イベリスの箱庭

8
記事

予言の花

※この作品は、オリジナル小説【イベリスの箱庭】に繋がる前日譚を描いた短編小説です。 序 …

イベリスの箱庭 ~あらすじ~

西暦2034年。国際連盟より世界特殊事象研究機構にとある無人島の調査依頼が舞い込んだ。調査対…

イベリスの箱庭 ~第1章~

序 -炎に消えた少女の祈り- 西暦 1035年  眼前に広がる赤い景色。夕暮れでもなく、朝焼け…

イベリスの箱庭 ~第2章~

8 -もうひとつの思い-  ベースの設営をしていた玲那斗は誰かが自分の名前を呼んだ気がし…

イベリスの箱庭 ~第3章~

15 -星の城と約束の塔-  島に上陸して二日目は前日の会議での決定通り、全員がそれぞれの…

イベリスの箱庭 ~第4章~

24 -領土拡大戦争「レクイエム」-  少女が姿を消した後、玲那斗は今からの行動についてす…

イベリスの箱庭 ~第5章~

31 -一年後-  西暦2036年某月。あれから一年の月日が経った。怪現象を見事解決に導いたマ…

小説「イベリスの箱庭」ー設定資料集ー

この設定資料集には物語のネタバレが多数含まれます。本編をご一読頂いた後に参照されることを…