見出し画像

鴨もも肉の赤ワイン煮込み、カレー風味

修家大雄 /レストラン ラ・フェ

こんにちは
ネットの情報がなかったら、カレーに入れる肉は、牛肉が当たり前だと思っていた、ラ・フェ修家です。

今回は、鴨もも肉です。
鴨もも肉といえば、コンフィが有名です。
コンフィとは、脂で煮込んだ料理で、低温の脂(85度ぐらい)でじっくり3〜4時間火を通します。
脂につけておくと、2〜3週間持ちますので、保存食にもなる、おいしくって優秀な料理です。

そんな鴨もも肉ですが、コンフィだけでなく、煮込み料理にも合うんです。

鴨もも肉を赤ワインと香味野菜で煮込んだあと、鴨もも肉を取り出して、煮汁を煮詰め、カレーパウダーと小麦粉で作ったルーを合わせて、カレー風味のソースを作ります。

付け合わせは、バターライスと野菜です。
カレーといえばやっぱり、ご飯が鉄板なので、このような感じに仕上げました。

使用したカレーパウダーは「エスビーカレーパウダー」です。

そういえば、中学時代の友達に、カレーが好きすぎて「毎日カレーでもええわー」と親に言ったら、ホンマに毎日カレーが出てきたっていう、すごいお母さんの話を聞いたことがありました。

僕もカレーは好きなので、カレーライスの翌日に、またカレーでも、その残りでカレーうどんでも全然オッケーです。

「カレーライスにゃかなわない」

真島昌利

以上、ラ・フェの厨房からでした。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
修家大雄 /レストラン ラ・フェ

貴重な時間を使って、記事を読んでいただきありがとうございます。有意義でお役にたてれば幸いです😊

修家大雄 /レストラン ラ・フェ
料理人|日々改善|味の探究|受賞歴☆2000年メートルキュイジニエドフランスジャンシリンジャー杯でファイナリスト|2003年滋賀県でレストラン開業→2022年で19周年|料理関係・地元のいいとこ・経営の実践知識などを書きます。 https://www.lafee.me/