新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

雑誌『To Be Dozen』が完成しました!!(購入ページ・完全予約限定生産)

高橋 恭介

予約期間 8月1日(月)9:00 〜 8月7日(日)12:00
(購入リンクはページの最後です)


こんにちは!
隠岐島前高校3年生の高橋恭介(たかはし きょうすけ)です。今回は、皆さんに重大なご報告がありあります。

「しましま」で取り上げていただいた時の写真
(左:高橋 右:島親の岡本さん)


なんと…

私が作った、『To Be Dozen』という雑誌の販売が決定しました!

雑誌の表紙



①【なぜこの雑誌を作ったのか?】


私は、2020年の4月に隠岐島前高校に入学しました。
その頃は、ちょうど新型コロナウイルスが流行し始めて数ヶ月の時期。楽しみにしていた高校生活のスタートは、オンライン入学式と数週間の健康観察期間(隔離+休校)でした。

それからの3年間は、学校でも地域でも、ほとんどの行事が中止・縮小。例年に比べて、色々な方との交流が制限される3年間となりました。

常時マスク+生徒と教師だけの体育祭(2021年9月)


そんな環境の中、地元の方々からよく耳にした言葉は…
「地元の人同士でも関わり方が変わってきた」
「色々な人の動きが見えずらくなっている」
というものでした。

また、島前高校には新学科「地域共創科」が設立され、初期の島留学生は、もう島に帰って来れる年齢になっている。

高校生の活動の様子


この、「コロナ禍」と「教育魅了化の新たなフェーズが始まる」タイミングだからこそ、「もう一度この島前地域を見つめ直す必要があるのではないか」と考え始めました。


「そんな中、今自分にできることはなんなのか…」


考え抜いた結果、行き着いた答えが「雑誌作り」でした。雑誌であれば、想いを伝えることができて、イメージを膨らませることもできる。
「人の話を聞くことが好き、写真を撮ることが得意、今までの高校生活で、広報作成を何度か行なってきた自分であれば、できるのではないか」と。
そういった経緯があり、この雑誌を作ることに決めました。

 2020年から現在まで、新型コロナウイルスの影響で島前地域の多くの人々の生活や交流に変化があったが、この変化は島前地域の魅力について深く考える一つのきっかけにもなったのではないだろうか。
 そして、この島前地域はこれから、さらなる変化を遂げていくことだろう。そんな今、「働く場所が島前である」「学ぶ場所が島前である」「人生の1ページを刻む場所が島前である」意味は。「島前が島前である」ためには何が大切で、島民は何を願うのか。
 そんな島前地域の人々のストーリーと想いをのせた記事を作りたい。そして、これから私たちはどこへ向かうのかを皆さんと一緒に考えたい。

『To Be Dozen』より


↓海士町noteで取り上げていただいた記事です(ここにも色々書いてあります)。



②【町からの支援が!】(三町村の図書館などでご覧いただけます)



しかし、雑誌を作って、地元の方に読んでもらうにしてもお金がかかる。
そんなタイミングで始まったのが、「島前高校チャレンジファンド」

チャレンジファンドのポスター

高校生の本気のプロジェクトに町から10万円までの補助を出していただけるというもの…。
なんとそこで、挑戦者第一号として選んでいただきました。

↓「島前高校チャレンジファンド」の説明


このことによって、印刷費を確保することができ、三町村の学校、図書館、その他の公共施設、飲食店に配布することができるようになりました。(皆さんも上記のような施設で読んでいただくことが可能です!)




③【雑誌を作る過程】


取材は2021年5月〜2022年7月までの14ヶ月間で行いました。

まずは、インタビューや文章、デザインについて学ぶところから!

実際に参考にした本たち


そして、三町村を飛び回ってインタビューに。
一人の方に何度もお話を聞かせていただいたこともありました。

実際のインタビューの様子


そして、素材が揃ったところで、デザインの作成を開始。

雑誌を作っているパソコンの画面




④【雑誌の特徴】

・島前地域三町村の17組、計19名のインタビュー記事
・インタビュイーの方や風景の写真
・見開きA3(1ページの大きさはA4)
・136ページ
・フルカラー(表紙裏・裏表紙裏を除く)

見本①
見本②
見本③
見本④
見本⑤



⑤【ご購入について】

※よくお読みください。

予約期間 8月1日(月)9:00 〜 8月7日(日)12:00


これから、三町村に合わせて50冊以上配布し、インターネット公開も予定しているため、この雑誌は、どなたでも無料でお読みになれます。

そのため、このページからは、
「個人的に実物の冊子を購入したい」という方のみのご購入をお勧めします(お届けは8月下旬〜9月下旬を予定しております)。

※購入後の返品などのお問い合わせは受け付けておりません。
※販売側に利益は発生しません。

第二版は、今のところ想定しておりません
ほぼ「完全予約限定生産」
です(予約期間が終了次第、ご購入していただくことができない可能性があります)。




↓予約申込書(購入)リンクです↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
高橋 恭介
埼玉県出身、島根県 隠岐郡 海士町在住の高校3年生です。 2021年5月から島前地域で僕が行っているインタビュー活動をまとめた『To Be Dozen』シリーズを公開しています。 その他つらつらと。