心理的安全性を育む「聞き方」とは?
見出し画像

心理的安全性を育む「聞き方」とは?

【心理的安全性が失われる時:実話編】


マネジメントの方が、チームのブラックホールとブーメランになって、メンバーを貝にしていませんか?

チームで、マネージャー職が、メンバーの話を聞くのだけれど、何も改善の働きかけが見られない、聞いたことを忘れる等で、状況が動かない。

これが続いたある日・・。

「あの人に何を言っても、吸い込まれるだけのブラックホール。出口はない。よくしたいから進言しているのに、言うだけ無駄、損、こっちが馬鹿を見る。提案したら、私がやれ、のブーメランで、周りの支援も得られない。」

ブラックホール=聞いても吸い込まれて何も起きない
ブーメラン=提案したら全て自分に返ってきて、支援もない

それで、同僚は、貝のように口を閉ざし、提案などは一切しなくなってしまった。マネージャーから何か聞かれたら「特にありません」「良いと思います」しか言わなくなってしまった。

貝=口をパクッと閉ざして何も言わない状態

こんな状況では、チームの心理的安全性はないですね・・・。


【「聞く」前に上手に「問う」ていますか?】

「聞く」が最近バズっていますね。「聞く」のは本当に大事です。
ただ、上述のように「聞く」だけでは問題が解決するわけではありませんし、「聞く」ためには、「問う」も必要です。

良い問いかけは、組織に必須。以下のセミナーには「問う」レシピが詰まっていました。


【チーム運営のヒント集付】
Laboratik×Coach A共催セミナー 「マネジメントの皆さんへ。組織のコミュニケーションを科学し、チームを活性化させよう!」のご報告


【チーム運営のヒント集】の内容など、意識をしているようでなかなかできないものですが、こういった日々の丁寧なコミュニケーションの積み重ねが心理的安全性を養い、生産性の高い、成功するチームへと導きます。
ぜひご覧いただき、心理的安全性を育む「聞き方」のご参考にされてください!


弊社では、今後も社外ゲストを招きながら近しいテーマにてセミナー開催を予定しており、日程が決まり次第、順次ご案内いたします。

引き続き、皆様と共に学びを深めて参りたく、Laboratik一同、ご参加をお待ちしております。



Laboratik開発のサービス「NEWORG」では、チームパフォーマンスの要となる指標として、「心理的安全性/共有認知/コミュニケーション」を解析し、リーダーに今必要なアクション「アクショナブル・インサイト」を提示します。

現在、1か月の無料トライアルを経て有償提供しております。
お問い合わせ、お待ちしております。

組織を率いるリーダーのために。
アクショナブルインサイトが自律した組織に変える。
「NEWORG」



「働く」に、本当の自由を。
Laboratik Inc.



おお、ありがとうございます!
『「働く」に、本当の自由を。』というミッションのもと、可視化・行動・学習のサイクルを通じて日々の自律的な成長を促し、組織を率いるリーダーをサポートする『『NEWORG(ニューオーグ)』を開発しているLaboratikの公式アカウントです。