デジタルアイテムのフリマ? NFTマーケットってなに?
見出し画像

デジタルアイテムのフリマ? NFTマーケットってなに?

ブロックチェーンや暗号資産に興味がある方であれば、一度は「NFT」や「NFTマーケット」という言葉を聞いたことがあると思います。

NFTは現在、ゲームやアート、不動産などの分野で活用されはじめ、NFTマーケットはデジタル上の情報の価値に大きな革命を起こしつつあります。

そんなNFTとは?NFTマーケットとは?についてわかりやすく解説します!

そもそもNFTってなに?

そもそもNFTとは、Non-fungible Token=代替不可能なトークンの略であり、ブロックチェーン上で発行された唯一無二で代替不可能なデジタル上のトークンです。

まずはNFTのT、トークンについて説明したいと思います。

トークンとは一般的に、

「価値を含んだ媒体」のことです。具体的には、通貨に限らず証券、チケット、スタンプ、ポイント、クーポンなどのことを指します。
ーいちばんやさしいブロックチェーンの教本(2017年 杉井)

といわれています。

現在、私たちが生活する空間に存在するお金や証券、チケットなどは、簡単に複製することができないため、そのものに価値が含まれています。実在するものに価値を含ませることはできても、デジタル上のデータは複製が容易であることから、ブロックチェーンが誕生する以前はデータそのものに価値を含ませることは困難でした。

画像2

しかし、価値を保存する手段であるブロックチェーンが誕生したことで、データがどんなもので、どこからきて、現在誰のものなのか、というような情報を含めることが可能になりました。ブロックチェーン上で管理をすることで、改ざんなどによる複製がないことが保証されるため、データに価値を含ませることができるようになったのです。

このようにブロックチェーン上で管理され、価値を含んだデジタルのデータこそがNFTのT、トークンにあたります。

続いてNFTのNF「代替不可能」を噛み砕いていきます。

みなさんの身の回りのものには「代替可能なもの」と「代替不可能なもの」があります。

例えば、コンビニのおにぎり、おかね、量販店の服などは、どれも価値が同じです。
みなさんの持っている一万円札を友人が持っている一万円札と交換しても価値は変わりませんよね?

画像4

このように交換でき、固有のものによって価値が変動しないものが代替可能なものといわれます。

そして代替可能なデジタル上のデータをFT(fungible Token)と呼びます。
あなたのもっている1BTCを誰かの1BTCを交換しても価値は変動しませんよね。

画像4

ビットコインなどの暗号資産はFTの代表例です。

💴

一方、オーダーメイドでつくった一点ものの家具、友人にもらった思い出の服、絵画などは唯一無二でなにかと交換することはできません。
例えばピカソの絵と、模写した絵とは同価値ではありません。

画像5

このように、一点もので、交換ができず希少性があるものを代替不可能なものといいます。
そして代替不可能なデジタル上のデータを、NFT(Non-fungible Token)と呼びます。

例えば、オンラインの戦闘ゲームで使っている剣に、オンラインゲームで有名な刀鍛治によって作られ、何度も戦いを経験したLV97の剣である、というデータをブロックチェーン上で管理することで、その剣のデータに唯一無二で交換が不可能な価値をつけることができるのです。

2020年に大ヒットした「あつまれどうぶつの森」では、それぞれのキャラクターごとに性格の差はありますが、同じキャラクターであれば誰の島の住民でも差はありません。もし、どうぶつの森のキャラクターがNFT化された場合、同じキャラクターでも育て方や島の環境によってスキルや性格が少しずつ変わってきたり、年齢が違ったりなど、個体ごとの差をつけることができるかもしれません。

🌳🐱🌳

その名のとおり、NFTの売買ができる市場が「NFTマーケット」です

昨年、Twitterや掲示板などではあつまれどうぶつの森の人気のキャラクターを求める投稿がみられました。一部ではキャラクターと現金をやり取りするような取引もあったそうです。いわゆるキャラクターの裏市場ですね。

Twitter 例

正式にこのような取引ができるのがNFTマーケットです。

ブロックチェーン上でNFTとして管理されているデータを、ユーザー同士で売買する場を提供します。ユーザー間でNFTの売買が成立すると同時に、ブロックチェーン上のスマートコントラクトによって所有権の移転が行われます。ユーザー同士で売買を行うフリマアプリ、メルカリをイメージしていただけるとわかりやすいのではないでしょうか?
自分が使っていた武器を誰かに買い取ってもらったり、武器の強化が得意なプロゲーマーが強化した武器を購入することもできるのです。

画像6

もしどうぶつの森のキャラクターがNFT化されたら、自分の島にいるキャラクターを誰かに売ることができたり、憧れの人が育てたキャラクターを購入することもできるかもしれません。好きなアイドルの島にいたことがきちんと証明されているキャラクターが自分の島に引っ越してきてくれたら…ワクワクしてきませんか?

🎮

今回はゲームの事例を用いて説明しましたが、ゲームだけでなくトレーディングカードや不動産、アートの分野などでも注目されています。実際、イーサリアムブロックチェーン上のデジタルアートが高額で売買されたことも記憶に新しいのではないでしょうか?

今後もさらなる活用が期待されるNFTやNFTマーケット。LINE Blockchainには現在NFTマーケットの機能はありませんが、LINE Blockchain上で発行されたNFTをLINKを通じて自由に売買できるマーケットは絶賛企画中です!ぜひご期待ください。


最新情報お届け中🌟

LINE Blockchainをよろしくお願いします☺️
LINE Blockchainの公式noteアカウントです。LINE Blockchainに関するサービス・製品・事例・裏話やLINE BITMAX Walletの使いかたを発信します。 導入のお問い合わせはこちら👉 blockchain_biz@linecorp.com