見出し画像

𝚂𝚘𝚂📲「第三者への夫のキレ方に、大パニック」男性がキレた時、どう対応するのがベストなのか。

こんばんは🌙

シンバさんとの🐕お散歩帰りです。寒いですね。

そして、街からまた人が...ガランとしています東京。

昨日は朝から、アメリカの狂った事件に唖然となり、

日本ではまたまたコロナの緊急事態宣言が出て..

なんだろうなぁ、withコロナの時代に入ると

わかってはいたものの、2020年が終わったことで

勝手に区切りがついた(つけたかったのかな? と

思い込もうとしていたところがあったので、

やっぱり衝撃を受けました。

皆様は、元気ですか??

ここには医療従事者の方もとても多く、

皆様、本当に日々大変なことと思います。

心から、世界のために戦ってくださって

本当にありがとうございます。涙

こういう時に、ああ、文筆業って..と

自分の役不足感に不甲斐なさを感じたりもしますが、

それぞれの持ち場で頑張っていくことが未来の光に

繋がりますよね!!子育ても同じ。

子供達って、未来そのもの。

新年早々暗い・どこからクレイジーな

ニュースが続きますが、心の元気だけは奪われることなく!

#子供達が直で見ているこの背中  ですので!

明るく前向きに歩いていきましょう♡

さて、タイトル。

本当はもっと早くお返事を書きたかったのですが、、

ずっと頭の中にありました。

女性にとって、自分より力の強い・体の大きい

男性がキレている=それだけでもう!

きっと男性には

想像ができないほどの

怖さがあるものです。

相談者様からの

お便り、ご紹介します。

🐕🌙✨✨

この続きをみるには

この続き: 3,536文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
売り上げの一部を、支援が必要な子供達のために活動する団体に寄付させていただきます。一年の終わりに、ノートでご報告致します。

髪は常にボサボサ、 イケてた自分は過去の話、 メイクしてる他のママは 別惑星のセレブに見える余裕のなさ...、 出産までは最愛だった夫が …

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

決して安くない月額制の保健室への参加、本当にありがとうございます。こちらのサポート機能は、支援が必要な子供達のための募金箱として使います🎁募金したい時にお使いください。一年の終わりに代理で寄付させて頂きます(noteでご報告しますね)

ありがとう🌙
19
作家。39歳。蠍座。横浜生まれ。NY、FLでの海外生活を経て上智大学卒。25歳でデビュー。著書多数。最新刊は「別ればなしTOKYO2020」(幻冬舎)。「VERY」「Otona Muse」連載中。東京在住。11歳&9歳の母。www.lilylilylily.tokyo