見出し画像

(世界一周)もう一回行きたい国その①イラン

こんばんは~~
在宅ワークで一日3食も要らんやん!と頭で分かっても、
食欲がわかってないな~~と言い訳してオヤツもぐもぐな私です。

今日は、タイトルのまんまの話です。

世界一周したと話すと、決まって聞かれる3つの質問があって

1.どれくらいお金かかったの? → 2年で82カ国で200万円だったよ

2.どの国が良かった? → いろいろあるよ!(の今日はその1つ)

3.命の危機とか危ないこととかあった? → 何回かあったよ

で、4番目は就職面接で「旅して価値観変わった?」と聞かれる(そしてモヤる(笑))でした。面接の話は以下の記事に書いてます

でね、なんでイランのこと書こうと思ったかというと、偶然が2つ重なったので、これは今が書き時なんだ!と勝手に思ったの。で、書くのだ。


イランが「もう一度行っておきたいステキな国」な理由

旅行した方なら「わかるわかる!」な話なんですが、
イランって(少なくとも私が旅行した1998年当時)、なんせ市井の人々が旅人に無償で親切なんですよ。この上なく。それこそ見境なく、親切にしてくれる。最初、その親切さの裏を読んで怖くなるくらいに。タクシー無料で相乗りさせてくれたり、ご飯おごってくれたり、困ってると声かけてくれたり。(ムスリムの教えで旅人を助けよ、というのがあるんですね。)

そして、イスファハンのイマーム広場に代表される、とにかくむっちゃんこ綺麗で細かいモザイクの青青青に、圧倒される!
そんなブルーなモスクが、どこいっても沢山ある!
青好きの私には心安らぐ場所だったのです。

画像3

この写真はunsplashのそれらしい借り物だけど、こんなもんじゃないです実物はマジで。

画像2

国内の治安も悪くなくて、イランに入る直前までの2つの国の印象が強烈だった(インドとパキスタン)こともあり、なんかイランめっちゃいい国やん!っていう相対的な好印象要素もあったと思います。

お菓子もやたら美味しかったし、ドライナッツとか安くて美味しくて食べ放題だったし(笑)知る人ぞ知る、乾燥イチジクの名産地はイランです。めちゃウマです。現地で買うと信じられないくらい安い。

画像4


書きたいと思った2つの偶然の出来事

で、なんで今これを書きたいと思ったか、なんですが2つ理由があります。

①母親から届いた荷物の中に
実家の母から届いた荷物の中に、こんな写真が紛れ込んでいた。
紛れもない私、22年前!!(右下にDate '98 12 16とある)
イランでの写真である。すごい。これ、原本はプリント写真そのものですから。(スマホで撮影した)

画像1

真ん中のわたし。魔女わたしがおる。じわじわ来る。いろんな意味で。
それをここに晒してるわたしにも、徐々にじわじわ来そうな気がする。

場所は確か、イランのケルマン。
現地でネガ現像・プリント写真にして、コメント添えたものをエアメールで実家に送ったうちの1枚。
マメな性格の父が保管していたものを、父亡き後、母が片付けしていて見つけたらしい(笑

まだまだ掘り出し物がありそうです。


②ZOOMランチ会での質問

昨日のZOOMランチ会。我社、在宅勤務が続く社員同士の横串のコミュニケーションを活性化させようと、本部が福利厚生の一環としてランチ代を補填してくれるという素晴らしい制度を導入してくれました。

そこで(ほぼ)初めて話す方との自己紹介の合間に、世界一周の話をしたところ「どの国が良かったですか?」と尋ねてもらいました(^^)

で、イランの話をしながら、改めて気づいたことを口にすることで、初めて自分でも認知したことがあったので、驚いたわけですよ。

だって、世界一周して20年も経って、20年の間に同じ質問をそれこそ100回はされてるはずで、そのたびに答える国も同じなんだけど、聞いてもらっている人がいて思い出しながら話すことで、また新しい気付きがあるって、、、

すごくないですか!!!! 
すごいと思うの、人が聞いてくれている、という場の存在そのものが。

ちなみに、その方は、夫と同じ「深夜特急」に影響されて旅しちゃった方!ということも初めて知ることが出来て、なんかすごく興味深い。
深夜特急って影響大きかったんだなぁ。ていうか、なんでそんなみんな旅に出たいの~~??(自分のことはさておき)またご飯一緒に食べよう。

うちの夫くんは、世界一周の時に撮った下の写真が、深夜特急ぽくて気に入ってます。パキスタン~イランの移動途中です

画像5

大沢たかおさんがドラマでやってた「深夜特急」の風景と瓜二つ。。私も見てみて、なるほどなと思った。そして日本車強いね(TOYOTAだね)

そして今日の一冊・・ではなく、一曲

深夜特急と言えば、井上陽水さんの「積み荷のない船」

再生したら、たちどころに旅に出たくなる、禁断症状が爆発しますので要注意です。

コロナ期に、なにを書いて自分を煽って追い込んでるんでしょう私。

心の鍛錬です・笑

深夜特急、今年の夏に放送されてたんですねぇ。松島ななこさんも可愛いんだよなぁ~~♪




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
キラキラ☆キラキラ☆ありがとうございますー!
11
(株)ビジネス・ブレークスルー リーダーシップ・アクションプログラム(LAP)所属。 チームビルディングファシリテーター・国家資格キャリコン・NLPマスタープラクティショナーなど保有。 世界を旅する歌って踊れるファシリテーターの日々あれこれと世界一周にまつわること書きますです。