見出し画像

僕のアイデアの出し方をまとめてみました

①自分の目的を明確化する

目標を明確にしないと想定とのズレが出たときに対応できないため

(例)自分の生きがいであるサッカークラブが存続・発展するために、自分の立場や環境で出来る限りの最善の行動を起こす


②目的を遂行するための手段を選ぶ

人それぞれスキルやリソースによって出来ることは変わってくるために自分の適正評価をしてその目的に向かって手段を選択する

(例)タイピングには自信があり、文章を書くトレーニングをしてきた経験を活かして自分の好きなクラブの価値が向上する(新規の層を開拓する・既存の層に向けてさらにクラブに魅力を感じてもらう)noteを書いてみる


③ワインを飲む

ワインはとても美味しいため

(例)近くのスーパーではワイン3リットルの箱が2,000円で売られているが、ちょっと離れたドン・キホーテでは同じものが1,500円で売られているため2箱を買いだめすることでお得である


④実行する

物事を実行するには時間はもちろん体力やそれを世に公開するための勇気や吹っ切れが必要になってくるため、実行するというステップはとても重要になる

(例)実際にnoteを書くために、ユニフォームを着て100キロ先のサッカースタジアムに歩いてみるなど


⑤評価と反省

どんな人間でも完璧な結果を狙って起こすことは難しいことは言うまでもないでしょう。経験を積み、失敗をし、評価をして次なる行動では「間違わない行動」を起こすことが必要になってきます。このステップでいかに次への評価ができるかがとても重要になってきます。このステップでは自分の力だけではなく、他人に評価をしてもらってもいいと思います。

⑥目標の再設定

自分の立場や環境が変化することによって目標を遂行するための手段が増えてきます。そうなると目標のステップを一つ上げることができたり、いままでの目標をさらに細分化して実行部分に移していくことができます。また、目標を達成してしまった場合には自分の中で行き詰まる感覚になってしまうことがありますが、目標の再設定をすることでその現状を打破することもできます。


(それ以降は②からの繰り返し)

これを世の中ではPDCAサイクルなどと呼んだりしますが、大事なことはその言葉を知っていることではなくてそれを実行することができる人です。

画像1

画像参照:https://drm.ricoh.jp/lab/glossary/g00061.html

計画、実行、評価、改善を繰り返して、自分のアイデアや行動をより優れたものに仕上げるというものを一つ頭に入れておくといいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
このスキが生きがいです
13

こちらでもピックアップされています

きょんもりコラム
きょんもりコラム
  • 42本

出来るだけ毎日書いてやろうと思っています。まずは数ヶ月書いてみて、どんな変化があるかを自分の目で見てみたいと思います。