やりたいことがまとまらない時に、まず考えること

こんにちは、自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。

僕が住んでいる八ヶ岳の麓では、
木々の葉もみんな落ち葉になって、
冬景色。

南アルプスも白くなり始めています。


先月から始まった
第4期「自分のシゴト」オンラインコースも
2ヶ月目。


参加しているみなさんには、
1ヶ月目の課題として、
・自分軸
・対象者の具体化&ニーズ把握

に取り組んでいただきました。


「自分のシゴト」がうまくいくかどうかは、

・自分の情熱とつながっていること(自分軸)
・「だれが?」「どうなる?」がはっきり
 していること


この2つにかかっているといっても
過言ではありません。

しっかり掘り下げると、新しい発見があるし、
忘れていた自分の思いに再び触れることが
できるので、みなさんとてもうれしそうです。


やりたいことがいろいろあってまとまらない時は・・・

自分のテーマを「お金を受けとる仕事」に
したいと思っても、考えがまとまらない〜

こんなふうになって、足踏みしている人は、
結構多いです。

こうなると、一人だとそれ以上は
なかなか進めません。


でも、僕の質問に答えてもらいながら
順序立てて考えると、段々考えが
まとまっていきます。

これは、必ず、です。


やりたいことがまとまらないことの
原因のひとつは、

あれもこれも、いろいろ同時に考えるから、
なんです。

では、どこから考えていけばいいのでしょう?


自分の情熱の源泉を掘りあてよう!

自分のテーマでシゴトをするのが、
「自分のシゴト」です。

だから、そのテーマで仕事をしよう、
と思った理由が必ずあるはずです。


「お金になりそうだから」という理由だけで
選ぶのもありだけど、そういうケースは、
「自分のシゴト」の範囲外ということで(笑)


で、「これをやりたい!」と選んだ背景には、
自分の思いが必ずあります。

自分が選んだテーマが、
自分のどんな思いに根ざしているのか?


これは、ごく個人的な思いなので、
必ずしも表に出す必要はありません。

でも、自分のことだけど、
よくわかっていなかったり、
うまく言葉にできない、
ということは結構ふつうです。


「自分のシゴト」が、
自分のどんな思いに根ざしているのか?
自分は、なぜこれをやるのか?


その理由は、
必ずあなたの情熱とつながっています。

自分の情熱の源泉と
しっかりつながっていれば、
多少うまくいかなくても、
あきらめずに頑張れます。


そして、
深掘りしていくことで、
自分のためだけではなく、
まわりの人の役に立とうという思いが
出てきます。


時には、
・自分が、誰かに認められるため
・誰かを見返すため

みたいに、矢印の方向が自分だけに
向いている、ということも
あるかもしれません。


その氣持ちがあるなら、
それは否定せずに、大切に。

その氣持ちにもちゃんと、
居場所となるイスを
用意してあげてください。


その上で、

矢印の向きが外向き、
つまり、誰かの役に立ちたい、
という視点にまで拡げていく。


これができれば、「自分のシゴト」に
対する氣持ちも、少しずつ変化してくる
でしょう。


まずは、自分の思いにしっかりつながる。

これが、「自分のシゴト」に取り組む上で、
大切にしたいことのひとつです。


ぜひ、
「なぜ、これをやりたいと思っているんだろう?」

と、自分に問いかけて、
あなたの個人的な理由を、
書き出してみて下さい。


その過程で、いろいろな発見があるはずです。


これがわかれば、
目指す方向がバチッと決まるので、
ぶれなくなります。


あなたの情熱の源泉を、
ぜひ掘り当てて下さいね。


次回は、
対象者の具体化、

つまり、
「だれが?」「どうなる?」
についてお話しします。

では、また!

自分のテーマで仕事をはじめたい方へ

【メルマガ】
「自然や暮らしで起業する 『自分のシゴト』をはじめよう!」
オススメです。

ご登録は、こちらからどうぞ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ほかの記事もどうぞ楽しんで下さいね!
5
自然と人の役に立つ「自分のシゴト」をカタチにして、起業したい方向けに、サポートしています。 「好きで得意」を活かして、自分だからできることをテーマに起業するために、役立つ情報をお届けします。 また、参加体験を通じた学びの場を作るためのファシリテーションのスキルをお伝えしています。