見出し画像

回収ネットジラーチサンダー

どうも、こんにちはリリーです。
前回はパルスワンアーゴヨンの有料記事を執筆しました。
たくさんのご購入ありがとうございました。
反逆クラッシュ環境に適応したレシピも載せていますので、よければそちらの方もどうぞ。

今回は私が大好きなジラーチサンダーを組みました。
昨シーズンではシティリーグと新潟CLで使用し、今シーズンでもシティリーグで使用しました。
しかし、ネストボールハイパーボールカプ・コケコGXグズマ等がレギュ落ちした今、ジラーチサンダーを組むのは以前と比べると非常に難しくなりました。
そんな中、ジラーチサンダーを組むきっかけを与えてくれたのは友人の大田夏央くんでした。
彼の構築と私の構築は全く違うものですが、回収ネットで回すというコンセプトは共通しています。

ジラーチサンダーは入れ替え手段が必要不可欠なデッキです。
前レギュの構築でいうところのポケモンいれかえあなぬけのヒモグズマが挙げられます。
以前のジラーチサンダーはこれらのカードが合計で6~8枚は採用されていました。
現レギュではポケモンいれかえしか存在せず、6~8枚の枠を埋めることが出来ませんでした。
そこで、回収ネットの登場によりその枠を埋めることが可能になりました。
また、回収ネットは非エクのポケモンのみを手札に戻すことが出来ます。以前から非エクのポケモンで構成されていたジラーチサンダーとは非常に相性が良いです。
また、反逆クラッシュで登場したスピード雷エネルギーも非常に相性が良いです。

無料記事だから言えることなのですが、このデッキはドラパルトVMAXデッキに勝つことが出来ません。
JCS前にはムゲンダイナが収録され、ドラパルトVMAXが環境からいなくなると予想できるので将来性はあると思います。(どくタイプはあくタイプに統一され、ドラゴンタイプは廃止されたため)
それでも読みたい方に向けて、早速デッキの紹介をしていきたいと思います。


1.デッキ解説

デッキコード NngnQN-1Zkx9j-ngNnNn

画像1

こちらがレシピとなります。
そのまま各カードの採用理由を書いていきます。

ポケモン

・ジラーチ 3枚

画像2

なるべくスタートしたいのと、盤面に2枚置きたいことから3枚採用。本当は4枚採用したいです。

・サンダー 3枚

画像3

このデッキのメインアタッカーです。前レギュではボールを厚めに採用出来たのとスタートしたくないこともあり2枚採用でした。現在ではボールの種類が少なく、素引きしたいため3枚採用です。

・カプ・コケコV 1枚

画像4

カプ・コケコGXほど強いカードではないですが、手札にカウンターゲインorサンダーマウンテン◇orカプ・コケコ◇orカプ・コケコV があれば、メイ1枚でサンダーボルトまで繋げることができます。
逃げ0なのでサンダーと相性がよく、アサルトサンダー+サンダーボルトで280出るのもタッグチームを見れて良いです。

・ミミッキュ(妖) 1枚

画像5

三神をワンパンするためだけでなく、数少ない高火力を出すことが出来るカードの一枚です。妖エネ+カウンターゲイン、又は妖エネ+せんじんのまいで動きます。まねっこを打つ準備はメイで揃えることが出来ます。

・マーシャドー&カイリキーGX 1枚

画像6

主にピカゼクやストリンダー戦で活躍します。マッシブーンと違う点は好きなときに120出せる点です。
好きなときに返しでデデンネGXをワンパン出来るのも強いです。くろおび+基本エネ、又は闘エネ+カウンターゲインで動きます。上手くいくと闘エネ+くろおび+せんじんのまいで、ひゃくれつインパクトやごうけつのきわみGXに繋げることも出来ます。

・ヤレユータン バリヤード ジラーチ◇ 1枚ずつ

画像7

画像8

画像9

ベンチ枠がそこまで埋まらないためこのギミックが通りやすいです。このギミックのおかげでサイドを3-2で取れば勝てるようになります。このギミックがないと三神ザシアンに勝つのはとても厳しいです。サイドにジラーチ◇を置いた後にサイドを取る時は、すぐにジラーチ◇を取らないようにしましょう。リセットスタンプで引ける枚数が減ってしまいます。ヤレユータンは置き得なので置けるなら早い段階から置きましょう。

・カプ・コケコ◇ 1枚

画像10

カプ・コケコV、ミミッキュ、マシャリキを動かすときに使うことが多いです。トラッシュのエネをサンダーにつける動きももちろん強いです。

・デデンネGX 1枚

画像11

本当は採用すらしたくなかったのですが、事故ったときや最後にこのカードを引けたら勝ち!みたいな場面で使いたいことが多かったので採用しました。
ビリリターンGXもたまに使います。普通に強いワザです。

・マーシャドー 1枚

画像12

サンダーマウンテン◇を安全に貼るためだけに採用しました。ツールスクラッパーがフィールドブロアーだったらこのカードを採用することはなかったことでしょう。

グッズ

・クイックボール 4枚

画像13

ネストボールが欲しいです。
このデッキにコストで切りたいカードがあまりないため、なかなかシビアです。
ですが、そんなことは言ってられないないので4枚採用です。

・ポケモンいれかえ 回収ネット 3枚ずつ

画像14

画像15

ポケモン入れ替えと回収ネットの合計枚数は6枚と決めていて、4-2採用と2-4採用も試しました。
3-3採用が一番しっくりきたのでこの配分です。言語化出来ずに申し訳ありません。
回収ネットについてですが、入れ替えと違ってこのカードでジラーチを回収すると、戻したジラーチでもう一度ねがいぼしを使用出来るのも面白いです。
スタートしたジラーチ◇を回収したり、邪魔なポケモンをベンチから消したりと使い方は様々です。
ただし、回収するポケモンに付いているどうぐやエネルギーはトラッシュされてしまうのでそこは注意が必要です。

・エスケープボード 2枚

画像16

ツールスクラッパーがあるため2枚採用にしました。ジラーチに貼れなかったとしても、逃げ0のポケモンを作り出すだけでもデッキの回転率は上がります。

・カウンターゲイン くろおび 1枚ずつ

画像17

画像18

主にカプ・コケコV、ミミッキュ、マシャリキに使います。デデンネGXでビリリターンGXを使うこともたまにあります。どちらもメイで確定サーチ出来ます。

・エレキパワー 4枚

画像19

アサルトサンダー80、サンダーボルト200
もちろん強いのですが、少し物足りない数値ではあります。そんな数値を補う際にこのカードは必要不可欠です。

・ツールスクラッパー 1枚

画像20

一番剥がしたいのはピカゼクのおまもりです。このカードがないとピカゼクをワンパン出来ません。あとはザシアンVのフライパンやおまもりも剥がしたいです。まねっこブレイブキャリバーで落としたいのと、コケコVのサンダーボルトをエレキパワー1枚で落としたいです。

・ふつうのつりざお 1枚

画像21

レスキュータンカと比べると使い勝手は悪いですが、つりざお→メイでポケモンを持ってきたり、メイ→つりざお→クイックボールでサーチしたりすることで擬似的なレスキュータンカになります(?)

・グレートキャッチャー 1枚

画像22

メイでサーチできるグレートキャッチャーは非常に強力です。縛ったり、詰めで使ったりと用途は様々です。体感デデンネGXを引っ張ることが多いです。

・リセットスタンプ 1枚

画像23

マリィがあるので1枚採用です。メイで持ってくるグッズランキングTOP3に入ります。非エクのリセットスタンプは強いです。最近は手札を減らしても、盤面が完成されていてどうしようもないことが多々あるのは事実ですが…。

サポート

・シロナ マリィ 4枚-3枚

画像24

画像25

博士の研究はピン採用のカードや、終盤に使うカードを切ってしまう可能性があるため不採用となりました。
シロナは相手がマリィを使ったあとのリフレッシュにもなります。現プールでは博士の研究以外にマリィの縦引き5枚以外に引ける現実的なカードがありませんでした。もちろん相手の手札を減らせるのも強力ですよね。
デンジは試したのですが、あまりにも弱かったのでやめました。エリカのおもてなしは試して少し強かったのですが、序盤に弱いのと事故や種切れに繋がることがあったのでやめました。

・メイ 3枚

画像26

このデッキの潤滑油。カウンターデッキには欠かせないカードです。4枚採用したいくらいですが、序盤に手札にあることがあまりにもノイズだったので3枚にしました。

・ボスの指令 2枚

画像27

「前レギュでグズマは3~4枚だったのにボスは2枚でいいの?」
私もそう思っていました。このデッキでこのカードを使うとわかるのですが、ボスの指令は盤面が整っている状況以外でとても使いづらいです。システムを毎ターンのようにグズマで狩り続ける前レギュの動きは簡単に出来ません。
それに加え、現環境ではタッグチームやVMAXが前に突っ張ってきます。
3-2-ジラーチ◇や3-2-1のサイドプランをとる際に前を倒せば良いことが多く、2や1を取る中盤以降にしか基本的には使いません。

スタジアム

・サンダーマウンテン◇ 1枚

画像28

主にカプ・コケコVを起動させるために採用しています。
サンダーがエネなしで動かせると、回収ネットで回収するときにエネをトラッシュせずに済んだりします。

エネルギー

・基本雷エネルギー スピード雷エネルギー 5枚-3枚

画像29

雷エネルギーは合計で8枚欲しいと考えています。せんじんのまいやメイでサーチする関係上、基本エネは最低5枚欲しいと感じました。よってエネ枠の関係上スピードエネは3枚です。本当は4枚採用したいくらいです。

・基本妖エネルギー 基本闘エネルギー 1枚ずつ

ミミッキュとマシャリキを動かす際に必要なエネルギーです。特殊エネだとメイでサーチ出来ないので基本エネにしました。


2.デッキの動かし方

後攻を取ります。
基本的な動きは普通のジラサンと全く同じです。
現環境がほとんどタッグチームかVMAXなので、基本的なサイドプランは3-2-1か3-1-1-1となります。ジラーチ◇を挟むと3-2-◇か3-1-1-◇です。

〇アルセウス&ディアルガ&パルキアGX+ザシアンV
サイドプランは3-2-◇です。この対面はやることが決まっています。
まず、ジラーチ◇をサイドを5枚取るまでにサイドに埋める必要があります。
アルティメットレイをまねっこして、カプ・コケコVにエネルギーをつけながら三神をワンパンします。
そうすると、ザシアンVはミミッキュを取らざるを得なくなります。返しでエレキパワー1枚を使ってサンダーボルトでザシアンVを倒してゲームエンドです。

〇ストリンダーVMAX
サイドプランは3-2-1か3-2-◇です。ストリンダーVMAXには回復札が採用されていることが少ないので、2~3回殴ってストリンダーVMAXを倒してからデデンネGXやパルスワンVを倒してゲームエンドです。練習ではジラーチ◇のプランを取らずに3-2-1でも全然間に合いました。

〇ピカチュウ&ゼクロムGX
サイドプランは3-2-1か3-2-◇です。マシャリキがいるので簡単に勝てます。ミミッキュでフルドライブをまねっこする動きも強いです。

〇リザードンVMAX
サイドプランは3-3か3-1-1-1か3-1-1-◇です。
回復札が少ない山だと想定しています。
3-3が一番取りやすいです。
サンダーで殴っていき、コケコVで1枚目を取ります。
コケコVを倒すために、2枚目のリザードンVMAXでキョダイゴクエンを使って倒してくるのでまねっこして300乗せます。こちらはリザードンVMAXを倒して、相手はサンダーが2体とコケコVが倒しているのでサイドが負けていてゲインも動きます。そのまま殴って勝ちです。3-1-1-◇のプランが取れるならもう少し楽です。1-1はボルケニオンとジラーチを取る事になると思います。練習では負けることはほとんどなかったです。

〇ひのたまサーカス
ジラーチを取ってサイドを稼ぎます。
こちらがHP120のズガドーンを取るのは大変ですが、相手もサンダーを毎ターン倒すのは大変なことです。相手はザシアンVやオドリドリGXを出すことがあり、こちらにはジラーチ◇のギミックもあるため、サイドレース的にもこちらが有利だと思います。
マリィで妨害しながら戦いましょう。

〇ドラパルトVMAX
勝率は1割以下です。ドラパルトVMAXが環境からいなくなるのを待ちましょう。無料記事なので、ドラパルトVMAXに勝てないデッキを紹介していますが怒らず暖かい目で見守ってください。


3.採用検討カード

枠があったら採用したいカードを紹介します。

・ミュウツー

画像30

回収ネットと相性がよく、マリィのケアにもなります。ボールがサポートになるのはもちろん強いのですが、ドラパルトVMAXに採用されているミュウツーと違ってミステリートレジャーがないため若干使いづらく不採用としました。

・ウツロイド

画像31

GX権を使うことがほぼないので、ナイトキャップでGX権を使ったり高火力を出したりしたいことがたまにあります。
ただ、エネルギーの噛み合せが悪いので不採用としました。枠があるならこのカードと超エネを採用したいです。特殊エネ型のジラーチサンダーならこのカードは必須になるでしょう。

・デンジュモク

画像32

1エネで120出るのがとても強力で、VMAX相手やひのたまサーカス相手に非常に活躍する一枚です。
枠があれば一番採用したいカードです。

・ギラティナ

画像33

特殊エネが多く採用されている現環境に刺さるのではないかと思っている一枚です。回収ネットとも相性が良いです。ギラティナなのに逃げエネ1なのも良いですね。

・ソニア

画像34

ジラーチとサンダーを置く等、ベンチを並べることが出来ます。ヤレユータンが場にいればバリヤードとジラーチ◇をサーチして一気にギミックを決めることも出来ます。


4.終わりに

このデッキは想像の数倍は使っていて楽しいです。
クルクル回り、考えることがとても多いため頭を使い、ドラパルトVMAX以外にはわりと勝てます。
以前にジラーチサンダーを使っていた方には是非使って見て欲しいデッキです。
オフシーズンにはもってこいのデッキですよ。
質問等ありましたら気軽にDMしてください。外出自粛中で暇なのでなんでも答えます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
19
PokémonTCG