日々のあれこれ

10

恋の尻尾は、捕まえられない

今日はちょっとロマンチック(?)な恋の話題。

世界には、恋の始まりを現す言葉がたくさんあるそうで。

フランス語では、その瞬間を「雷の一撃」(Coup de foudre)。
アラビア語では、「風」(HAWA)。
中国語では、「運命の力」(縁分)。
日本語では、「恋の予感」(というらしいですよ)。

でも、恋ってなんなんでしょう?
人を好きになるってなんなんでしょう?

誰からも教え

もっとみる
366日note更新チャレンジ中。明日もみてね!
24

彼氏じゃなくって、名前で呼ばせて

第三者に付き合っている人のことを指し示す時に、「彼氏」と呼ぶことに対してどことなく違和感を覚える。

どうしても嫌だ!とか、この世からそのような考え方は排除されるべきだ!控えおろう!とか、そんな強い意志は全くなく、「ちょっと気になる」くらいのものなのだが、同じようなことを言ってる友人がいたので、わたしなりの違和感を言語化してみることにする。

自分なりに理由を考えてみると、
たぶん、アクセサリーの

もっとみる
スキ、ありがとうございます!
22

女の子だってポケットが欲しい

男性の皆さん、
実は女性の服には殆どポケットが付いていないことをご存知でしょうか。

大きめのポケットが付いているコートを着た冬の季節ならいざ知らず、
軽やかなワンピースを着て日差しの中を歩けるような夏の季節なぞ、バッグを持たずに出かけることはほぼ不可能なのです。

▼参考画像:絶対にポケットがついていないであろうワンピース

そうなのです。
「両手に何も持たずに出かける」というのは、実はポケ

もっとみる
スキ、ありがとうございます!
30

優しさはきっと、痛みでできている

帯状疱疹にかかりました。
なんでも6人に1人がかかる病気らしく、小さい頃にかかった水疱瘡のウイルスが免疫力が低下したタイミングを狙って暴れ出すことによって発症するらしいです。

今どういう状態かというと…

し ぬ ほ ど 痛 い

なにか病気にかかっても(そもそもあまりかかからないのだけど)
「痛みの感じ方は個人差があります」という類のものであれば、おしなべて最低の痛みレベルであることが多い私で

もっとみる
366日note更新チャレンジ中。明日もみてね!
20

ワタシ的運命の人見分け方論

思えば、就活が終わったあたりからだろうか、
女子大生達の会話に「結婚」の二文字が踊りだした。

ひとまず就職先は決まり近くの未来はなんとなく見えた、
次はどんな人とどんな結婚をするかだ、と。

高校生の時に日本でのオリンピックの開催が決まり、友達と
「2020年のオリンピックまでには結婚してて、旦那さんと子供を連れて見に行けたらいいねえ」なんて言っていたけれど、とんでもない。
もうオリンピックは2

もっとみる
スキ、ありがとうございます!
10

わたしの 「居場所」 になってゆく。

気づけば上京して5度目の春が訪れようとしている。

こうやって少しずつ、物心ついてから福岡にいた時間より東京にいる時間のほうが長くなっていくのかしら、と少し寂しく思う気持ちもある。

---

思えば、4年前の春は東京なんて大嫌いだと思っていた。
取り立てて「東京」という地に憧れを持って来たわけではなかったので、どうしても「わたしはよそ者だ」という感覚が抜けなかったんだろう。

新宿は迷路だし、渋

もっとみる
スキ、ありがとうございます!
11

5年日記のススメ

時は2013年。18歳の元旦からわたしは日記を書き始めました。

5年日記。

あまり聞き馴染みのない言葉かもしれません。
5年日記とは、5年分の同じ日の記録を同じページに書いていくことができる日記帳のことです。

この日記を始めたきっかけは、友達との会話。
「5年日記だって!面白そう!」
「これを書き終えるときには大学4年生か、大学時代がまるっとこの日記帳に詰め込まれるね!」
そんな話の流れから

もっとみる
366日note更新チャレンジ中。明日もみてね!
9

「わからなさ」をときめきを持って甘受する

"とても清々しい気持ち悪さでした "

2016年2月1日の朝日新聞のコラムに寄せられていた最初の一文。
ある展覧会を訪れた方の感想の引用です。

わたしは心に残った言葉やらなんやかんやをノートに残しているのですが、
そのノートを読み返しているとこの言葉に出会ったので、
この記事はこれをテーマに書いてみようと思います。

----

どうしてこの言葉が印象的だったかというと、
清々しさ と 気持ち

もっとみる
366日note更新チャレンジ中。明日もみてね!
7

物語は人生を豊かにする

わたしは本を読むのがすきだ。主に小説。

 けれどなかには、
「小説を読む時間があるのなら、ビジネス書を読んだほうが余程生産的だ」
という考え方の人もいる。

考え方は人それぞれだなあと興味深さを覚えつつ、
この意見に対してわたしなりの考えを述べさせてもらいたいなと思う。

まあぶっちゃけ小説を読むことが
ビジネスと直接的に結びつくかというと、そうでもない。

それならビジネスに役立つエッセンスが

もっとみる
366日note更新チャレンジ中。明日もみてね!
10

写真をもっと、好きになる。

現実の世界を切り取って、自分の好きな世界を新しく作り上げていく。
そんな魔法が写真の中では可能になる。

---

写真を撮ることが好きだ。

わたしは自分の記憶力に自信がないから、
写真という記憶装置がわりと不可欠だったりする。

人も景色も全部全部残しておきたい。

加工カメラといわれるものが流行っているが、
個人的には写真の加工はアリだと思う。
顔の周りに耳とかリボンとかが出てくるものはあん

もっとみる
スキ、ありがとうございます!
5