見出し画像

あなたのそれは本当に風邪?

先日、自分の体験として

改めて、多くの人が勘違いしていることだよな。

と感じたこと。

ある日、かなり久しぶりに感じた

『喉の違和感』 ……風邪か!?

自分に限って、そんなわけはない!

でも、これは何か辻褄が合わない証拠。

あ、自分で調整したらいいんだ!

改めて思い出し。笑

自分でチェックしていくと、

反応は、『右手の小指』

あ……、小指…瓶の栓抜きがなくて金具使って開けようとして

えぐってしまったんだ。

出血があって、それを止めることで終わってしまっていた。反省

『小指』の調整をして、

そこから広がっていたところも繋がりを戻していくと

喉の腫れは完治。

ものの、10~15分ですかね。

ここで改めて大切だってことは

症状は、あくまで表面化されただけ。

ってこと

でも、多くの人が

今回の僕のようなことが起きた時、風邪だと思って対処するだろう。

必ず、そこにいたる背景があるにもかかわらず…

表面化されたものをあーだこーだやって

もしくは放っておいて

抑えたところでいいことはないし

そのうち、大きくなって表面化される。

多くの人は勘違いしてしまっている。

痛みが消えたから、

そこはすでに『治った』と。


身体からしたら、痛みというSOSを出しても

何もされなくて放って置かれたから

諦めただけ。


身体にそんな諦め方させないでくださいね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
『手当て』を通して人生を豊かに。