見出し画像

<理想の暮らし探し>移住フェアに行ってみた/愛媛県西条市/フィーリング/らーめん

こちらのイベントに参加してみました。

きっかけは何気ない会話から


私 「なんかさあ、もうちょっと田舎に住みたいねんな~。引っ越すとしたらどこがいい?」
旦那さん 「愛媛県」
私 「なんで?」
旦那さん「そんなもんはフィーリングや」


というわけでおもしろ半分で検索してたどりついたのが、こちらのイベント。しかも旦那さんも偶然仕事が休みなので行ってみることになりました。
(現在は大阪に住んでいます)

午後1時~会場へ到着~
受付でアンケートを受け取り、お土産を一つ選びます。パンフレットを持ち帰れるかばんももらえます。
会場は大きい会議室くらいで、ポスターやのぼり、パンフレットが並んでいます。結構いい感じのにぎわいです。参加者の年齢層は30~60代で夫婦が多いです。
壁に沿って各県のブースがあり、参加者は希望のブースに行きお話するシステムです。まずはアンケートを記入します。

愛媛県のブースへ
愛媛県ブースは地域ごとに4つくらいに分かれています。
とくに具体的な希望もなかったので、ふたりでもじもじしていると、西条市のおにいさんが声をかけてくださいました。
「よければ西条市どうですか?」
「あっじゃあお願いします」
という流れでこちらでお話を聞くことになりました。

西条市の説明を聞く
同年代(30代)くらいのおねえさんと先ほどのおにいさんが担当してくださいました。市役所にお勤めだそうです。
アンケートをもとにいくつか質問に答え、
「何かやりたいとか具体的な目的は無いのですが、もう少し田舎に住みたいと思って参加してみました」
「愛媛県を選んだのはなんとなくです」と伝えました。
さすがに「旦那さんのフィーリングです」とは恥ずかしくて言えません。
まずは以下の説明がありました。


内容
(よいところ)
・大阪へのアクセスが良く最近フェリーが新しくなった
・石鎚山があり水がきれいで豊富、そのおかけげで上水道が無料
・水がきれいなのでアサヒビール工場もあり製造業が盛ん
・食べ物は野菜も安く魚もおいしい
・家賃、駐車場が安い
通勤時間が短い
ネット環境も整備



(あんまりなところ)
・給料が安い
車生活なのでガソリン代がかかる



このような基本的な情報を説明して下さり、こちらからも仕事や交通のことなど質問しました。資料もたくさんいただきました。お二人とも穏やかでかた苦しくなかったので、楽しくお話しできました。
準備もなくノリで来てしまったのですが、ふたりとも一度行ってみたいなと思いましたし、好奇心でいっぱいになりました。

画像1

フィーリング
このあとは会場の一角で全9県による魅力発表会があったので、参加しました。
中にはぐいぐい来る方もおられて、こういう感じが好きな人もいるでしょうけど、私たちはちょっと苦手。内容よりその人しか記憶にありません。

何か新しいことを始めるとき最初に出会う人の雰囲気って大事かなと思います。それによって方向性が変わる気がします。こういうのがフィーリングですかね。

らーめん

そろそろ2時30分、お昼ごはんを食べて帰ります。それにのどがカラッカラです。
土曜日の難波は人がいっぱい。旦那さんは人ごみが超嫌いなのです。
そしてたどりついたのが「古潭ラーメン」です。
とりあえず水を飲んで、私は塩ラーメン、旦那さんはラーメンとチャーハンとからあげを注文。
ふたりとも興奮気味に移住について話しながら食べました。

旦那さん「来年の今頃は愛媛に住んでるかも知れんで」
私「思い出の古潭ラーメンになるかもよ」
旦那さん「ほんまやなあ」

まだ移住については白紙の状態ですが、将来の話をあーだこーだ言いながら食べるらーめんはめっちゃおいしかったです。

<次回>実際に愛媛県西条市を訪れてどんなとこか見てきましたので、また投稿します。よろしければおつきあいください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
30代専業主婦。「体力やる気が人並み以下の私」が「理想の暮らしを」叶える為に日々模索中。好きなこと、やりたいことを探し実践する為、アウトプットして頭の中を整理しています。 好きな言葉「急がば回れ」「健全な精神は健全な肉体に宿る」
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。