見出し画像

「詐欺」を立証するのは難しい

 1999年、家庭画報通販が始まり、その後2000年には通販生活。
 順調に通販誌の掲載は続きました。
 しかし、いつまで続くかわからない。
 バブル崩壊後には小売店や卸業の廃業や倒産が相次いぎ、売掛金を残して倒産された商社もありました。
 その頃始めてたECサイト。
 最初は簡単なペラ1のものから。
 その後は、ホームページビルダーを使って、何ページか制作し、ショッピングカートを契約して、また「楽天市場」にも出店しました。

 楽天市場ではメールアドレスを集めるのに、プレゼント企画やオークションをやりました。

画像1

 うちの売りは「ペリカン急須」
 よそでは作っていない、オリジナルの急須です。
 サイトで注文が入るのは、たいてい「ペリカン急須」

 2008年 そんな中、ペリカン急須じゃない商品の注文が入りました。
 その頃、クレジット決済を導入しているサイトも少なく、また「前払いでお金を支払ったのに商品が届かない」という事例が多くニュースで取り上げられており、まだまだ知名度のないサイトではほとんどが「後払い」のシステムでした。

 ペリカン急須じゃない、変な注文をしてくる人だな~と思いながらも、注文の商品を送りました。
 支払い期限が来ても支払いがありません。
 何か私の対応が悪かったのか?悩む毎日でした。

 インターネットで注文者の名前を検索すると、5年以上前から代金後払いを悪用し「未払」を繰り返し行っている人物でした。

 ネットの情報を印刷し、市民無料法律相談へ行ったら、これは詐欺なので警察へ行くように言われて所轄の警察へ行きました。

 所轄の警察では、思わぬ返事が・・・

「ネット販売なんて相手の顔もわからないのに、送る方が悪い」

 この言葉は一生忘れません。

 その後、内容証明その他、数々のアクションを起こし、17,000円。
無事代金を回収しました。

 少額でも未払はいけません。 


 



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」をして頂き有難うございました。
京都で生まれ、育ち、干支が生まれた年に戻りました。 様々な人々に出会い、教えていただいたことを今度は返す番にになったのかもしれません。 晋六窯は京都で三代続く窯元です。 日々の思いを少しづつ書き留めたいと思います。