見出し画像

COEDOビール 毬花のレビュー

Leon.K

私は一時期埼玉県に住んでいたことがあります。その影響か、日本のクラフトビールといえばまず「COEDOビール」が思い浮かびます。
先日スーパーでCOEDOビールの毬花が安く売っていたので買ってみました。

COEDOビールは「瑠璃」「伽羅」「紅花」など、凝った商品名になっている点がポイント。缶・ラベルデザインもお洒落だと思います。

スペック

​【商品名】    COEDOビール 毬花-Marihana-
【スタイル】   セッションIPA
【アルコール度数】4.5%
【IBU】       48.3
【原材料】    麦芽、ホップ
【価格】     約300円
【商品説明】
淡い黄金の液体と純白の泡にパッションフルーツやグレープフルーツを思わせるアロマ が華やかに香るセッション IPA(India Pale Ale、インディア・ペール・エール)スタイル のビールです。飲みやすい低めのアルコール分ながらも、香り高さ洗練された苦味・ジ ューシーなフレーバーという IPA の魅力を存分に楽しめるよう、上質な麦芽を厳選し、ア ロマホップを贅沢に投入し、丁寧に仕上げました。
クラフトビール界においては、IPA(インディア・ペール・エール)はアメリカ西海岸 地域を中心に独自の発展をとげ、今やクラフトビールの世界的人気ビールスタイルです。 IPA は、6%~7%のやや高めのアルコール分、強いホップの苦味と麦芽のコク、柑橘系の華やかな香りを特徴としたビールですが、その IPA の個性を表現しながら、アルコール度数を 4.5%まで抑えクリアな喉越しも追及した、飲みやすい「セッション」系 IPA として毬花 -Marihana-を醸造しています。
「毬花-Marihana-」は、世界で人気のIPAを、日本人の嗜好に合わせ繊細に仕上げ、より多くの日本の方々にクラフトビールの楽しみを知っていただけるよう醸造しました。
引用:公式ニュースリリース

画像1

【感想】

・とにかく苦い。IPAにありがちだと思うが、苦すぎてそれ以外に気が向かない。
・苦みが口に長く残ってつらい。IPAの特徴といえば仕方ないのかもしれないけど…
・アルコール度数は4.5%とそれほど高くないが、他のビールよりも強烈に酔いが回る感覚がある。
・鼻を突き抜ける強烈な香りが特徴的。刺激的で個人的にはあまり好みではない
・しばらく置いてたら苦みが薄れて微かに甘みが感じられるようになった気がする(苦みに慣れただけかも)。公式が書いている「柑橘系の華やかな香り」も一理ある

個人的には苦すぎてあまり良い印象を持てませんでした…私がIPA全般を少し苦手としているので、IPA好みの方であれば気に入るかもしれません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Leon.K

カメラの練習や、次にレビューする商品代に使います!