を「価格指定(指値)」と呼びます。

「300円の指値で1,000株の買い注文」「500円の指値で2,000株の売り注文」といった使い方をします。

300円の指値で買い注文を出せば、株価が300円以下、また、500円の指値による売り注文は、株価が500円以上にならないと注文は成立しません。

金額を指定できるため、思っていた価格と違うといった取引を避けることが出来ますが、市場の価格と合わないと一向に取引が成立しない可能性があります。

画像12

・成行注文
価格を指定せずに市場の価格にゆだねることを「成行注文」と呼びます。

早く取引が成立する可能性は高くなりますが、取引量が少ない場合や注文が殺到している場合、予想外の価格で取引が成立してしまうことがあります。

時間外に注文した場合は、翌営業日の初めの値段で取引が成立します。

画像12


信用取引の方法を確認しよう

LINE証券の信用取引は、「制度信用取引」と呼ばれる取引所が決めたルールで行う取引となっており、6ヶ月以内に決済しなくてはいけません。
※「一般信用取引」は現在扱っておりません。(2020/5/20時点)

信用取引の流れは大きく分けて下記の2つです。

①証券会社から借りたお金で株式を購入(新規買い) → 株式を売って、借りたお金を返す(①-1 返済売り) もしくは 借りていた現金を返済して株式を引き取る(①-2 現引き)

②株式を借りて売る(新規売り) → 株式を買って、借りた株式を返す(②-1 返済買い) もしくは 借りていた株式を返して代金を受け取る(②-2 現渡し)

画像12

それぞれの言葉と取引方法を順に見ていきましょう。


・①-1 レバレッジをかけて新しく株を購入したい時は、「信用新規買い」
新たに[資金を借りて株式を買う取引]を「新規買い」といいます。
新しくポジション(建玉)を保持することになるため、「買い建て」という言葉で表すこともあります。

保証金の約3倍までの株を取引することが出来るので、少ない資金でも大きな取引をすることができます。

LINE証券では、信用取引口座をご開設頂き信用取引設定をONにすることで、信用取引が可能な銘柄については銘柄詳細画面にて[取引する]ボタンが表示されます。
そこで[信用新規買い]を選ぶと、先程説明した注文方法を選択できる画面になりますので、自分の希望に適した注文方法と数量を選んで注文ができます。

画像3


・①-2 「新規買い」を決済する際に行う「返済売り」

「信用新規買い」からはじめたポジション(建玉)は、証券会社からお金を借りて取引をしているので、借りたお金を返済をする必要があります。

LINE証券の信用取引は、「制度信用取引」と呼ばれる取引所が決めたルール内で行う取引となっており、6ヶ月以内にポジション(建玉)を決済しなくてはいけません。
※一般信用取引は現在扱っておりません。(2020/5/20時点)

決済する方法は2つあります。「返済売り」「現引き」です。

「返済売り」とは、自分がお金を借りて買った株式(買い建玉)を売って、お金を返すことをいいます。

画像12

※上記の図では手数料などの諸経費は考慮していません

例えば、購入時に1株1,000円の株を1,000株(100万円相当)を、証券会社からお金を借りて「新規買い」し、返済する際に1株1,200円になっていたとします。
これを売ることで得られる金額は120万円相当となり、借りた100万円を差し引いた、差額の20万円を利益として得ることができます。

逆に、1株800円になっていた場合は、得られる金額が80万円相当となるため、20万円を追加で証券会社に渡す必要があります。


自分が現在保有しているポジション(建玉)は、TOPページにある保証金率と信用取引の評価損益合計が表示されているエリアをタップして表示される[保有ポジション]のページで確認することができます。(メニューやポートフォリオからも遷移できます。)

「新規買い」を行い、買い建てたものは[買建]として表示がされています。

そこで決済を行いたい銘柄をタップすると、ポジション(建玉)の詳細が表示されますので、「数量指定で決済」もしくは「全決済」もしくは「現引」が可能です。

画像12


・①-3 「新規買い」をした株式をそのまま保有したい場合は、「返済売り」ではなく「現引き」
「信用新規買い」を行なったポジション(建玉)を「返済売り」する以外の決済方法として、株式を売却するのではなく、手元にある資金を支払って株式を受け取る「現引き」と呼ばれる返済方法があります。

思っていたような株価の動きではなかったけれど、6ヶ月の期限を迎えてしまうから、そのまま株を持ち続けたい・・・という時は、この「現引き」の仕組みを利用することで、現物の株式として保有することができます。

少ない資金で信用取引を使っていたが、資金に余裕が出来たので現引きをする、といった使い方もあります。

「現引」で決済したい場合も上記の同じ画面から選択が可能です。


・②-1 相場が下がりそうな時は、信用新規売り
[証券会社から株式を借りて売る取引]を「新規売り」といいます。
売る株式を借りて売りの取引を行うため、「売り建て」や「空売り」という言葉で表すこともあります。

現物取引にはない、「売り」から始める事ができるため、相場が下がる時も利益を狙うチャンスがあります。

LINE証券では、銘柄の詳細画面から[取引する]をタップして、取引方法で[信用新規売り]を選ぶと注文方法と数量を選ぶ画面になりますので、こちらから注文ができます。

画像6


・②-2 「新規売り」を決済する時に行う「返済買い」
「信用新規売り」からはじめたポジション(建玉)は、証券会社から株式を借りて取引をしているので、こちらも借りた株式を返済をする必要があります。

決済する方法は2つあります。「返済買い」「現渡し」です。

「返済買い」とは、自分が借りて売った株式(売り建玉)を買い戻して、株式を返すことをいいます。

画像11

※上記の図では手数料などの諸経費は考慮していません

例えば、1株1,000円の株を1,000株(100万円相当)を証券会社から借りて「新規売り」を行い、返済する際に1株800円になっていたとします。

800円の株を1,000株購入する際に必要となる金額は80万円相当となり、80万円で借りていた1000株を返すことができるため、差額の20万円を利益として得ることができます。

逆に、1株1,200円になっていた場合は、購入する際に必要となる金額が120万円相当となるため、20万円を追加で証券会社に渡す必要があります。

売建玉は、保有ポジションのページで[売建]として表示されます。
そこで決済を行いたい銘柄をタップすると、ポジション(建玉)の詳細が表示されますので、「数量指定で決済」もしくは「全決済」もしくは「現渡」が可能です。

画像8


・②-3 「新規売り」をした株式を、現物で持っていた場合は、「現渡し」もできる
「信用新規売り」を行なったポジション(建玉)を「返済買い」する以外の決済方法として、手元にもともあった同一銘柄・同一株数の株式を証券会社に返済する「現渡し」と呼ばれる返済方法があります。

株主優待のために買って持ち続けていた株などを利用して、借りた株式を返済することで、信用取引で「返済買い」をしなくても決済ができます。

「現渡し」で決済したい場合も上記の同じ画面から選択が可能です。


信用取引をやってみよう

信用取引は難しそう…と思っていた方も、概要を理解すればかんたんに取引することができます。

特にLINE証券では、分かりやすさを第1に考えているため、画面上でも難しい単語が少なく、画面上の難しい単語には(?)アイコンがついており、クリックするとその都度説明を見ることができます。

ただ、信用取引は、メリットもある反面、やはりリスクもあります。
基礎知識もしっかり理解して、余裕のある取引を行いましょう!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━

口座開設はこちら

※LINE証券の公式アカウントが友だち追加されます。
※LINEアプリがインストールされているスマートフォンでご覧ください。
※本記事は特定の銘柄を推奨するものではありません。

画像10

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本ページに記載の内容は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、将来の投資成果を示唆または保証するものではございません。投資の最終決定はご自身の判断で行ってください。なお、使用するデータおよび表現等の欠落や誤謬につきましては、当社はその責を負いかねますので、あらかじめご了承ください。また、本ページの内容につきましては当社が著作権を有しております。電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、本ページの内容を当社に無断で複製、転載または転送等を行うことは、固くお断りいたします。
ご注意事項
■当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
■金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
■上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
■お取引に際しては、ご利用ガイドの内容をよくお読みください。

金融商品取引業者 LINE証券株式会社 関東財務局長(金商)第3144号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ嬉しいです!
13
「LINE」と、「野村證券」の親会社である「野村ホールディングス」が共同で開発したスマホ投資サービスです。一般に難解なイメージがつきまとう”投資”や”資産形成”をわかりやすく、シンプルに。未経験の方でも気軽にはじめられます。公式サイト:https://line-sec.co.jp

この記事が入っているマガジン

信用取引の使い方
信用取引の使い方
  • 3本

これだけはおさえておきたい!信用取引の魅力から実際の取引方法までをご紹介します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。