見出し画像

なちゅらる に過ごす日。

ナチュラルにいるのが、好き。

締め付けないお洋服を着て

髪もふわっとおろしてきっちり櫛を入れず

お化粧をしないで 少しだけ太陽の光を浴びる

勝手に耳に入ってくる音だけを聞いて

勝手に目に入ってくるものだけを見る

身体が求めるままに ごはんを食べて

そしてまた求めるままに眠りにつく

飾らなくて 気張らなくて 作らない

ただ ただ 自然に身をまかせる、
そんな1日を過ごしに行こう。

誰にも邪魔されず 自分が本当に在りたい自分のままで過ごせる

そんな1日を、たまには作ってあげてもいいんじゃないの。

ゆい

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキを押してくれるあなたに感謝。
5
何気ないそのときを、切り取ってみよう。味気ないまいにちにも、よくよく見たらちょっぴり素敵なストーリーがあるかも。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。