見出し画像

経験の浅さが招いた危機<LIFULL SPACE STORY#5>

< LIFULL SPACE STORY#4>←

LIFULLの先輩たちに助けられ、産声をあげた事業

画像2

話を新規事業開始時に戻そう。(前の話は、LIFULL SPACE STORY#1

僕はLIFULLに入社以来、営業経験しかなく、サイト制作についての知識は、ほとんどなかった。しかし僕の新規事業は「トランクルームのポータルサイト」が欠かせないものであり、もちろんサイト制作はその根幹にある。そのため、社内の色んな方に時間もらい、教えていただいたり、休日もサイト制作についての本を読んだり、HP作成セミナーに参加したりと、とにかく自分ができる全てを習得しようと無我夢中で勉強した。

やっとの思いでサイトが完成し、リリースも2日前に迫った時、重大なシステムエラーが発覚し、この状態では世の中に公開することができない・・・ということが判明した。

すでに予算の1/3ほどを使ってしまっている。

自分で言うのも何だが、鈍感力の高い僕でも、流石にやばい・・・・と思った。

サイトをリリースしても、少し経ったら資金ショートで事業終了という状況にだけなるのは絶対に嫌だ。

思えば、入社3年目という僕自身の経験の浅さが、この状態を招いた。僕は営業しかやったことがなかったし、サイト制作などに対する理解が浅すぎた。

心が折れかけていた時に、助けてくれたのはLIFULLの様々な部門の先輩たち。「いいアイデアだから絶対に実現させよう!」「熱意持ってやってるやつみると応援したくなるんだよね!」と、タスクフォース的に集ってくれた。自身の業務を調整して手伝ってくれる方や自分の業務が終わった後や休日に手伝ってくれる方もいた。震えるほど嬉しかったし、絶対成功させなきゃという思いが強くなった。

何が問題だったのか、そもそも目的の共有、今までの経緯を遡るためにメールのやりとりなど、約1,000枚の資料を見ながら1週間ほど朝から晩まで缶詰で会議をし、再度数ヵ月かけてサイト制作をして何とか無事リリースすることができた。

「熱意を持ってチャレンジする人を応援しよう」「困っている人がいたら助けよう」など、このときほどLIFULLの社是である「利他主義」を感じた瞬間はない。

この時、ジョインしてくれたのが、今LIFULL SPACEで取締役を務めている山崎だ。

多くの人たちの力を借りて、2013年10月22日「HOMES トランクルーム(現LIFULLトランクルーム)」はやっと産声をあげた。そして半年後に歴代最短で黒字化に成功。その2年後にはトランクルーム掲載数NO.1を誇る日本最大級のサイトとなった。

半年後に黒字化できた理由

画像3

短期間で黒字化できた理由を、取締役の山崎はこう分析する。

成功のカギは3つの要素だった。
1.市場規模とタイミング
2.迅速なリレーション構築
3.人 

【1.市場規模とタイミング】
トランクルームの広告市場規模は大手ポータルサイトが参入する水準にはなく、先行者利益を得ることが可能だった。しかし、マーケットのポテンシャルは高く、日本ではこれからというタイミングでサイトを立ち上げたことが良かった。

【2.迅速なリレーション構築】
多くのトランクルーム運営会社様が広告媒体を求めており、そこにニーズがある事を代表の奥村は確信していた。奥村はそのニーズに丁寧に向き合い、関係構築に奔走することで迅速にリレーションを構築することができた。

【3.人】
予算が限られる中で新規事業立ち上げを成功させる必要があった僕たちにとって、自分と代表である奥村の得意分野が見事に分かれていて、二人とも幅広く開発と運営業務に対応できた事は成功のカギだった。
初期の開発運営コストを最小限に抑えることができ、2名でサービス運営ができる少数精鋭の組織を初期段階で構築できたことは、振り返ると極めて幸運だったと感じる。

また、奥村の人脈と人望が厚く、グループ内外の多くの方が慕って助けてくださった事も大きかった。

5年間、事業を成長しながら継続できているのは、クライアント様に応援頂き、周りの人に助けていただいているからに他ならないと、自分の置かれた状況に本当に感謝している。

                      →<LIFULL SPACE STORY#6>

画像4

スクリーンショット 2019-09-25 15.49.32

 LIFULL トランクルーム
収納シェア
LIFULL SPACE
LIFULL SPACE代表取締役 奥村周平プロフィール
幼少期から転勤族で日本各地を転々としたのち、中学から高校までを沖縄県那覇市で過ごす。大学は突然の思いつきから韓国に。LIFULL(旧NEXT)に新卒で入社し、新規事業提案制度「SWITCH」で優秀賞を受賞。社会人3年目で事業責任者となる。社会人5年目からは子会社化し、LIFULL SPACE代表取締役に。B型で4人兄弟の長男、二児の父。動物占いは「志の高いコジカ」。


この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
24
スペースの新たな価値を創出し、一人ひとりに最適なスペースが見つかる仕組みを創ることで、 あらゆる人の暮らしや働き方が豊かになる、そんな世界を私たちは実現します。 LIFULL SPACEは株式会社LIFULLの子会社→https://lifull-space.co.jp/