マガジンのカバー画像

LEO

4
運営しているクリエイター

記事一覧

知らない言葉は使わない。

当たり前のことですが、意外に使っている人が多いんです。
知らない言葉。もしくは、しっかり理解していない言葉。

編集者駆け出しだった25年前、師匠に言われたひと言が今だに、
原稿を書く基本になっています。

そのうちのひとつが「自分が知らない単語を書くな!」です。

シンプルな指示ですし、当たり前のことですよね。
でも、これがとても大事なんです。

つい最近の話。

校閲の方に指摘されて、自分が十

もっとみる
ありがとうございます! また読んでください。

原稿におけるコンセプトの作り方

今夏、おそらく45年生きてきて最も大きな怪我をしました。

アキレス腱断裂です。しかも右足!

生涯初の松葉杖生活。本当に動きが制限されました。この気持ちは・・・なってみないとわかりません。なってみて初めてわかること、気がつくことがあるんですね。当たり前のことなんですが、45年も生きているともう、なんだか、大抵のことは経験したような気になっていた自分がいました。

「切れる」

原稿を書く上でのコ

もっとみる
ありがとうございます! また読んでください。

社名の考え方 追記

バードは誰でも知っているとおり「鳥」のことです。

メディアを作る上では「視点」はとても重要です。特に大事にしている視点は鳥のように俯瞰で見ることと、少し違う視点を探ることです。この“少し”がとても面白いんです。かなり違うのではなくて少しがポイント。それはまた追々書くことにして、バードという名前を冠したのはこの視点を大事にしているということを表現しています。

そして・・・偶然なんですが、今、所属

もっとみる
ありがとうございます! また読んでください。

社名の考え方

「ラリー・バード」

正式にはラリー・ジョー・バード。NBAを代表するスーパースター。

ボストン・セルティックスのエースとして、80年代のNBAをロサンゼルス・レイカーズのマジック・ジョンソン(正式にはアーヴィン・ジョンソン Jr.)とともに牽引。インディアナ出身。

彼が現役の後半にバスケット史上最高のプレーヤーとなったマイケル・ジョーダン(正式にはマイケル・ジェフリー・ジョーダン)と対戦し、

もっとみる
ありがとうございます! また読んでください。