日々雑感

誰かにとってのヒーローになれる場所

昨日は久しぶりに献血へ行ってきました。
と言うのも輸血用に白血球の型(?)の合う人を探してお願いしているとのことで先週呼び出しの電話を受けたからでした。

今回行ったのはここ『くもじ献血ルーム』
と言っても沖縄にはこのくもじ献血ルームしかありません。その他の地域での献血は移動献血車での対応になります。

ドリンクやお菓子のサービスもあり、小さいながらキッズスペースもあります。

スマホに入っているKindleを使って、片手で読書ができるので献血中も快適です。以前はスマホの通信を切る必要があったので、強制的に読書タイムとなりオフラインの時間を楽しむために献血に行っていると言ってもいい状態でしたが、今では通信を切る必要もなくなり、Twitterをしてしまう誘惑が増えましたw


単純に献血はいいぞ、と言う話。ではあるのですが、先日『誰かにとってのプチヒーロー』と言うタイトルで書いていたことを思い出しました。

献血は顔も知らない誰かにとってのプチヒーローになれる場所なんだなと気付きました。

そしてその、貢献したという実感は自分自身のしあわせにもつながります。

しあわせの定義は人それぞれかもしれませんが、個人的に
【こころ】【からだ】【つながり】【貢献】
この4つがしあわせを作る。という考え方にものすごく共感しています。

献血は血を受け取る人に【貢献】でき、人との【つながり】で運ばれ、実は【からだ】にも良い。そしてそれを実感することで【こころ】への良い影響も生まれる。

ちょっと都合よく解釈しすぎかもしれませんが、できる人は、やって損のない活動だと思います。



今日も読んでくれてありがとうございます。
これからも、誰かにとってのプチヒーロー活動を続けていきたいなと思いました。


twitterもやっています。
良かったらフォローお願いします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
2
沖縄生まれ沖縄育ちの野球ばか。2017年より独立し、フリーの総務部・ライフデザイナーとして活動中!小規模事業者の総務・経理の代行や業務改善のお手伝いをしつつ、自ら働き方改革を実践中。33歳、もうすぐ3児の父【HPはこちら→http://lifedesignlab.me
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。