見出し画像

これがSNSマーケティング。SNS運用が上手い企業アカウントを紹介します。

こんにちは!Kazuです!

最近ではデジタルマーケティングの一環として、SNSマーケティングを実施する企業やブランドが増えてきました。
最近話題になったSNSマーケティングの事例を振り返ってみると、この“当たり前”を当たり前に実行できている企業は、ほとんど存在していないという事実が良く見受けられます。

昨今注目を集める企業のSNSマーケティングのほとんどは、タレントを立て、企画を打ち、数万〜数百万PVを叩き出すコンテンツはあれど、企業商品を爆発的に販売するような施策は見受けられません。「マーケティングに失敗している」とは言いませんが、本質がその部分で良いのでしょうか?

熱し易く冷め易い担当者たち
私が現在のポジションに就いた時には、社内ではSNSは一応作っておく、なぜならみんなやっているから。数百名~数千名(既存顧客の一部)で構成された言い方は悪いが、無能なアカウントが非常に多くみらえた。最近では、ようやくインフルエンサーを起用したり、企業コラボがあったり、拡散を狙う事例も見られ始めました。しかしどの企業やブランドも話題性作りに必死になっており、一瞬で燃え尽きてしまうことが多くないでしょうか?。担当者も同じく、一定の人数を目指して施策を行っている際にはきらきらしているものの、途中からは通常運転がおっくうになり、更新が続かず、下降線をたどってしまう。。。。
そんなアカウントをいくつも見てきました。
SNSマーケティングにおいて必要なことは、定常運用。それが全てです。
次に上記の要因を詳しく説明します。

グーグルが提唱する「3H(スリーエイチ) コンテンツストラテジー」
情報過多なこの時代に消費者にとって価値のない情報は消費者にいくら発信活動を行ったところで意味がありません。「消費者のとって価値のある情報」とは、なんなのか?

グーグルの提唱するる「3H(スリーエイチ) コンテンツストラテジー」が参考になります。

3Hとは、動画視聴傾向を分析し、企業・ブランドにとって役に立つ「3つの方向性」を整理したものです。

・Heroコンテンツ(多くの人々が持つ人間の普遍的な欲求を刺激)
・Hubコンテンツ(生活者ごとの興味関心に沿ったカテゴリー)
・Helpコンテンツ(具体化したニーズに対する的確な回答)

「情報過多の時代」は、「消費者とコミュニケーションを取り続けなければならない時代」とも言う事ができます。次々に新しい情報が生まれ、消費者の興味が移ろうこの時代は、ファンを獲得し、ファンを育て続けることが、マーケティング活動における最重要課題です。
そんなことは当たり前だと思う人も非常に多いが、そういった方々が良く見受けられます。

某アパレル企業のSNS担当が選ぶSNSアカウント
前置きが長くなりましたが、僕が考えるSNSマーケティングが上手い企業を発表していきます。

E hyphen world gallery CIRCUS X ゆうこす

「E hyphen world gallery CIRCUS」の面白い特徴は、インフルエンサー(SNSで影響力のある人)とコラボしたアイテムを開発している点。

開発した商品をインフルエンサー本人にInstagramなどのSNSを通して紹介してもらい、商品画像がアップされてから24時間の「いいね」の数に比例した数量を店頭とECサイトで販売するというユニークな仕組みを持っています。

Kastane(カスタネ)

カスタネは、店舗スタッフが個人アカウントとしてブランドをPRするなど、Instagramの運用に長けています。「企業よりも個人が興味を持たれる時代」を利用し、中の人が見えることが重要で、カスタネ(スタッフ)のInstagramはそれを体現しています。アパレル企業は商品だけでなく、雰囲気や世界観を売る商売。個人を広告塔にすることで、商品の魅力がより伝わりやすくなっています。

23区

23区では、23ku daysというWEB企画とInstagramを連動しています。
本社スタッフがモデルとなり、ブランドの理想の女性像の演出を行い共感を生んでいます。カスタネ同様に、中の人が見えることが重要で、それを体現しています。毎週ストーリーズで質問を受け付けて、フォロワーとコミュニケーションをとっています。

以上、駆け足でしたが、3つのアカウントを紹介しました。2020年は今年にまして、SNSマーケティングが活発になっていくでしょう。ぜひ、紹介したアカウントを参考にしてみてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
某アパレルメーカーEC部門/WEBディレクター/WEBデザイナー/SNSマーケティング。 WEB解析士、WEBデザイン検定取得。 カメラと音楽をこよなく愛し、綺麗な物に魅了されたい。