見出し画像

使用機材(エフェクター編)

皆サマおはこんばんちは😊

炎のMetalベーシスト(のつもり😅)lenno_mc69🔥デスデスデス

さて今回は、前回の使用機材(ベース編)でお知らせしたとおり、ワタクスの使ってるエフェクターを紹介するヨン😁

それでは、張り切って参りませう〜😉

コチラがワタクスのエフェクターボードでございまする〜

まずは外観から。。。

ステッカーいっぱい貼ってる😁

ぢゃあ中身は???

使ってるエフェクターは2個だけ😅
2個、ニコ、😊ちゃん。。。 ( ゚∀゚)・∵ ブハッ!!

まぁ、シンプル・イズ・ベストってことで💦

でもね、でもだよ、左のエフェクターを見て見て見てよ、zoomのマルチストンプ【MS-60B】ダヨ‼️

コレは、普通のコンパクトエフェクターの大きさなんだケド、最大4種類のエフェクト機能を同時に使うことができるんだ‼️
(スゴいッ‼️zoomさん偉いッ‼️)

ワタクスがセットしたエフェクトを紹介すると。。。

① fuzz smile
② bass octaver
③ noise gate
④ amp sim

①コレは fuzzfaceのシミュだね。コレで歪み成分とブースト成分を少々、
②で重低音のキモとなる1オクターブ下の音を目立たぬように足しこみ、
③で無音時のイヤなノイズをカット、
最後④はメタルベースアンプの定番、アンペグのSVT。。。魅惑の重低音を響かせますヨン

もう一つは “ワウペダル” クライベイビーの【CBM-95】デスよん

ワウペダルと言ったら、「重い」「デカイ」「ボードに収まりきらない」などなど、あまり良いコト聞かないケドも、【CBM-95】は見ての通りコンパクトエフェクターと同じサイズ、《名は体を表す》。。。【Cry Baby Mini】の頭文字を取って【CBM】なんともまぁ分かりやすいネーミング😆

でもって、接続順はというと、
《ベース⇒ワウペダル⇒MS-60B》

以上、たった2つのエフェクターだケドも、実際には4つのエフェクト機能とアンプシミュを使ってるワタクスの使用機材(エフェクター編)の紹介デスた🤘🔥🎸

{番外編}
ワタクスの今までのエフェクターボードを紹介するヨン😆

“ワウペダル”とVOXの小型マルチエフェクター【StompLab ⅠB】の組み合わせ。。。
ココからワタクスの《ワウ+小型マルチ》の音探しの旅が始まりますた😆
ちなみにこのボード使ってる時は、ワタクス、少々引き篭もっておりますて、ライブ活動やスタジオ活動は休止ちう、専ら自宅で音作りに禿げんでおりますた🤣

次に

これまた“ワウペダル”と、zoom の最新小型マルチエフェクター【B1four】
。。。嗚呼、コレは良かったヨン😉
【B1four】は、流石の最新機、操作性もツマミが4つあり、直感的に、普通のコンパクトエフェクターみたく操作できたコトと、エフェクト機能が、今使ってる【MS-60B】は4種類なのに対し5種類使え、今思えば、この1種類の差は大きいデスな🤨

ただ、写真を見てもらえばわかるやうに、若干大きいのよね😂
【如何にコンパクトに】、【如何にシンプルに】がワタクスがボードを組む時の拘りなわけで、音的には文句なしなボードデスたが、そう言ったところで残念ながら🆖になってしまいますた😅

そして、今に至る。。。
ワウペダルは不動の地位を築いてまする〜😽

ちなみにワタクス、ワウペダル大好きおやぢ🥰で、この【CBM-95】を手に入れるまでは、メーカー不明のワウ、ベリンガーの【HellBabe】を使ってますたヨン😁

特にワタクスの敬愛する『METALLICA』の2代目ベーシスト、《クリフ・バートン》(R.I.P)の使っていたベース用のワウが欲しかったんだケド。。。恐れ多くてとてもとても、ワタクスなぞが使うのは100年早い😱ってコトで、未だ手を出しておりませぬ😅

エフェクターについては、まだまだ書きたいコトあるケド、今回はワタクスの使用機材の紹介というコトで、この辺で。。。

それぢゃ、またね〜🤟

StayMetal!
WeLoveHeavyMetal!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
メタルベーシスト🎸 HeavyMetal・ThrashMetal・BlackMetal・DeathMetalを好む 歪み系ハンドメイドエフェクターのお店『Depressive_Sound69』準備中🚧 アドレス➡️ https://dbmsound69.thebase.in/