見出し画像

海外出張で一気に上司と仲良く 運 極レア完動品探し当てた イングランド サルコンブの有名ヨットクラブ100周年記念の懐中時計 ポートベローの骨董市 海外旅行·海外出張の小ネタ イギリス ロンドン ~当たり前過ぎて意識しなくなっていること

Lincoln

 ちょっとしたキッカケで上司と親しくなれた話です。

【欧州担当の役得】
 半導体のセールス&マーケティングで欧州を担当していた時の話です。 

 その辺りは以下もご覧になって下さい。

 一年の半分は欧州各国を回っていました。欧州の販売パートナーの本社がイギリスに有ったので天候の悪い冬場を避けて、春と夏休み後半からクリスマスまでという感じで3年間活動していました。

 そのような生活になる直前に上司と欧州圏での販売をお願いする販社さんにご挨拶にお伺いした時です。販社さんとのセールス&マーケティング会議も成功裏に終わり、半日の空き時間ができました。そこでその上司の方の希望で骨董市で有名なポートベローマーケット/Portobello Road Marketを訪れました。

 ロンドンのポートベローについては、ご興味有れば以下もご覧になって下さい。

 ちなみにマーケットや骨董市以外にもウエストボーン・グローブ(Westbourne Grove)のカフェやブティックなんて変化球も有ります。

【運が良い】 
 この後長いお付き合いになる上司は、懐中時計とそれに付けるチェーンがご所望でお店を時間を掛けて数軒周りました。お互い技術者出身なので懐中時計の技術についての店主の細かい説明も新鮮でとても楽しい時間でした。
 2時間お店を巡ったでしょうか、急に腹痛がして上司を置いてトイレに行きました。当時の海外は結構トイレに困ります。ポートベローもご多分に漏れず地下の奥にあるトイレを案内されました。お世辞にも綺麗とは言い難いトイレでした。多分3年間の欧州·中東でのセールス&マーケティング活動で2番目に残念なトイレでした。

 ちなみにぶっちぎりの残念なトイレ話も宜しければ以下で。

 トイレを使ってのでうんが巡ってきたのでしょうか(失礼)、

運と勘としつこさ

の人生。当時は携帯電話等なく、上司の行きそうな店に当てずっぽうで行ったら一発で上司が見つかりました。正に骨董のOMEGAの懐中時計とチェーンを買っているところでした。上司が候補に上げたが買わなかった十数個の懐中時計がカウンターに並べて有りました。上司が絶対価値出るから買って行けと強く勧めてくれました。
 私も時計好きでしたので
(と言っても親がハワイ土産に買ってきてくれたLONGINESの腕時計を一本とアメリカ駐在中にCOSTCOで買ったTAGHeuer位しかありませんでしたが)

 戯れに買ってみるか

と上司の選んた時計を一つ一つ吟味。結局2個選びOMEGAかLONGINESかで迷っていました。確か200ポンド、銀の鎖が50ポンド程度で、骨董とは言えたかが相当古い中古時計にお金使うかという気持ちも心によぎりました。当時の為替レートはポンドは特に高くて200円程度だったかと。両方大人買いする勇気もなく日本に居る吾妹のやりくりの苦労も。

 その時、なんとなく裏側をひっくり返して見るとEarly LONGINESに

100th Anniversary Salcombe Yacht Club

と銘が。

当たりだ!

研究員としての社会人スタートして本社に行き海外担当までなって来た英国。記念に買うか。運と勘で探し当てた逸品。

 後に契約した欧州担当の販社の方に訊くと名門ヨットクラブとのことでした。

 以下のSalcombe Yacht Club (イングランド サルコンブのヨットクラブ)についての紹介も参考になさって下さい。


 今でも活発な営業をされています。


 しかも探し当てた懐中時計にある100周年記念に編纂された Salcombe Yacht Club 100年史というに冊子有りました。

凄い

宜しければ英国名門ヨットクラブの雰囲気と歴史を以下で楽しんで下さい。

 大満足でした。

 この件で上司ととても親しくなりました。お酒の席では
「トイレに行ってる間に俺か選んでやって、その中から当たりを引きやがった(笑)」
等とイジりのネタにされました。

楽しい思い出です。

蛇足
 その懐中時計、今も大切にしているつもりなのですが、実は度重なる引っ越しでどの荷物に入って居るか不明の状態です。年金生活になったらゆっくりと荷物を整理するつもりなので、その時までのお楽しみですかね。(笑)

この記事が参加している募集

マーケティングの仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!