見出し画像

抽象的概念を具現化させる能力

どうもーーりゃんちゃんです

今回は、抽象的概念を具現化させる能力

についてお話していきます。

「概念化とは何か」

それは、

「概念化が実践できる状態になる」

ということです。

どんな分野でも、何かを学ぶ時に、重要だと考えているものがあります。

それが、

「抽象と具体の間の往復」

ということです。

往復ということは、2つの方向があるわけです。

①抽象化して、具体化する

②具体化して抽象化する

という方法です。

つまりは、

マクロの視点とミクロの視点を持つ

ということです。

長期的に大きく稼いでいく為には、2つの能力を習得しない限り、上には行けません。

しかも、

それを意識的にではなく、無意識的な所まで変えるということです。

「これはこうでしょっ!?」

「だから、要するにこんな感じか。」

のような発想転換ができるようになると

ビジネスにおいてもかなりの応用が効きます。

簡単なお金稼ぎ目的のノウハウだと

こういった所がフワフワしてる訳ですよ。

しかし、優秀な人たちっていうのは、学んだ事を勉強して、

自分のものに当てはめて成果を出すことができるんですよね

これが具体化です。

なので、ノウハウだけ浮ついていってもダメ

ということです。

なぜなら、

マクロな視点が無い訳ですから、

応用が出来ないということです。

さらに、

ディバージョン(転換)もできないという訳です。

SNSでの稼ぐ方法を知ったとしても、

原理、原則、本質すらも理解していないので、

もちろんお金を稼ぐことも分かっていないということです。

ノウハウを得て、成果を出す人と成果を出せない人の差は本当にこの差ですね。

なので、

使えないならノウハウなんて必要ないんですよ。

後で、自分で、

「こういうことかっ」

って気づくので!!

小手先のノウハウほど使えないものはないです。

しかも、記載されている通りに覚えてやるだけです。

分かりやすく言えば、 足し算

1+1=2

1+3=4

これらを丸暗記するようなもんです。

1と+の記号と1があれば、2の数字を書く

っていうのと同じです。

しかも、

より高難度な問題が出てきた場合に、

あなたは、今まで丸暗記しかしていなかったので、

公式の使い方が分かっていない訳です。

もちろん答えは分からず、解答を見ても、

その時は納得しますが

見ただけなので、公式がきちんと頭の中で整理されていない状態なんですよね。

あなたは、

同じ公式を使った別の問題が出題しても解けると思いますか?

答えはNOですよね

そう、解けないんですよ。

概念やノウハウも同じようなもので、

価値提供ってどういう事なのか?

「お金を稼ぐ感覚か」と

フワフワしながらも具現化できて、感覚を掴まない限りは、

長期で勝つことは難しいという事です。

そして、その為にはどのようにすれば良いのか

についてですが、

「思考を整理し、物事の違いと共通点を考える」

なぜ、あの店は、あんなに上手くいってて、

向かいの店は全然上手くいっていないのか

要は、

必要な部分だけを抜き出す

ということです。

つまり、

そうすることによって、

自分の型

ができるようになるんですよ。

これを心理学では、

ゲシュタルト

って言うんですけど、

「全体性を持ったまとまり」

だと思ってください。

なので、

成果を出している人は

成果を出す人と出さない人を約一時間話すだけで、

わかるという事です。

つまり、重要な事は、

共通点や違いを見つけ出す

「これは、こういう事だ!」

っていう

感覚を身につけるべきです。

ではでは、今日はこの辺で。

りゃんちゃんでしたー!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

僕をよく見つけてくれた。心からありがとう! 自分自身の市場価値を高め、共に下克上しようじゃないか僕と一緒にスキルアップでき、共に喜怒哀楽を楽しめる そんな戦士である君を心より歓迎する。 今に自信がなく不満を持つ気持ちを俺が導いていくよ!

良かったなと思えば、拡散お願いします😊
9
19歳で起業。元々挫折から反発心を抱いていた超問題児だった僕が、自分にしかない人生・世界観を生み出す人材を増やすために情報発信中🌏 目的は情報発信を通して、 インフルエンス・コネクト(影響力と輪の連鎖)を体現する事🤝

コメント2件

おはようございます♪
コメントありがとうございます😊
おはようございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。